トップ > インタビュー > リアル3区(Rooftop2018年5月号)

リアル3区(Rooftop2018年5月号)

歌詞はダブルミーニング

キーコ:あと、4曲目の「ロンリープラネットバスター」はR&Bっぽいというか、これまでになかった感じの曲で、この曲をきっかけにみんなのパフォーマンスとかステージでの気持ちの込め方とかが変わった、私にとってはすごい大事な曲なんです。作詞作曲ゆめですけど(笑)。

亀:あ、でも私もこの曲で今まで一度もやったことないギターの弾き方しましたね。空間を大事にするような。

ゆめ:ボーカル録りも縦(リズム)をきっちり合わせるよりも、大きく歌うように心がけて。これ歌詞をよく読むと政治批判になってるんですよ。「『誰だっていいよ』なんて 本気じゃないの知って」は、選挙の時の話。「つまらないくだらない世界ガンガン蹴っ飛ばして」って歌うのは、でもどこかで選挙のたびにいい世界に変わるんじゃないかっていう期待があるから。でもさらっと聴いた人には、普通にラブソングに聞こえればいいなって思ってます。

亀:ダブルミーニング的な感じで。

キーコ:受け取る側が歌詞の意味を広げてくれるのがいい。

ゆめ:それで言うと「WARNING」っていう曲は、あの、最近後期高齢者の自動車事故多いじゃないですか。

一同:(笑)。

ゆめ:これ実は、後期高齢者の運転免許の自主返還を促す曲(笑)。そう思いながら歌詞読むと面白いと思います。「一度は認められた このスキル枯れるなんて 戻せば楽になる」とか。しかも疾走感ある感じで歌ってるんで(笑)。
 

あっさりとエモと一番のファン

——曲作りはいつもどんな風にやっているんですか?

キーコ:いろんな作り方があるんですけど、一番得意なのはゆめが歌詞とメロディを作ってきて、そこに私がラップを入れるっていう形。それが一番作りやすいですね。表題曲になっている「だいたいかんちがい」もそうやって作りました。で、亀ちゃんは「この曲いい! 絶対売れる!! 」っていつも言ってくれる。

ゆめ:何持ってっても「サイコー!! 」って(笑)。

亀:一番のファンかもしれない。

キーコ:この「だいたいかんちがい」っていう曲は特にそうだけど、全部の曲に本気のメッセージを込めてるつもりだし、このアルバムから私たちの生き方も垣間見えると思います。リアル3区はどっちかっていうと恋愛のこととかより、人間とか人生とか生きるってことを見てる。今回のアルバムに限らずいつもそういう感じで作ってます。

ゆめ:キーコのラップがリアル3区のエモさになってるんですよ。私が書いてる歌のパートは割とあっさりしてるから。

亀:この2人のそういう対照的なところが化学反応を起こしているのがリアル3区の良さだなって。

キーコ:そこに、全然違う音楽畑からきた亀ちゃんが加わってね。3人集まってぐちゃぐちゃになっちゃうだろうって思いきや、全員が変なことやってるからなんかバランス取れちゃうっていうか。お互いがいいスパイスになってますね。
 

迷ってる人がいたら来て! 

——5月13日のSHELTERワンマンへの意気込みをお聞かせください。

キーコ:これがリアル3区だ!っていうライブを見せたいですね。レパートリーだいたい全曲やるつもりです。当日に向けて走り込みして気合い入れてるし絶対いいライブにします。

ゆめ:これが最後だって言うとみんな来てくれそうだなって思って、初期の頃来てくれてた人も、ずっと来てくれてる人も、今まで来れなかった人も、みんなで集まってパーティみたいな感じで楽しくワイワイ飲みたいですね。活休って言っても悲しい感じじゃないので。

亀:リアル3区らしさを大事に、楽しく、リアル3区のいいところを全部詰め込んだワンマンにしたいと思います。迷ってる人がいたら来てほしいです!

 
『だいたいかんちがい』

2018.5.2 on sale
SHLU-3 / ¥1500+tax

1.だいたいかんちがい
2.あいつは私に恋してた
3.ドライブしたい
4.ロンリープラネットバスター
5.あそぼーよ
6.WARNING
7.SOUP
8.パーティナイト
9.サカバノミニケーション

Live info.

2018.5.13(日)@下北沢SHELTER

リアル3区1stワンマンライブ

「LAST THANK」

OPEN18:30 / START19:00

前売¥2000 / 当日¥2500 (1d別)

チケット取扱:e+