トップ > インタビュー > ねこね、こねこね。(Vo&G.むらまつえりか&G.かみずるりょう)(web Rooftop2017年8月号)

ねこね、こねこね。(Vo&G.むらまつえりか&G.かみずるりょう)(web Rooftop2017年8月号)

みんな意識的にバンドと向き合うようになって(かみずる)

ー2017年の上半期が終了し下半期に突入しましたが、皆さんにとって今年の上半期はどんな時期でしたか?

むらまつ:次のステップに向けての準備期間というか、毎月、色々試していった上半期でしたね。

かみずる:今までは漠然と活動をしていて。とりあえず作品を作ってライブをするだけだったのが、みんな意識的にバンドと向き合うようになって。どう音楽を続けていきたいのか、どうしたら良いのかなというのを具体的にみんなと話す機会が増え、それを一つずつ実践してきて落ち着いてきた上半期でしたね。

むらまつ:音楽的な部分で沢山話し合いました。

ー年末や来年に向けてバンドとしてどんな1年にしたいですか?

むらまつ:これまでが本当にマイペースに活動をしてきたので、それは自分たちの状況もあってそういう活動をしてきたのですが、ここからは焦るのではなくちょっと急ぎめで曲を書いてリリースを増やし、もっと色んな人に届けば良いなと思います。

 

ノリの良いライブというよりは聴くライブで、自分の居場所を感じてもらえるようなライブが出来たらと思います(むらまつ)

ー個人的には今年1月に開催した『おとそライブ2017』に出演してくれた時のライブがいつもの皆さんの感じだけじゃないと思えたのが印象的でした。

むらまつ:まさに今年の1月から色々と試してきました。今はバンドとしての方向性がだいぶ固まってきたのですが、明確ではないですね。まだ試しつつという感じです。

ー8/16に開催する『新宿ロフトの夏祭り』でのライブ、皆さんの進化がとても楽しみです。どんなライブを見せることが出来たらと思いますか?

むらまつ:ノリの良いライブというよりは聴くライブで、自分の居場所を感じてもらえるようなライブが出来たらと思います。

かみずる:まさにそれが自分たちなので、それでもライブにまた行きたいよねと思ってもらえるようなライブを見せることが出来たら良いなと思いますね。

ー最後に8/16開催『新宿ロフトの夏祭り』に出演にあたっての意気込みを聞かせてください。

むらまつ:『新宿ロフトの夏祭り』は去年も出演させて頂いてとても楽しかったのですが、今年はホールとバーの往来自由ということもあって、もっとお客さんに楽しんでもらえるように頑張ります。

かみずる:ロフトは他のライブハウスよりも1回1回重ねていっている感じがとても強くて。ロフト何回目出演だと自分の中で数えていることもあって、1回ずつ良くなっていきたいというのがあって。一つずつ良いロフトを重ねていきたいですね。自分たちの成長の指針をロフトと一緒にやれたら良いなと思っているので、前回出演した時よりも良いライブをしたいです。

 

 

 

 

Live info.

2017/8/16 新宿ロフトの夏祭り 2017〜お盆の夕べ〜 2日目
 
OPEN 17:00 / START 17:30 ADV¥2,500 / DOOR¥3,000
[発売]6/10(土)〜 eplus・LOFT店頭
※オールスタンディング/ドリンク代別¥500 ※当日券:開場1時間前より販売予定
 
【出演者】
ARKS/shellfish/中村パーキング/ねこね、こねこね。/ザ・ラヂオカセッツ/トビウオ/the sea falls asleep/山出愛子
 
※ホール&バー往来公演
※各チケット、並列入場
※中高生のみ、当日学生証を掲示の方は500円バック