トップ > ニュース > SOSITEの可憐なギタリスト、ミサトが"かくら美慧"として初のソロ・アルバム『女生徒』を発表

SOSITEの可憐なギタリスト、ミサトが"かくら美慧"として初のソロ・アルバム『女生徒』を発表 2015.04.09

MISATO_AP1.jpgSOSITEのギタリスト、ミサトが『かくら美慧』名義で初のソロ・アルバム『女生徒』を5月20日(水)に発売する。

エレキギターでの弾き語りをメインに、Crypt Cityの中尾憲太郎(b)、戸高賢史(g)、小松正宏(ds)、赤犬/MaNHATTANの濱本大輔(ds)とPAELLASの金菱雅春(b)がバックで参加したバンドサウンド・ナンバーを3曲収録した全10曲作品。
胸騒ぎのする不穏なコード、予測を裏切られる展開のギターに、シンプルなメロディを乗せた作風は、捉えどころのないアンニュイな魅力を持つ。打ち込みのリズム入りの楽曲は、愛らしいレトロ・フューチャーな味わいに。アコースティック・ギターを用いたフォーキーな弾き語りでは、SOSITEでは見られない彼女の新たな魅力を引き出している。
歌詞では、等身大の女性の日常描写や心の空虚感が綴られ、特に陰の部分の心情を、それとは対照的な真っ直ぐで透き通る歌声で唄うちぐはぐ感がユニーク。
録音・MIX・マスタリングは、ゆらゆら帝国やOGRE YOU ASSHOLEなどを手掛ける名エンジニア、中村宗一郎が担当している。

4988044017207S.jpg【かくら美慧 Misato Kakura BIOGRAPHY】
2005年に札幌にて前身バンド『ネクタリン』を結成し、本格的に音楽活動を開始。翌年、バンド名を『SOSITE』に改名。
2008年、拠点を札幌から東京に移し、2009年にbloodthirsty butchersの小松正宏を新ドラマーに迎え、活動シーンを広げていく。
2011年、SOSITEの1st Album『IMU』をリリース。「かくらかる」名義で、ソロでのライブ活動を開始。
2013年、SOSITEの2nd Album『Syronicus』をリリース。

ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • he