トップ > ニュース > 射守矢雄と平松学、川口潤監督による『センボウノゴウ』のミュージック・ビデオが完成

射守矢雄と平松学、川口潤監督による『センボウノゴウ』のミュージック・ビデオが完成 2015.01.14

KICS3159.pngbloodthirsty butchersのベーシスト・射守矢雄とfOULのベーシスト・平松学がバスドラを挟んで対峙した驚愕の低音インスト・バンド「射守矢雄と平松学」。
彼らのファースト・アルバム『センボウノゴウ』(2015年2月4日発売)より、表題曲のミュージック・ビデオが完成した。

ブッチャーズのルーツであり、射守矢の故郷でもある北海道留萌市の映像をふんだんに使用したこのMVは、ブッチャーズのドキュメンタリー映画『kocorono』を手掛けた川口潤監督の手によるもの。
留萌市内の高台「千望台」をタイトルのモチーフとしている楽曲世界と完全に調和した荒々しくも静謐な映像の連続であり、また、人物がほぼ写っておらず風景と無機物と海鳥で概ね構成される斬新かつ凄まじい哀愁を放つ内容でもある。
 



アルバムの発売日である2月4日には、TSUTAYA O-nestにてリリース記念ライブも決定。アルバムの制作にも参加した、この日限りのスペシャル・メンバーでの公演となる。
なお対バンには、eastern youthの二宮友和も「トンカツ」として出演する。

ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • lpo
  • mamono