トップ > インタビュー > 音速ライン×おいしくるメロンパン(Rooftop2018年2月号)

音速ライン×おいしくるメロンパン(Rooftop2018年2月号)

「今日見た2バンドとも良かった」と感じてもらえるライヴをしたい━原(おいしくるメロンパン)

━この2マンを企画した樋口さん的には、今回、何か意図したものがあったんですか?

樋口 : 世代を超えて、お互いのお客さんに聴いてもらえるような公演が作れたらなという思いから始まりました。“どういったバンドがいいだろう……?”と思案している中、ロフトでも何度か観た、おいしくるメロンパンや音速ラインがパッと浮かんで。近い匂いを感じたというか、“双方のお客さんが双方のバンドを好きになってくれるだろうな……”って思い、ブッキングしました。

━おいしくるメロンパンは、憧れのバンドとの2マンが実現していかがですか?

原 : 嬉しいのと同時に不思議な感じですよね。

峯岸 :話が来た時は、恐れ多いし、「本当に僕らでいいのかな?」って。

ナカシマ :でも正直、音速ラインのお客さんにも受け入れられたいというのはあります。

藤井 :絶対に受け入れられるから。大丈夫。俺が保証する。

大久保 :僕らも嬉しい反面、気が引き締まるよね。がっかりさせられないし、せっかくだから、いいとこみせられたらなって部分もある。まっ、いつも通りやるだけだけど(笑)。

━音速はどういった所存で臨みますか?

大久保 :あえて何も考えないで演ります。そういったライヴが過去、最も良い結果だったりするんで。

原 :僕らは逆に負けたくないなって。到底かなうはずはないんですが、2バンド見てもらって、なるべくお客さんに、「やっぱり音速ラインの方が良かった」「おいしくるメロンパン、大したことなかった」とは思われたくなくて。可能であれば、「今日見た2バンドとも良かった」と感じてもらえるライヴをしたいです。

大久保 :単純にライヴを観れるのも嬉しいよね。僕もお客さんとして、おいしくるメロンパンを楽しんじゃうだろうし。

藤井 : 俺は甥っ子を見るような気持ちで観ちゃうんだろうな……。応援しちゃう感じだろうね。

峯岸 :僕らも何も考えず、胸を借りるつもりで、いつも通り演るだけです。僕らもたぶん、いつも通りのライヴが一番いいでしょうから。

━樋口さん的に当日、2バンドに期待していることはありますか?

樋口 : 2バンド共に当日いいライヴをしてもらって、お互いのお客さん同士が二つのバンドとも好きになってくれたら嬉しいです。世代や性別を超えて共有できる、そんな一夜になればいいなと思います。あとライヴ後に、家でもまた曲を聴き返したくなるようにCDが売れたり、帰り道に曲をダウンロードしてもらえたら良いなと思います。

 

ずっとメンバーが変わることなく、この3人でやり続けて欲しい━大久保(音速ライン)

━今後のお互いに望むものってありますか?

ナカシマ :ずっと今のように若いままの音楽性で居て欲しいです。

藤井 :音楽や佇まいや関係値にしろ今の3人のバランスがいいから、ずっとメンバーが変わることなくこの3人でやり続けて欲しいよね。

大久保 :この3ピーススタイルをずっと貫いて、極限まで音を重ねないで勝負して欲しい。

━最後に2バンドそれぞれの2018年の抱負を教えて下さい。まずはおいしくるメロンパンから。

峯岸 : 2017年が、「勝負の年」と心して挑んだんです。アルバムを出したり、ツアーに出たり。そのいい流れのまま今年も行きたいです。今年、またもう一枚作品を出したいし。もっと大きな会場でのワンマンライヴも演りたいんで。なので、去年とやることは変わらないんですが、より質や幅、量は高めたり増やしていきたいですね。それこそバンドとして更に飛躍の年にしたいです。

ナカシマ :去年一年かけて、ようやく自分たちで自分たちが見えるようになりましたからね。今年は、その見えたものを更に磨いていきたいんです。

━音速ラインの2018年はいかがですか?

大久保 :今年結成15周年なので、今年しか出来ないことをいろいろとやりたいですね。そしてその先にキチンと繋げられる活動をしていこうと。

藤井 : 15周年のドキュメント映像制作のプロジェクトも絶賛稼働中なので、それも楽しみにしていて欲しいです。個人的にはおいしくるメロンパンには是非自主企画をやって欲しい。一皮むけると思うんだよね。いろいろと勉強になるし。その際は俺らも呼んでくれたらな……なんて(笑)。そこでは自分たちも3ピースバンドで出てみたいなって……。今、パッと思いついたことなんですけど(笑)。

 

 

Live info.

2018年2月6日(火)

SHELTER presents “BATTLE60×60”

〜GO TO THE SHINJUKU LOFT KABUKI-CHO 19TH ANNIVERSARY2017-2018〜

OPEN 18:30 / START 19:00

ADV¥3000 / DOOR¥3500

【発売日】12/16〜e+・ローソンチケット(L:75034)・SHELTER店頭

【出演】おいしくるメロンパン、音速ライン

 

音速ラインVo&G藤井敬之デザインによる

おいしくるメロンパン×音速ラインコラボTシャツ当日限定数量販売

1枚3,000円(税込)サイズ S/M/L