トップ > ニュース > 南野信吾の追悼イベント『Shingo Minamino"Pure"Night〜すべては彼のために〜』Vol.2が開催決定

南野信吾の追悼イベント『Shingo Minamino"Pure"Night〜すべては彼のために〜』Vol.2が開催決定 2014.02.10

purenight.jpgロック・バンド「BOICE」〜「4-STiCKS」のボーカリスト、デジターボの音楽レーベル「GEORIDE」のプロデューサーとして活躍した南野信吾の追悼イベント『-南野信吾追悼- Shingo Minamino “Pure” Night〜すべては彼のために〜Vol.2』が来たる6月10日(火)、彼がスタッフとして勤務していたこともある新宿LOFTで開催されることが決定した。

同イベントは2012年10月に“Vol.0”が、昨年6月に“Vol.1”が開催され、4-STiCKSのメンバーを筆頭に、G.D.FLICKERS、NEW ROTE'KA、カリキュラマシーン、木村世治、いとうかなこ、ゲタカルビ、THE BACK HORNの岡峰光舟といった南野と縁の深い面々が多数出演した。

今回の“Vol.2”公演は現段階で詳細未定だが、“Vol.0”、“Vol.1”以上に盛り上がる内容にすべく鋭意調整中とのことだ。

4-STiCKSのベーシストとして活躍した南野の盟友、柳沼宏孝からのコメントは以下の通り。

「極寒の候ではございますが、皆様にはますますご繁栄の事とお喜び申し上げます。
皆様のご協力のおけげで多くの寄付金をお渡し出来ましたVol.1から半年以上が過ぎ、未だ始まらない裁判……時間だけが過ぎている日々。絶対に風化させないという思いを新宿LOFTから発信します。
2014年、彼の命日である6月10日(火)に新宿LOFTにて『-南野信吾追悼- Shingo Minamino “Pure” Night〜すべては彼のために〜Vol.2』を開催することが決定致しました。
出演者等の詳細は追ってお知らせして行きますのでVol.1同様、皆様の更なるご協力お願い申し上げます」(柳沼宏孝/4-STiCKS)


263921730_200.jpg【南野信吾プロフィール】
1990年代にロック・バンドBOICE(後の4-STiCKS)のボーカルとして活躍。1996年(平成8年)、同バンドでエピック・ソニーと契約してメジャー・デビュー。解散後はソロ活動や複数のバンド活動を経て、2007年(平成19年)にデジターボ入社。同社の音楽部門『GEORIDE』でレーベル・マスター兼プロデューサーを勤め、ニトロプラスがリリースするゲーム・ソフトの音楽を担当した。
2006年(平成18年)、女性歌手・乃木マリーの音楽イベントにプロデューサーとして参加。
2012年(平成24年)6月10日に大阪府大阪市中央区で発生した通り魔殺人事件の犠牲となり、死去。42歳没。当日は心斎橋のライブハウス「ミューズホール」で同夜に行なわれたレーベル発足5周年記念ライブを訪れるために来阪していた。