トップ > インタビュー > 音速ライン(Rooftop2017年11月号)

音速ライン(Rooftop2017年11月号)

15年目に何をやらかすんだろうなって思ってて欲しい。

——12月のツアーですが、東京、名古屋、大阪、郡山と4か所で。『音速ライン TOURハイボールミラーボール2017』と。15周年への期待も高まりますね。

大久保:続いていくのは大前提として、まだ何も言えないです(笑)。

藤井:言えはしない(笑) けど、15年目に何をやらかすんだろうなって思ってて欲しいね。

——ツアー初日はSHELTERなので、2人が知っているSHELTERの良いところを教えてください。

大久保:良いところ? 音です!

藤井:音と、ライブ感がずば抜けてるね。最高のライブハウスだと思うね。一番好き。

大久保:演奏してる側としては一体感がすごい。お客さんとも近いし。

藤井:LOFTも好きだけど、一番はSHELTERかな。

大久保:OFTはいろいろいやすい。落ち着きます(笑)。

藤井:あ、SHELTERはトイレの段差に気を付けて。あとデカい時計に気をつけろ!

——(笑)。あれはステージから時間見たりします?

藤井:見る見る。

大久保:助かります(笑)。

藤井:俺、本当に良いライブハウスだと思う。本当に好き。

——そこから始まるツアーもヤバいことになると。

大久保:今回、本当にね。基本的に2人で決めるけど、EP盤だし選曲もいろんなやり方が出来るんじゃないかなって。

藤井:アルバムの場合ってさ、10曲あるから結構埋まっちゃうけど、これは4曲だからね。今まで聴けなかった、やってくんないかなって曲をやると思う。

大久保:サポート陣が大変っていう(笑)。懐かしめ曲ゾーンも強化していきたいなって。

——最後にどんな作品になっているか教えてください。

藤井:4曲入りなんだけど、自分の人生の中でものすごく宝物になるようなマキシとかe.p.盤ってあるの。それを俺らも作りたかった。俺的にベルベットクラッシュとかね、いっぱいあるんですよ。そういうのを再現したくて。聴いてもらえれば分かると思うんだけど、絶対に宝物になると俺は思ってるので。これを聴いてライブに来たくなると思うし。

大久保:シングルとかマキシとかe.p.とか言われてますけど、1曲目だけ聴いときゃいいやとか、そんな感じじゃ絶対ないので。捨て曲が無い本当にバランスの良い内容になってるので。バランスとかじゃないな…強いですね。本当に今回「強い」です、全てが。自分たちも心から楽しんで作れた一枚になってます。

 

音速ライン
「明日君がいなくなったら」

品番 OLK-002
値段 1296円(tax in)
2017.11.22、全国タワーレコード限定販売

01. 明日君がいなくなったら
02. ハイボールミラーボール
03. リンカラン
04. 4438

Live info.

音速ライン15th ANNIVERSARY 2017〜2018 プロジェクト第四弾

「音速ラインTOUR ハイボールミラーボール2017」

12/10 下北沢シェルター

12/16 新栄RAD SEVEN

12/17 南堀江knave

12/28 郡山#9

全公演 OPEN 18:00 START 18:30

チケット代3500円(D別) チケット発売中