トップ > インタビュー > eastern youth(Rooftop2017年10月号)

eastern youth(Rooftop2017年10月号)

頭から終わりまで順繰りに録っていく手法

──村岡さんの歌もすごくいいんですよね。疾走感のある「ちっぽけだって、なんだっていいから、歌を俺にくれ」でも一部、そよ風のように伸びやかな村岡さんの歌声が聴けますが、それもとても味わいがあって。

吉野:あの部分は最初から唄わせるつもりで書きましたからね。

──手水の頃から村岡さんの歌には注目していたんですか。

吉野:そうです。彼女はソロでもけっこう長くやってるんで、俺はよくライブを観に行ったりしてたんですよ。昔から彼女の歌もベースも素晴らしいと思ってました。もともとはベースを弾き語るソロ・シンガーですから、今回も唄ってもらうつもりだったんです。

──小谷美紗子さんがピアノとコーラスで参加した「矯正視力〇・六」のアルバム・バージョンのような例が過去にあったものの、イースタンユースの音源に女性のコーラスが入るのはとにかく新鮮ですね。

吉野:ねらい通り。そういう部分も含めて、今はとてもうまくいってます。

──ということは、レコーディングも滞りなく進められたんですか。

吉野:そうですね。いちばん早かったんじゃないでしょうか、今までのなかで。前作(『ボトムオブザワールド』)よりもちょっと早かったくらい。俺たちはあんまり何回も同じ曲をやってもいいテイクが録れないんですよ。だんだん疲れてきちゃって、ああ、田森が限界になってきたな、っていうのがわかるから。ダメだ、これはあと1回でキメないと田森の集中力が切れるぞ、って(笑)。2テイク目くらいがピークで、そこからだんだんダレるんです。細かく直すタイプじゃないですしね。

──今作は音の鳴りがすごくいいですよね。気持ち良くなってボリュームを上げても音が潰れていないし、各パートの馴染みと分離のバランスもいい。録音チームはここ近年の作品とずっと同じなんですか。

吉野:いえ、今回は前田(洋佑)さんっていうエンジニアの方なんですけど、前から一緒に仕事はしてたんですよ。大久保にあるフリーダムのスタジオ・エンジニアだった人で、あそこで録った時はアシスタント・エンジニアとして何作か参加してもらったんです。だから俺のやりかたとかをわかってるんですよね。今までも実際の作業として録ってたのは前田さんなので。

20170715-DSC_5342.jpg20170715-_DSC1942.jpg20170715-_DSC1024.jpg──前田さんにもこういう音にしたいとかの注文はしなかったんですか。

吉野:言ってないですね。「キラキラっとしたのをバーン! って感じで」とか、そんなことしか言ってないです。で、「わかりました」と応えてくれる。「なんちゅうかこう、ガン! バン! ボカァーン! みたいな感じで」ってお願いしても、「了解です」と言ってくれる。

──技ありですね(笑)。今回もアナログ盤が発売されますけど、アナログ盤にしがいのある質実剛健な音だなと思いまして。

吉野:アナログで出せるのは純粋に嬉しいですね。テスト盤を聴いたら、ちゃんとレコードの音になってましたよ。やったぜー! と思いましたね。

──吉野さんが理想とする音というのは、あえて言葉にするならどういうところがポイントなんでしょう? なかなか言語化できないとは思うのですが。

吉野:いやー、わからんすね。そん時そん時で必死なんで。その曲が持ってるイメージが「ああ、そうそう! こういうこと! こういうこと!」ってことになれば、どういう音でもいいんですけどね。細かい技術的なことはわかりませんし、周波数のこのへんがどうのこうのっていうのもよくわからないんで、「もうちょっとカチッとした感じになんねぇかなぁ」とか「ここはもっと何にも聴こえなくていい」とか、そんな言いかたしかできないんです。そういう伝えかたで1曲1曲やっていく感じですね。

──今回のアルバムは特に曲を飛ばして聴けないんですよね。どれもいい曲だからなのはもちろんなのですが、それぞれの曲の位置、曲順にもなにがしかの必然性があって、10曲ぜんぶを通して聴いて初めて伝わるものがある。「口笛吹いて駆け抜けろ」と「旅の空」がシームレスで連なるのも意味があるように思えますし。ランダムに1曲単位で聴くのももちろん自由だけど、全体を通して聴いたほうが尊厳と自由の歌世界にどっぷりと浸れる気がするんです。

吉野:ただ単純に曲順の上からつくっていっただけなんですよ。今までもけっこうそんな感じです。俺は1曲目が決まらないとアルバムをつくれないんですよね。今回の1曲目の「ソンゲントジユウ」も、厳密に言うと1曲目にできあがったわけじゃないんですけど、2曲目くらいにできたんです。そういうアルバムの1曲目になるイメージの曲ができないと、他につながらないんです。頭みたいな曲ができれば、そっから体みたいな曲ができていく。それでつなげていくつくりかたをしてるんですよ。録音もぜんぶ順繰りに録ってますしね。頭から順に録っていかないと、なんか気持ち悪いんですよね。だからそんなふうにしてます。

 

SONGentoJIYU

2017年9月27日(水)発売
定価:2,600円+税
HOS-003
レーベル:裸足の音楽社
販売:PCI MUSIC

【収録曲】
01. ソンゲントジユウ
02. 明けない夜はないのだ
03. ちっぽけだって、なんだっていいから、歌を俺にくれ
04. なんでもない
05. 同調回路
06. 黄昏の駅前には何かある
07. 口笛吹いて駆け抜けろ
08. 旅の空
09. おとぎの国
10. おれたち

Live info.

極東最前線 / 巡業2017
おれたちのSONGentoJIYU

10月21日(土)千葉 LOOK
10月28日(土)札幌 cube garden
10月29日(日)弘前 Mag-Net(弘前Mag-Net 20周年記念)
11月4日(土)京都 磔磔
11月11日(土)仙台 CLUB JUNK BOX
11月12日(日)新潟 CLUB RIVERST
11月25日(土)岡山 ペパーランド
11月26日(日)福岡 DRUM Be-1
12月2日(土)名古屋 APOLLO BASE
12月3日(日)大阪 umeda TRAD
12月9日(土)渋谷 TSUTAYA O-EAST

LOFT MUSIC & CULTURE FESTIVAL 2017
11月23日(木)川崎 CLUB CITTA'
*詳細はこちらをご参照ください。