トップ > インタビュー > YUKARI&谷口共鳴×大石規湖(Rooftop2017年9月号)

YUKARI&谷口共鳴×大石規湖(Rooftop2017年9月号)

映画はあくまで素材で、自分の作品ではない

──でも、その辺のシーンがあるからこそ終盤のチーターズマニアのライブ・シーンが活きるっていうのもありますよね。ところで、谷ぐちさんが「共鳴にサラブレッドみたいな才能があったら映画として成立してなかった」と話していたのですが、YUKARIさんも同感ですか。

共鳴:サラブレッド? なにそれ?

大石:すごく優秀な人ってこと。

YUKARI:共鳴はどう思う? 生まれつき優秀だと思う?

共鳴:思わない。

──思わないんだ(笑)。

YUKARI:わたしもタニの言ってることに同感ですけど、でもなんでかな? とは思いますね。タニもわたしも「自分が、自分が」って感じなのに、共鳴がこんな控えめな性格になるなんて。

大石:よくよく考えてみると、レスザン周りのバンドマンって引っ込み思案な人が多くないですか?

YUKARI:そうかもね。クラスの中では自分を上手く表現できずにいたタイプって言うか。

──確かにシャイな人は多いかもしれませんね。

大石:シャイだけどすごく優しい人が多いから、共鳴くんはその代表なんじゃない?

共鳴:そうかなぁ?

──シャイで引っ込み思案な共鳴くんが、高円寺ドムスタジオへの道すがら「間違えてもいいから、やるしかない」って自分に言い聞かせるように力強く話すのがグッとくるんですよね。

YUKARI:あのシーンは「そんなことを思ってたんだ?」ってびっくりしましたね。

大石:(共鳴に)格好良かったよ。あの後、結局カットしちゃったけど、「格好いいと思うよ、今の共鳴くん」ってわたし言ったもん。

ceeter_12.png家旁Esceane_family_14.png──撮る前と撮り終えた今とでは、谷ぐち家に対する印象は変わりましたか。

大石:いろんなものがわたしの想像以上でしたね。自分が想像していた家族以上に楽しい家族の姿があって、タニさんもYUKARIさんも共鳴くんもわたしが考えてた以上の個性がありました。

──もっともっと谷ぐち家を密着していたかった?

大石:もっともっとこの家族のことを知りたくなりましたけど、これ以上撮ってるとどこで区切りをつければいいのか分かりませんよね(笑)。リミエキのライブを撮りに行くとすごく元気をもらえるから、ライブを撮りに行く名目で関わりを持ち続けたいとは思ってますけど。

YUKARI:いろんな人がわたしたちのライブを撮ってくれるけど、くらのすけに撮られてるのを意識したことがないんだよね。くらのすけがその場にいると思ったことはあまりないかも。

大石:気づかれないようにしてるし、プレーヤーとお客さんの邪魔をしたくないですからね。だからわたしは目線を低くするんですよ。

YUKARI:カメラも大きいしね。

大石:それもあるし、純粋にライブが格好いいから下から見上げる格好で撮ることが多いんです。自然とそうなっちゃう。お客さんの目線を遮りたくないのもありますしね。川口さんがそういう撮りかたをしていたので影響を受けてるんです。

家旁Esceane_family_11.png──YUKARIさんの中では、この映画もまたCDと並ぶ自分の作品という意識がありますか。

YUKARI:自分の作品ではないですね。わたしたちはあくまで素材だと思ってます。映画のパンフレットを作ってると、「あ、そうか。これ自分たちの映画なんだ」とか思ったりはするけど、「自分の作品です」って感じではない。自分から何かをしたわけじゃないし、ただ当たり前の生活を送ってるところをくらのすけがカメラを回してただけだから。

大石:この家族にとっては、この映画もただの通過点ですからね。この間、谷ぐち家の3人で対談する企画があって、その日程を決めてる時にYUKARIさんが「映画を撮ってた去年のことなんてもう忘れちゃったよ」って言ってたんですよ(笑)。それがすごく谷ぐち家っぽいなと思って。

YUKARI:ホントに覚えてないんだもん。映画を何回か観てるから思い出せることもあるけど、それは親から「あんた、3歳の頃にこんなことがあったんだよ」って言われて記憶を後づけするみたいな感じだから。

大石:それくらい1日のうちに起こることが谷ぐち家にはいっぱいあるってことですよね。とにかく異常なスピード感ですから。でもそのスピード感が気持ちよくて、わたしは撮ってて楽しかったんです。

 

映画『MOTHER FUCKER』

出演:谷ぐち順、YUKARI、谷口共鳴 他、バンド大量
監督・撮影・編集:大石規湖
企画:大石規湖、谷ぐち順、飯田仁一郎
制作:大石規湖+Less Than TV
製作:キングレコード+日本出版販売
プロデューサー:長谷川英行、近藤順也
1.78:1/カラー/ステレオ/98分/2017年/日本
配給:日本出版販売
© 2017 MFP All Rights Reserved.

8月26日(土)〜9月8日(金):渋谷HUMAXシネマ
9月9日(土)〜9月15日(金):シネマート心斎橋
9月16日(土)〜9月22日(金):シネマート新宿
9月23日(土)〜9月29日(金):名古屋シネマテーク
9月30日(土)〜10月6日(金):広島・横川シネマ
10月14日(土)〜10月20日(金):横浜シネマ・ジャック&ベティ
10月21日(土)〜10月27日(金):仙台・桜井薬局セントラルホール
10月28日(土)〜11月3日(金):京都みなみ会館
以降、神戸・元町映画館ほか全国順次公開

Less Than TV 25周年記念写真集
I ACCEPT ALL

仕様:B5変型(170mm×230mm)/328頁/ハードカバー
価格:本体3,500円+税
ISBN:978-4-908749-03-2
版元:TANG DENG
全国の書店、Amazon等で好評発売中

映画『MOTHER FUCKER』パンフレット

定価800円(税込)/A4サイズ/全24ページ/フルカラー
映画『MOTHER FUCKER』公開劇場限定販売

【掲載内容】
作品解説
キャスト・監督紹介
谷口一家×大石規湖監督対談[文:遠藤妙子(音楽ライター)]
磯部涼(音楽評論家)コラム
森直人(映画ライター)コラム
『Less Than TV』完全ライブデータ
『Less Than TV』年表
『Less Than TV』ディスコグラフィ

Live info.

映画『MOTHER FUCKER』公開記念インストアイベント
【開催日時】2017年9月6日(水)19:00〜
【イベント内容】ミニライブ&特典引換&サイン会
【場所】ヴィレッジヴァンガード渋谷本店 イベントスペース
【出演】FUCKER、チーターズマニア
【参加方法】観覧自由
*ヴィレッジヴァンガード渋谷本店にて、Less Than TVイベント対象商品をご購入いただいたお客様に先着で、特典引換&サイン会参加券を1枚差し上げます。「特典引換&サイン会参加券」をお持ちの方は、ミニライブ終了後の特典引換&サイン会へご参加いただけます。当日は特典引換&サイン会参加券を必ずお持ちください。