トップ > インタビュー > えろ漫画家ピクピクン☆×はかせ(IOSYS)×前川誠(阿佐ヶ谷ロフトA店長)(Rooftop2017年12月号)

えろ漫画家ピクピクン☆×はかせ(IOSYS)×前川誠(阿佐ヶ谷ロフトA店長)(Rooftop2017年12月号)

 中央線沿線文化の再発信をコンセプトに2007年12月にグランドオープンした阿佐ヶ谷ロフトA。花も嵐も踏み越えてこの師走に10周年を迎えたことを記念して、同店の最長不倒公演回数を誇るえろ漫画家ピクピクン☆、同店の最多出演記録を誇るIOSYSのはかせ、そして同店の二代目店長として辣腕を振るう前川誠(ドSキャラ)の三人に、新宿歌舞伎町、渋谷、新大久保、大阪ミナミ宗右衛門町にはない阿佐ヶ谷ならではのロフトの魅力、エロでもゲージュツでも面白ければ何でもありというロフト独自のスタンスを語り尽してもらった!(構成:椎名宗之/写真:大参久人)

出演者のやりたいことに「NO」とは言わない

前川:ウチがオープン10周年を迎えて、今月のルーフトップの表紙巻頭をウチがらみでやりたいと編集長から打診を受けたんですよ。で、阿佐ヶ谷ロフトAのこの10年の顔は誰だ? って話になって、それはやっぱりピクピクン先生とはかせだろうってことになりまして。

ピクピクン:ホントですか!? ありがとうございます!

はかせ:ありがたいですよね。ルーフトップの表紙になれるのは年に12組しかいないんだから。それにしても、ピクさんのイベントもよくここまで続いたなと思いますね。

前川:そうなんですよ。最初にトークライブをやりませんか? と先生に打診をした時は無視されましたけどね。

ピクピクン:そうそう。何カ月か無視しましたね。で、はかせ経由でもう一度お話をもらって。

前川:調べてみたら、先生のイベントの第1回目(『【えろ漫画家】ピクピクン・トークライブ 2013新年会【イケメン農民】』)は2013年の1月19日の昼だったんですよね。はかせはまだいませんでしたけど。

はかせ:そう、インフルエンザで欠席しちゃったんですよね。

ピクピクン:ずいぶんとここ阿佐ヶ谷でイベントをやってきましたねぇ…。今年の年越しトークライブを100回目にするために、今日(11月21日)から99.0、99.1、99.2…とコンマ刻みで10日間連続トークライブをやるんですけど。

前川:この10年のあいだに100回もイベントをやっていただけるなんて、そんな方ほかにいませんよ。
 

RT201712_H1_Asagaya10th.jpgピクピクン:ちなみに、いちばん出てるのは誰なんですか?

前川:はかせです。

はかせ:ぼくはピクさん以外のイベントにもちょくちょく出てるからさ。

ピクピクン:オマエごときがいちばんだぁ? この10年で唐揚げをいったい何個食ったんだ!?(笑)

はかせ:最初はピクさんの髪の毛の色もいまと違って、金髪だったよね。あれからもう4年かぁ…。ぼくがこの店に関わるようになったのは5年くらいだけど、内装はオープン以来、ぜんぜん変わってないですよね?

前川:ぼくが2012年の7月に二代目の店長になって、その年の11月にステージの壁の絵を長尾謙一郎さんと大橋裕之さんに描き換えてもらったんです。もともとは山田玲司さんの絵だったんですけど。

ピクピクン:ということはですよ、この10周年の節目にまた壁の絵を描き換えましょうよ! れっきとした漫画家がここにいるじゃないですか!

前川:どこにですか? ウチの壁の絵を描いてもらったのは、ちゃんと漫画を描いてる漫画家さんですよ?

はかせ:お米をつくってる漫画家には用がないと(笑)。

ピクピクン:いや、やりましょう!

前川:え? 米づくりを?

ピクピクン:違いますよ! 描き換えですよ! なんならいまの絵に何か描き足しさせてくださいよ! あの何かを掴もうとしてる手の下に、ご開帳される女性器とかを!

前川:いりません(きっぱりと)。

ピクピクン:だってこの店は、例のあの事件が起きた所ですよ!?

前川:また蒸し返さないでくださいよ。ウチの黒歴史なんだから。

OMI_7820.jpgピクピクン:4年前にトークライブをやりませんか? とお話をいただいた時、この阿佐ヶ谷ロフトAについて調べてみたんですよ。イベントなんてぜんぜんしたことなかったし、ライブもあまり行かないようにしてたし。で、検索してみたら、とある芸術家が……(以下、自粛)。そんなことがまとめサイトに書いてあったんです。それを読んで、この店では何をやってもいいんだ! と思ったんですよ。

はかせ:たしかに何をやってもいい感じはありますよね。ロフトのいちばんいいところのひとつは、出演者の要望になるたけ応えてくれること。前川さんもずっと応えてくれましたよね。

前川:法律に違反してるとか機材が壊れるとか以外で、出演者のやりたいことに対して「NO」と言ったことは一度もないと思います。まぁそれはいいとして、いままでやってきたイベントで思い出深いことってありますか? ぼくは強烈なのがひとつあるんですよ。先生がイベントを始めてすぐの頃、ツイッターで「次のトークライブではステージ上でオナニーをして、そのザーメン付きのティッシュを客に売ります」ってつぶやいたじゃないですか。そしたらすぐに警察からぼくのところに電話が来たんですよ。

ピクピクン:ありましたね! 私服警官が来たんでしたっけ?

前川:いや、イベント当日にいたのかはわからないけど、本気でそんなことをするのか? っていう確認の電話で、「やめてくださいよ、そんなのウソに決まってるじゃないですか!」って答えて、すぐにはかせに報告の電話をしたんですよ。

ピクピクン:でもオレ、お客さんに処理済みのティッシュを差しあげた記憶があるんですよ。あれは何だったんだろう?

前川:家で拭いてきたやつじゃないですか?

ピクピクン:ああ、思いだした。メリットのリンスをピュッ、ピュッとかけたのを差しあげたんだ。

はかせ:さすがに本物は差しあげてないし、やっちゃダメです(笑)。

 

Live info.

【祝100回!】えろ漫画家ピクピクン・トークライブ
出演:えろ漫画家ピクピクン☆ 司会:はかせ(IOSYS)
2017年12月31日(日)阿佐ヶ谷ロフトA
OPEN 18:20 / START 19:00(終了予定26:00頃)
前売¥5,000(飲食代別)※1ドリンク+1フード以上のご注文が必要です
前売発売日など詳細はWEBにて!
問い合わせ:ロフトA 03-5929-3445(17:00〜24:00)
*4年にわたって毎月開催されてきた『えろ漫画家ピクピクン・トークライブ』が、遂に最終回! カウントダウンの後には、みんなで涙の初詣! この機会をお見逃しなく!!