トップ > ニュース > eastern youthのアートワークを手がける切り絵作家の吉野有里子、「とかちのかち」キャンペーンに参加

eastern youthのアートワークを手がける切り絵作家の吉野有里子、「とかちのかち」キャンペーンに参加 2013.07.04

eastern youth吉野寿のソロ・プロジェクト「bedside yoshino」「outside yoshino」のアートワークでお馴染みの切り絵作家、吉野有里子
彼女が手がけた十勝平野の切り絵が、7月1日(月)から7月7日(日)までエア・ドゥの広告としてJR山手線内の1列車で中吊り展開されている。

yuriko_yamanote.jpgまた、9月頃からは幸福駅の切り絵がエア・ドゥ機内の紙コップとして登場(下の写真、右のイラスト/イラストは他に、帯広農業高校がモデルの漫画・アニメ『銀の匙(さじ)Silver Spoon』、十勝で生産される農作物の2種類がある)。

yuriko_tokachinokachi.jpgこれは「北海道・十勝」の魅力発信や新しい価値づくりを、十勝圏と首都圏を結び情報発信していくクリエイティブ活動『とかちのかちPROJECT』のキャンペーンの一環。
十勝の観光素材や特徴をイラストで表現することで、首都圏の住民や北海道への旅行者などに魅力をアピールするねらいがあると言う。
朴訥としていながらユーモアや温かみも感じられる、その独特な存在感を放つ切り絵を堪能できるまたとないチャンスなので、フェイスブックと合わせて是非チェックされたい。

【関連ニュース】首都圏へ「銀の匙」広告で十勝PR(十勝毎日新聞社ニュース)

ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • mamono
  • lpo