トップ > ニュース > ブラッドサースティ・ブッチャーズ関連映画2本立て上映&メンバーによる2マン・ライブが故郷・北海道留萌市にて開催決定!

ブラッドサースティ・ブッチャーズ関連映画2本立て上映&メンバーによる2マン・ライブが故郷・北海道留萌市にて開催決定! 2015.08.31

留萌風景.JPGbloodthirsty butchers(以下、ブッチャーズ)関連映画作品の2本立て上映、および同バンド・メンバーが活動する「射守矢雄と平松学」「SOSITE」による2マン・ライブがブッチャーズの出身地である北海道・留萌市にて10月12日(月・祝)に行なわれることが決定した。

上映される2本の映画の1本目は、2011年に全国劇場公開された川口潤監督によるブッチャーズのドキュメンタリー映画『kocorono』。
ブッチャーズの歴史を交えつつ、バンドという共同体の“今を生き抜く”姿を鮮烈に映し出し、そのあまりにも生々し過ぎる内容で話題となった音楽ドキュメンタリー。劇中にはメンバーの出身地である留萌の風景も大きくフィーチャーされている。

そして2本目は、今年の5月27日から公開され、現在各地で絶賛爆裂上映中、『狂い咲きサンダーロード』や『爆裂都市BURST CITY』の石井岳龍監督(ex.石井聰亙)最新作『ソレダケ/that's it』。
ブッチャーズのリーダー・吉村秀樹と石井監督によるコラボ企画に端を発した作品で、染谷将太、水野絵梨奈、渋川清彦、村上淳、綾野剛という豪華キャストが出演し、全篇にブッチャーズの音楽が使われている爆音疾走映画だ。

これらブッチャーズ関連映画の上映は、昭和53年に姿を消して以降、映画館のない留萌市につき、今まで実現していなかったが、満を持して留萌市文化センターにて初めて上映される。

またこの上映を記念して、ブッチャーズのベーシスト・射守矢雄が率いるバンド「射守矢雄と平松学」、そしてブッチャーズのドラマー・小松正宏が参加している「SOSITE」の2バンドが留萌のライブハウス「NEW PORT」でライブを行なうことも決定。
共に留萌出身である射守矢と小松が留萌でライブを行なうのは相当に久々という凱旋ライブとなる。

作品情報/バンド・プロフィール

kocoronoポスター.jpg『kocorono』
(2011年作品/カラー/ビスタ/116分)
監督:川口潤/音楽:bloodthirsty butchers/制作:アイランドフィルムズ/製作:『kocorono』製作委員会
出演:bloodthirsty butchers(吉村秀樹、射守矢雄、小松正宏、田渕ひさ子)

ソレダケポスター.jpg『ソレダケ / that's it』(2015年作品/カラー/ビスタ/110分)
監督:石井岳龍/楽曲:bloodthirsty butchers/オリジナル・ストーリー:石井岳龍/脚本:いながききよたか/撮影:松本ヨシユキ/編集:武田峻彦、石井岳龍/制作:ドラゴンマウンテンLLC/製作:『ソレダケ / that's it』製作委員会
出演:染谷将太、水野絵梨奈、渋川清彦、村上淳 / 綾野剛

射守矢、平松アー写.png射守矢雄と平松学
和音とアルペジオを多用した独特の奏法で“ブッチャーズをブッチャーズたらしめた”とも言うべきベース・サウンドを鳴らし、四半世紀以上に亘りバンドの屋台骨を支え続けた射守矢雄。札幌在住時に射守矢の薫陶を受け、我が道を行く独創的なベーシストとして確固たるポジションを築いた平松学。互いに認め合うふたりがベース+ベース+バスドラという骨格だけの編成で、アバンギャルドな佇まいからは想像もつかないメロディアスで普遍的なロックを鳴らす。

SOSITEアー写.jpgSOSITE:加倉ミサト(ギター、ヴォーカル)&小松正宏(ドラム)
2005年10月 札幌にて、当時大学生だったギターの加倉ミサトと、ドラムの鈴木麻育子でSOSITEの前身バンド『ネクタリン』を結成。札幌を主軸に活動する。2006年5月 ネクタリンから『SOSITE』に改名、2008年に活動の場を札幌から東京に移す。2009年5月 ドラムの鈴木麻育子が脱退、2009年8月から新ドラマーにbloodthirsty butchersの小松正宏を迎え活動を再開。

ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • lpo
  • mamono