トップ > インタビュー > ドラマ部(ニブンノゴ!宮地、LLR福田、フルーツポンチ村上)(Rooftop2018年1月号)

ドラマ部(ニブンノゴ!宮地、LLR福田、フルーツポンチ村上)(Rooftop2018年1月号)

『anone』の番宣したい!

——「ドラマ部」の三人が、この何年かでいろいろなドラマのお仕事ががきている様子を見て、イベントの担当をしていて良かったなって思ってました。ザ・テレビジョンの連載とか、あとは、『ひよっこ(有村架純主演2017年上半期放送。岡田惠和脚本)』の番宣とか。

そうですね。

NHKの朝ドラの番宣番組出れるって、すごいよね。

僕らを知っててくれてるわけだから。『anone(広瀬すず主演2018年放送予定。坂元裕二脚本)』の番宣番組いけるんじゃないかっていうね。

無理かな(笑)。

無理かぁ。でも坂元さんと俺らの関係性を・・・

『anone』の番宣番組出たいですね。まあこんなこと言ったら失礼ですけど、僕らは公認の坂元応援隊ですからね。

坂元さんのオフィシャルサポーターだからね。

僕は坂元さんに「福田君は俳優に向いてる」って言われてるらしいですし。

言われてた!

俳優デビューもあるかもしれないですね。

当て書きする人で有名ですからね、坂元さん。もしかしたらあるかもしれないですよ。

でも合ってないと思う、絶対。俺のクソ演技じゃ無理だと思う。

でもあのめっちゃ理屈こねる嫌な奴とか。

高橋一生さんが前やってたみたいなね。

そこまで飄々としてないけど、本当に嫌な奴みたいな。『いつ恋』の上司みたいな。

ドラマ出演でいったら『ドクターX(米倉涼子主演2012年よりシリーズ放送開始の人気ドラマ)』とかね。未だに言われるもんね。

うちの母ちゃんが一番喜んでたもん。出るって言ってなかったけどすぐメール来て「今、ドクターXでてたでしょ!」って。三人並んで競馬場の後ろの方のワンシーンでしたけど、実を言うと僕はもう1回背中だけ映ってるシーンがあって。

その演技もあるんだよね。村上がトイレに行くっていう。

背中しか映ってないですけど。あの中で腹痛ぇって言ってトイレに駆け込むところが一応あるんですよね。

 

フルーツポンチ村上.JPG

 

——3人で一緒に人気ドラマ出演ってすごい事ですね。

そうなんですよ。

出演じゃないですけど、『HERO(木村拓哉主演2001年よりシリーズ放送開始。福田靖・大竹研・秦建日子・田辺満脚本)』のセットも僕らお邪魔させてもらいましたし。あれすごかったよね。

『HERO』の部屋入ったわ。

——それは連載か何かですか?

連載のまたちょっと違う企画で、現場にお邪魔するみたいな企画で。あとは、杏さんにもインタビューできたり。

そうだ!杏さんとあと菜々緒さん。武井咲さんにもインタビューできた。

テレビジョンの企画で。

3人で『最後から二番目の恋』のロケ地も行ったしね。

鎌倉ね。あと、中目黒にも行ったよね。『最高の離婚』のロケ地。

——思い出はいっぱいありますけど、今後「ドラマ部」活動的にはどうしますか?ライブはやっていきますか?

「ドラマ部」って名前は普通に残ってて、オールナイトライブ以外にもやってるから。

普通に残してていいですよ。1クールに1回くらいやってドラマの話をできたらいいよね。

不定期でっていうか。まあ今はゆっくり休んで。そうしたらどうせドラマについて喋りたいって思うだろうから、その時にね。またお会いしたいですね。

確かにね、まだまだ観たいドラマもありますしね。

だから最終話が終わったくらいの時にやるのがちょうどいいよね。

逆に『anone』の最終回の1週間前にやるとかね。前の『いつ恋』がテーマドラマの時みたいに。

坂元さんも台本書くのを止めないわけだから、僕らも「ドラマ部」を止めるわけにはいかないですよ。坂元部にしてもいいくらいですよ。

それを坂元先生が許してくれるんだったらね(笑)

——再開、期待してます(笑)。