トップ > インタビュー > 【master+mind presents】中島卓偉×団長(NoGoD)【完全版/前半】(web Rooftop2017年9月号)

【master+mind presents】中島卓偉×団長(NoGoD)【完全版/前半】(web Rooftop2017年9月号)

 唯一無二の声と個性を持った2人のボーカリスト、中島卓偉とNoGoDの団長。
 ジャンルは違えど自分のスタイルを貫いてきた2人が、お互いの印象や音楽に対する気持ちなどをじっくりと語り合いながら、お互いの存在を認め合っているのがとてもよく伝わってきたこの対談。さらに長く続けてきている2人だからこその続けていくことの大切さなど、とても深いお話も。
 完全版の後半も、是非お楽しみに![interview:河西香織(新宿LOFT)]

2人の出会い

——お2人の出会いはいつ頃ですか

卓偉:前に対談したのはいつ頃でしたっけ?

団長:もう4〜5年くらい前です。

卓偉:そんなに前になるんですね。

団長:自分が本を出すことになった時に、編集の方に対談コーナーを設けたいっていうお話を頂いて、誰と対談をしたいか訊かれた時に、真っ先に「卓偉さんがいいです」って答えたんです。お会いしたことがなくて、自分がすごく憧れてる人がいいですって。卓偉さんも快くOKして下さって。その時は舞い上がっちゃって、ほとんど卓偉さんの話をしてなくて(笑)。俺が一方的に話して終わるっていう失態をしたので、今回は卓偉さんのお話が聞きたいです。

卓偉:いやいや、何言ってるんですか(笑)。

——対談のオファーの時は、卓偉さんは団長さんのことは知っていたんですか?

卓偉:CDを頂いて、聴かせて頂いてからの対談だったので。今、団長さんが言った通りずっと話されてたので、話を聞いてるだけで楽しかったです(笑)。

一同:(笑)

——お会いして印象はどんな感じだったんですか?

卓偉:団長さんがメイクをされていて、骨太の音楽を鳴らしてて、キーもハイヤーで高い歌を歌われてたんで、ボーカリストとしてすごく立派な人なんだなっていうのが、最初の印象でしたね。

団長:本当に恐れ多いです。

卓偉:自分は通ってないんですけど、メタルとかハード・ロック的なもののエッセンスの中で、団長さんが考えてるコンセプトでやってるNoGoDっていうバンドは、今までのポストも何もなかったところからやってるような新しいスタイルで活動されてるなっていうのが、ジャケットを見ても、ひしひしと伝わってくる感じはありましたね。

団長:それを言ったら卓偉さんも一緒ですよ。90年代後半とか2000年代頭とかに、みんなが骨太のロックンロールをしなくなった時代に1人でポンって出てきた時は、衝撃でしたよ。

卓偉:ロックンロールってその時代やってる人ってそんなに少なかったですかね?

団長:もっと上の世代はいたんですけど、自分が18歳くらいの時の90年代に、20代とかでやられてた人を俺はあんまり見かけなかったんですよね。ガレージ・ロックとかLOFTに出てるような、いわゆるロックンロールなバンドの人はいっぱいいたんですけど、カリスマ性を一緒に持ってる人は見つけられなかったんですよね。良くも悪くもオールドスクールな人はいたんでしょうけど、表に出て若者の心を掴み取るようなロックンロール・ヒーローっていうのは、俺はあの時代は卓偉さんしか知らなかったんです。

卓偉:ロックンロールっていう言葉を使って頂いて、ありがとうございます。僕も歳を取って、今の若い子がどうこうっていうのは全然ないんですけど、僕の上の世代でも同世代でも下の世代でも、どの世代にも言えるんですけど、僕はロックンロールを感じられる音楽がやっぱり好きなんですよね。だから曲調の中とかにロックンロールがエッセンスとして散りばめられてるってことと、活動とか発言とか、ポスターとかチラシのデザインとかを含めなんですけど、そういうところにスリーコードっぽい感じが匂うかどうかっていうのが、自分の一番曲を書くポイントだったり活動するポイントだったりとかもしたんです。ロックとかロックンロールとか言ってるわりに、あんまりロックンロールを感じられない人も多いじゃないですか。否定的な話じゃなくてね。そこはすごく拘ってるところだったりしたんで、そこを感じてくれたらすごく嬉しいですね。

