トップ > インタビュー > THE 夏の魔物(Rooftop2017年7月号)

THE 夏の魔物(Rooftop2017年7月号)

男女混合ボーカルの強みと各人の際立った個性

──るびいさんのスクリームの作詞も仕上がりは早かったんですか。

成田いや、彼女はレコーディング当日まで悩んだんじゃないですかね。ブースに入るまでどんなスクリームを入れるかは分からなかったけど、ライブでもよくスクリームをやってるので心配することはなかったです。本人もキングブラザーズとかが大好きなので、だったらできるだろうと思って(笑)。るびいとみずほちゃんは勢いがあってワン・テイク目が良かったりするし、「マモノ・アラウンド・ザ・ワールド」の録りもサクサクっと行きましたね。チャンの歌にはもうちょっと時間をかけるんですけど。

茉里:私の場合、譜割りだけしっかり覚えておいて、あとはその場でどういうふうに唄えばいいのかを言われたほうが伸びるタイプなんです。だから歌入れの前はあまりイメージをしないようにしてますね。自分が納得するよりも周りに納得してもらいたい気持ちがあるので、いろんな人の話を聞いた上で唄うことにしています。

──先入観に固まりすぎないように気をつけていると。

茉里:そうですね。いろんな唄い方ができるのが自分の強みだと思っていて、そこを引き出してほしいんですよ。THE 夏の魔物として男女混合ボーカルになってから表現の難しさを感じたりもしますけど、女性らしさもありつつ男女混合の強さも打ち出せたらいいなと思うんです。

──6人の声にちゃんと記名性があって、どの場面でも個性が埋もれないのがいまのTHE 夏の魔物の大きな強みですよね。

成田それぞれのボーカルに味があるんですよね。特に女子3人は全然タイプの違う魅力があるんです。3人とも3人それぞれにしかできないものがある。絶対に替えのきかない、その人じゃないといけない歌やパフォーマンスなんです。それがTHE 夏の魔物の唯一無二なところなんですよ。

──バンドの振れ幅の大きさを見せつける「ハジメまして」はみずほさんがしっとりと唄い上げる一服の清涼剤のような曲ですが、最初からシンプルに歌とピアノだけでいこうと決めていたんですか。

成田考えてみればハジメさんと一緒に曲作りをしたことがないなと思って、ハジメさんに作曲をお願いしたんですよ。俺はもともとハジメさんの作るピアノ主体の曲が好きで、そういうのをTHE 夏の魔物でもやってみたかったんです。そしたらハジメさんから「こんな感じでどう?」と上がってきたデモの第一稿がまさにそんな感じのピアノの弾き語りで、一発で「これでいきましょう!」ってことになったんです。これはホントに名曲だと思いますね。

──「ハジメまして」の歌もファースト・テイクが一番良かったんですか。

成田あまりテイクは重ねなかったですね。チャンは魔物と別にソロ・ワークスもあったし、るびいは「マモノ・アラウンド・ザ・ワールド」でのスクリームがあり、みずほちゃんにはこの「ハジメまして」があり、女子メンバーそれぞれの今年に入ってからの背景を出せればいいなと思ったんです。

茉里:みずほって一緒にいても不思議なところがあって、私でもまだ掴み取れない部分が何百個もあるんですよ(笑)。そんなみずほがこうして歌詞にして自分の思いを綴るのを見たのは初めてで、「ああ、こんなことを考えてるんだな」と思いましたね。ブログやツイッターではもっとポカーンとしてますから(笑)。でもこれだけ言葉の詰まった歌詞を読むと、みずほは普段ポカーンとはしてるけど、実は周りがよく見えてるし勘もいいし、しっかり者なんだなと改めて感じましたね。ただの不思議ちゃんじゃないって言うか、フワッと見えるだけでホントは誰よりもしっかりしてる。「ハジメまして」はそれがよく出た曲だと思います。ハジメさんのピアノがみずほの歌声とよく合ってるし、彼女の良さを感じられる曲じゃないですかね。

──曲のタイトルはハジメタルさんを意識したんですかね?

成田そうですね。みずほちゃんがつけました(笑)。

 

THE 夏の魔物の名刺代わりになる一枚

──ボーナストラックの「恋しちゃいなびびっど」は、成田さんが以前所属していたDPG時代の「恋シチャイナRPG」のアップデート・バージョンといった趣ですが、あえてこの曲を取り上げたのはなぜですか。

成田ライブのテッパン曲だし、当時の自分が未熟だったのもあって、もっといいものにビルドアップしたかったんです。高野政所さんともまたこうして作品作りをできたこと が本当に嬉しかったですね。

