トップ > ニュース > ネズミハナビのヴォーカル・ギター吉田 諒(よしだ りょう)が書いた処女作が小説となって発売!

ネズミハナビのヴォーカル・ギター吉田 諒(よしだ りょう)が書いた処女作が小説となって発売! 2010.11.04

boy_official.jpg 以前から、吉田諒の詞の世界観に注目が集まり、“文学系ロックの最新型”とか“21世紀のビート文学ミュージック”と、評されてきたネズミハナビ。その文才を生かし、以前から密かに書いていた小説が、今回、遂に解禁されることとなった。サブタイトルに「シンジュク・セックス・ダイアリーズ」とあるように、この小説は、ほぼ彼の実体験を元に書かれた生々しい“日記”である。多数の女性が登場しセックスを繰り返す、彼の辿り着く先は? その圧倒的なリアリティに、読む者を震撼させる話題作になることは必至だろう。吉田諒を一言で表すなら、「吉田諒は言葉を操る天才。さらに言うなら真実を暴く天才」と言える。

ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • mamono
  • lpo