トップ > インタビュー > zArAme(Rooftop2018年7月号)

zArAme(Rooftop2018年7月号)

ポップであることを恥じない

──本作の肝は「転生」、「liquiddream」、「微睡」という最後の3曲の太い幹のような流れだと思うのですが、特に「転生」はトロンボーンという意外な楽器とゲスト・ボーカルをフィーチャーしたインストの大作ですね。これこそフルレングスのアルバムならではの試みでありzArAmeの新機軸だと思いますが、こうしたミニマムなオーケストレーションのようなアイディアは以前から温めていたんですか。

G:寝つきの悪い深夜の思いつきです(笑)。ボーカルラインはある程度指示して唄ってもらいましたが、トロンボーンのアレンジは全くノータッチです。ゲスト両者にはイメージとして“ツイン・ピークス”としか伝えませんでした。

──「liquiddream」はアコギが絶妙な隠し味となっていますが、アコギとエレキの理想的な融合例として参考にした作品はありましたか。

G:アコギはふとした思いつきで…レコーディング期間、スタジオの行き帰りの道中ずっとヒートウェイヴを聴いていて。確実にその影響です。思いつきの割には独特の厚みが出せたと思うし、エレキギターとの混ざり方も絶妙に仕上がったと自負してます。

──アルバムの最後を飾る「微睡」は3月の新宿ロフトでも披露されて、オーディエンスの拍手が鳴り止まなかったのがとても印象的でしたが、zArAmeがニューフェーズに突入したことを象徴するような名曲だと思います。この曲はどんな経緯で生まれたのですか。

G:「つよいうた」を作りたいなと思って。聴いた後もずっーと残るような。どんなジャンルの垣根をも越えるような。

──今回のアルバムはゲンドウさんもめずらしく何度か聴き直しているそうですが、ご自身ではどんな部分が気に入っていますか。

G:良い意味で聴き流せるところでしょうか。ポップであることを恥じない。

──その姿勢は、たとえばヤなことそっとミュートやおやすみホログラムといった異色の対バンを積極的に行なうようになったことも関係していますか。

G:もともとカルチャーとしてアイドルは好きだったけど、ここ最近の楽曲派と言われるアイドル・グループのアプローチは見て見ぬ振りは決してできないクオリティだと思います。俺がそういうスタンスを取ることに批判的意見もあるだろうけど別に気にしない。言わせておけばイイと思う。

──2ヶ月に及ぶレコーディング工程を経て、改めてzArAmeとはどんなバンドだと感じましたか。

G:これ以上伸び代なんて当然ないですが、その引き出しの奥に溜まった埃のなかにはよーく目を凝らして見てみると金粉が少しだけ紛れているんだと思います(笑)。

──ここから始まるミドルエイジの反逆に向けて、意気込みを聞かせてください。

G:最近の20代の若手が明らかに面白いのでイイ刺激になってます。そういう若いバンドと同一線上で渡り合えるように、歪んだ背骨に矯正をかけていつまでも仁王立ちで立ちはだかるつもりです。

 

 

 

 

 

1st full length album
『 1 』

2018年6月27日(水)発売
DISRUFF DFF-6
定価:2,300円+税

amazonで購入