団長:新譜の『我が子に捧げる PUNK SONG』とか、音源自体はわりと打ち込みっぽいドラムンベースみたいな感じなんですけど、ロックンロールを感じるんですよね。

卓偉:嬉しいね。

団長:フレーズとか、リズムの取り方なのか、自分はロックンロールに詳しくないので上手く言えないんですけど。

卓偉:多分ね、ベースなんですよ。ベースは生で弾いてて、スリーコードのロックンロールだったらこう動くだろうな、みたいなラインっていうのがやっぱりあってですね。そういうところに拘ってやってきたっていう感じですね。

——それが団長さんが18歳くらいの頃ってことですよね?

団長:前に対談した時にもお話しさせてもらったんですけど、正確に言うと高校生の時で、卓偉さんが『FREE FOR FREE』のシングルを出した時で、その時はモーニング娘。が大好きで、モーニング娘。のオールナイトのラジオを聴いていた時に、卓偉さんのその曲が一瞬だけ流れて。ラジオって、何かをしながら聴くじゃないですか。その時も作業をしながら聴いてたんですけど、その一瞬流れた曲が猛烈に残って。最初に曲紹介とアーティストの名前を言って曲が流れるのに、そこを聴いてなかったんですね。インターネットが普及し始めた頃だったんで、すぐにモー娘。仲間に、「今のタイトルとアーティスト名を教えてください」ってネットでやりとりして、「こういう人らしいよ」っていうのを教えて頂いて、そこから卓偉さんの音源を遡って、『ピアス』や『ギャンブルーレット』や『トライアングル』のシングルやアルバムとか、その時に出ていた物を全部入手してっていうのがきっかけですね。

卓偉:そのラジオって、中澤姐さん(中澤裕子)の番組だったんだっけ?

団長:はい、中澤姐さんでした!

卓偉:そうだよね。ゲストで出させてもらったんですけど、その時は僕はまだ今の事務所じゃなかったんですよ。その後まさか中澤姐さんの事務所に所属するとは思わなかったですけどね(笑)。

団長:そうですよね(笑)。1コーラスしか流れてなくて、しかもラジオのAMの音質ってそこまでよくないじゃないですか。埼玉ってあまり電波の状況が良くなくてニッポン放送が聴きにくいんですよ。だけど、すごいジャリジャリの中でも、卓偉さんの声は抜けるんですよね。「歌って、人を鷲掴みにする」ってよく言うじゃないですか。本当にそんなことがあるんだっていうのを、その時に初めて認識しましたね。

卓偉:嬉しいね。(その曲は)めっちゃ評判が悪かったんだけどね(笑)。

団長:いやいやいや! 俺はあの歌詞で『チーズはどこへ消えた?』っていう本を買おうと思いましたもん。

卓偉:歌詞に出てくるもんね。

 

中島卓偉ピン.JPG

 

Live info.

master+mind 〜Sense of Pulse #18〜

2017年09月22日(金)新宿LOFT

OPEN 18:15 / START 19:00

前売り 4500円 / 当日 5000円(共にドリンク代500円別)

※未就学児童入場不可

【出演】

中島卓偉 / NoGoD(50音順表記)

【前売りチケット発売中!!】

・ e+一般(Bチケット)

・ LOFT店頭(Bチケット)

・ ローソン(Cチケット/L:74462)

【入場順】

1. Aチケット(e+プレオーダー/受付終了)

2. Bチケット(e+一般・LOFT店頭)の並列

3. Cチケット(ローソン)

【主催・企画・制作】

新宿LOFT / master+mind

【お問い合わせ】

新宿LOFT 03-5272-0382