──こうして全5曲を見てみると、短期間で制作に打ち込んだ割には非常にクオリティの高い作品が完成したのを実感しますね。

成田手応えは自分でもかなり感じてます。ホントにいいものができたと思うし、それはやっぱりバンドを含むメンバー、チーム全体でよく話し合ったからこそですね。ライブを視野に入れた作品作りの最終的な形をみんなで共有できてたし、「魔物、BOM-BA-YE」を「シン・魔物BOM-BA-YE」としていまこのタイミングで新たに発表する意味も含めて、いまの自分たちがよく見えるものを作り上げるのが必然だったんです。確かに短期間で集中して作りましたけど、それが苦にならないくらいバンドのいまの状態がいいんです。それが作品に表れないとダメだと思ったし、絶対に表れると思ったし、THE 夏の魔物の名刺代わりになる一枚にしたかった。普段から一緒にライブをやっているバンド・メンバーの皆さんと作った作品は今回が初めてだし、それがいままでとは決定的に違いますね。

──「シン・魔物BOM-BA-YE」ではバンドの分厚い音の塊に歌が埋もれず、見事に拮抗してますからね。

茉里:そこはいま一番意識してるんです。バンド・サウンドを重要視してるのに声が負けてるって悔しいじゃないですか。ロックをやってる以上は自分なりの声をしっかり出したいし、ここ何年か試行錯誤してきた結果が今回のEPでは出せてると思います。

 

自分の理想とするロック・バンドに近づいてきた

──THE 夏の魔物なりのロックというのは、狭義なカテゴライズに閉じ込めずにもっと自由なもの、という認識ですよね。楽器を持たなくてもロックなものはロックなんだという。

成田自分がキッズの時代はもっと頭が固かったんですよね。ハイロウズ、ミッシェル、ブランキー、ルースターズ最高! って感じで、高校の頃に自分でもバンドをやるようになったんだけど、バンドって自分自身を出すものじゃないですか。ただし俺は自分を出すのがすごくヘタクソで、やり方が分からなくてずっと模索していたんです。それがチャンを始め一人ずつ大切な人たちと巡り合って、だんだんと自分の理想とするロック・バンドに近づいていった。それがTHE 夏の魔物で、自分が高校の頃、一番最初にやりたかったことにいまものすごく近づいてるんですよ。この6人とバンド・メンバーが月日を重ねて出会わなければ今回のEPは絶対に作れなかったし、いろんな人たちとの出会いがあっていまがあるんです。

──ロック・バンドは我の強い人の集合体なのに、成田さんは自分よりも先に他のメンバーのことを考えてバンドの全体像を構築しますよね。自分は一歩引いて、メンバーが一番輝くにはどうすればいいのかを常に優先して考えていると言うか。

成田不思議なんですよね。人のために頑張るなんて考えたこともなかったんですけど、今回のEPもそうだけど、自分以外のことを考えるからこそ自分が頑張れるところがあって。みんなのために頑張りたいし、みんなと一緒にライブも作品作りもしたいし、このチームでもっともっと続けていきたい。その思いに尽きますね。

──「ロックとはこうあるべき」という雛型からいかにはみ出すかがTHE 夏の魔物の進むべき道ですか。

成田『俺たちにしかできない魔物らしいロックをやること』、『自分たちにしか出せないロックの音を出すこと』がTHE 夏の魔物らしさだと思ってます。曲の作り方しかり、ライブの在り方しかり。それをもっといろんな人たちに知ってほしいですね。まだまだ自分たちは発見されてないし、だからこそこうしてバップとタッグを組めるのがいまで良かったと思います。いまのTHE 夏の魔物の最強の布陣、最高の状態がパッケージされた作品をやっと世に放つことができるので。

シン・マモノボンバイエ EP

通常盤:VPCC-82342
魔物ガールズ盤:VPCC-82343
価格:各 1,800円+税
2017年7月12日(水)発売

【収録曲】
1. シン・魔物BOM-BA-YE 〜魂ノ共鳴編〜(作詞:只野菜摘、前山田健一/作曲:前山田健一)
2. RNRッッッ!!!(作詞:只野菜摘、成田大致/作曲:浅野尚志/編曲:浅野尚志)
3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド(作詞:浅野尚志/作曲:浅野尚志/編曲:浅野尚志/スクリーム作詞:鏡るびい)
4. ハジメまして(作詞:麻宮みずほ/作曲:ハジメタル)
5. 恋しちゃいなびびっど(ボーナストラック)(作詞:只野菜摘/作曲:rainbow moon/編曲:高野政所)

Live info.

シン・マモノボンバイエ TOUR FINAL

2017年7月12日(水)渋谷WWW

OPEN 18:30/START 19:30

出演:THE 夏の魔物(バンド編成でのワンマンライブ)

Gt. 越川和磨

Ba. えらめぐみ

Dr. 中畑大樹(syrup16g)

Key. ハジメタル