トップ > ニュース > 真心ブラザーズ、キャリア初のカバー・アルバムは昭和女性アイドルの名曲集!?

真心ブラザーズ、キャリア初のカバー・アルバムは昭和女性アイドルの名曲集!? 2015.07.10

magokoro-15s.jpg
 
今夏も全国各地で開催されるフェスへの出演が多数決定している真心ブラザーズが、キャリア初となるカバー・アルバム『PACK TO THE FUTURE』の今秋リリースと、収録予定楽曲の一部を発表した。これまでもいくつかカバー楽曲の実績のあるあった真心ブラザーズだが、コンセプチャルにアルバム1枚をまるごとカバー作品としてリリースするのは、キャリア25年にして初の試みとなる。今春のテレビ企画で昭和歌謡カバーを披露する機会があり、その放送終了後のファン及び音楽関係者からの大きな反響も、今回のリリースのきっかけの一つになったとのことである。
 
気になる収録楽曲は、なんと、まさかの全編女性アイドル楽曲。「早春の港/南沙織(1973年)」「グッド・バイ・マイ・ラブ/アン・ルイス(1974年)」「木綿のハンカチーフ/太田裕美(1975年)」「風立ちぬ/松田聖子(1981年)」「スローモーション/中森明菜(1982年)」等々、1970 ~1980年代に発表されたヒット曲が、同時代に少年~青春時代を過ごした真心ブラザーズの2人の手によって、“オトナの鑑賞にたえる”極上ユルロックに仕上がっているとの事。空前のアイドルブームに沸く現在の音楽シーンに、その礎となった第1期~第2期アイドルブームを作った名曲カバーで一石を投じる企画となりそうだ。同時代を共有したリスナーにはかつての思い出が蘇える楽曲であり、当時を知らない若い世代には”YOUNG PERSON’S GUIDE”として音楽との新たな出会いや新たな発見の場になるだろう。
 
昨年にデビュー25周年を迎え、自身のレーベル“Do Thing Recordings”を立上げた際、YO-KINGは「新たな楽しい遊びの始まりです。」とコメントし、桜井秀俊も「『真心印の太鼓判がありゃ間違いないね!』そう思っていただけるレーベルにすべく、いろいろぐいぐいやっていく所存であります。」とコメントを発表していたが、アルバムタイトルを『PACK TO THE FUTURE』と名付けるあたりも、まさに彼ららしい“遊び心”と、一見相反するような”音楽に対する真摯さ“を感じさせるカバー企画と言えるのではないだろうか。さらに、本作をリリース直後には、そのお披露目の為の全国ツアーも発表された。その目で、その耳で過去の名曲が“真心印の太鼓判”で、どのように生まれ変わったのか確かめて欲しい。
 
これまでも、ライブ等で演奏してきた「木綿のハンカチーフ」のオリジナル歌手である、太田裕美さんよりコメントが届きました。
 
●太田裕美さんコメント
「行っちゃうんだね。
しょうがないね。
元気で頑張って!
私は大丈夫。涙を拭いたら…
前を向いて…
一人で歩いていくから。」
 
●真心ブラザーズ YO-KINGコメント
「いつも楽しいけれど、今回は特に楽しいレコーディング!ミュージシャン最高!歌うの楽C!!」
 
●真心ブラザーズ
桜井秀俊コメント「青春は、永遠です。」
ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • kinoko