トップ > ニュース > 射守矢 雄(bloodthirsty butchers)と平松 学(fOUL)によるインスト・ユニットが初のアルバムを2月4日にリリース! 予告編映像も公開!

射守矢 雄(bloodthirsty butchers)と平松 学(fOUL)によるインスト・ユニットが初のアルバムを2月4日にリリース! 予告編映像も公開! 2014.11.14

imoriya_manabu.jpgbloodthirsty butchers(ブラッドサースティ・ブッチャーズ)のベーシスト、射守矢 雄(いもりや・たけし)とfOUL(ファウル)のベーシスト、平松 学(ひらまつ・まなぶ)がバスドラを挟んで対峙した驚愕の低音インスト・ユニット──その名も「射守矢 雄と平松 学」が、昨年10月の活動開始からわずか1年でファースト・アルバム『センボウノゴウ』を完成させ、2015年2月4日に発売することが決定した。

和音とアルペジオを多用した独特の奏法で「ブッチャーズをブッチャーズたらしめた」とも言うべきベース・サウンドを鳴らし、四半世紀以上にわたりバンドの屋台骨を支え続けた射守矢 雄。
札幌在住時に射守矢の薫陶を受け、我が道を行く独創的なベーシストとして確固たるポジションを築いた平松 学。

互いに認め合う鬼才ふたりがベース+ベース+バスドラという骨格だけの編成で鳴らす楽曲群は、そのアバンギャルドな佇まいからは想像もつかないほどメロディアスで普遍的なロックであり、両バンドのファンはもちろん、ポストロック・ファンやベース・ファンにも広く受け入れられること間違いなしの傑作。

タイトルの『センボウノゴウ』は、射守矢の故郷である留萌市の市内と日本海を一望できる千望台を連想させ、収録曲にはロビンポピニカ(Robin popinica)という射守矢の愛称を曲名にしたものがあるなど、これまで表立って多くを語らなかった彼のパーソナリティが色濃く出た内容になっているようだ。
また、販売元であるキングレコード配給の映画のオープニング・クレジットでおなじみの「KING」が初音源化となるが、これにはバリトン・ボイスがゲスト参加しているそうなので、仕上がりが楽しみだ。

さらにこのアルバム発売告知解禁に合わせ、レコーディング風景を収めた予告編映像もYouTube上で公開された。短い尺ながらもふたりの創り出す世界感や雰囲気を感じられる必見の内容となっている。




btb_youth.jpg【bloodthirsty butchers】
メンバーは、吉村秀樹(vocal/guitar)、射守矢 雄(bass)、小松正宏(drums)、田渕ひさ子(guitar)。
パンク・ロックをベースに、日本の風土が生んだ独創性溢れるロックンロールを奏で続けるバンド。86年札幌にて結成、90年に1stアルバム『BLOODTHIRSTY BUTCHERS』を発表。91年、FUGAZIとの共演を機に上京、米ワシントン州オリンピアKレコードからの音源発売やUSツアーを敢行。94年メジャー・デビュー、96年歴史的名盤『kocorono』を発表。97年にLESS THAN TVより『bloodthirsty butchers & fOUL split LP』をリリース、翌98年には2曲追加しCD化された。
03年『荒野ニオケルbloodthirsty butchers』(東芝EMI)発表後のツアーに元NUMBER GIRLの田渕ひさ子がゲスト参加、そのままバンドに加入し4人編成となる。
11年、川口潤監督によるドキュメンタリー映画『kocorono』が全国劇場公開、12年には、結成25周年を記念したBOXセット『血に飢えた四半世紀』を発売するも26周年だったことが判明。13年5月27日、リーダーの吉村秀樹が急逝、すでに完成していた通算13作目となる新作『youth(青春)』をバンド結成の記念日である11月14日に発売した。

fOUL.jpg【fOUL】
メンバーは、谷口 健(vocal/guitar)、大地大介(drums)、平松 学(bass)。
94年3月に活動を休止したBEYONDSの谷口 健と大地大介が、かねてより素晴らしいベーシストだと思っていた札幌ハードコア・シーン出身の平松 学(ex.サイドオーダー、シークレット・サマー)を誘い、94年6月に結成。
95年にLESS THAN TVより1stアルバムをリリース後、盟友eastern youthの主宰する坂本商店に移り、3枚のアルバムと1枚のマキシ・シングルを発表。97年に『bloodthirsty butchers & fOUL split LP』をリリース、翌98年には2曲追加しCD化された。
2001年にキングレコード/ベルウッドに移籍して2枚のアルバムを発表するも、2005年3月に「fOULの休憩」を宣言し活動を休止し、現在に至る。
初めてギターを担当したという谷口のスリリングなギターと抜群の安定感と重みのある大地のドラムと自由奔放なフレーズを次々繰り出し楽曲を牽引する平松のベースによる奇蹟のバンド・アンサンブル、その上に谷口の太く伸びやかなヴォーカルが乗るそのサウンドは、USハードコアからの影響を強く受けつつもジャンル分け不能な誰にも似ていない代替不可・唯一無二の世界を確立した。

ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • lpo
  • mamono