トップ > インタビュー > THE 夏の魔物(Rooftop2017年7月号)

THE 夏の魔物(Rooftop2017年7月号)

ヒャダインさんのアドバイスで表現力が広がった

──他の収録曲についても伺いたいのですが、まず「RNRッッッ!!!」。これは頭のピアノに乗せた歌の素っ頓狂ぶりにいきなり持っていかれますね(笑)。

成田あえてスレスレな感じでみずほちゃんに唄ってもらいました(笑)。

──中盤のラップも小気味良いアクセントになっていますね。

成田あそこのラップはDOTAMAさんにお願いしたんですけど、最初の予定よりもメンバーとの絡みが増えたんです。レコーディングスタジオでDOTAMAさんにどんどんおかわりして一緒に構築したと言うか、魔物ガールズとのコラボ感がグッと増した奇跡のようなラップです。

──「ロックじゃないとかうるさいな/ほんとは自由なものだよね」という終盤の歌詞はTHE 夏の魔物なりのロックの概念を言い表しているように感じますね。

成田ガールズで作る初めての曲なので、只野さんと「こういう魔物ガールズらしいコンセプトで作りたいです」と伝えて作ったんですよ。

──ボーカル・パートの割り振りもかなり練っているんですか

成田いまはライブありきで考えてますね。それがかつてと違うところで、以前はボーカルの振り分けを事前に細かく考えていなかったんです。ギターのフレーズやリズムの雰囲気もそんな感じで、「この部分で西さんが出てくる」とかあらかじめ明確に考えることができなかった。バンド・スタイルでのライブが増えてきて、そういう細かいパートまで意識するようになったんです。

──いまはバンド・メンバーの各パートまでちゃんとした設計図が成田さんの中にあるわけですね。

成田デモの段階で俺がフレーズを含めて考えてますね。俺たちはちょっと特殊な作り方をしていて、普通のバンドはリーダーがこうしよう、ああしようと言いながら他のメンバーと一緒に設計図を作り上げていくじゃないですか。俺は楽器ができないのでボイスメモで「このフレーズはこんな感じで」と作家さんに事細かく伝えて曲の設計図を練り上げて、それをバンド・メンバーと一緒にライブやスタジオのリハで積み上げていったりするスタイルなんです。以前はそういった作業ができなかったんですけど、いまはみんなで一個ずつ形にしていくことができているんです。

──映画で言えば、監督が主演を務めるような。

成田そうかもしれない。『ロッキー』のシルヴェスター・スタローンみたいな感じなのかな(笑)。

──THE 夏の魔物の曲は勢い重視みたいなところがあるので、そこまで緻密な作り方をしていたとは意外ですね。

茉里:今回のレコーディングに入るまでにメンバー間でいろいろと話し合えたのが良かったと思います。いままでよりも長い期間、それぞれの曲に対するイメージをみんなで一緒に考えることができたので。以前、「魔物、BOM-BA-YE」を録った時の自分はほとんど思うように唄えなかったんですよ。自分の表現力がまだ全然足りなかったのもあるんですけど、それ以上に成田さんの描いてる世界にどう近づけばいいか悩んでいた時期でもあって。それが解消されたから今回の「シン・魔物BOM-BA-YE」は自分でも納得のいく出来になったんだと思います。あと、今回はヒャダインさんがスタジオへ来られて、ヒャダインさんのアドバイスを聞きながらレコーディングできたんです。それもあってかなり表現力が広がったし、自分の思い描いていた以上のものが録れた気がしますね。

 

みずほとはもう何年も一緒にやっているような感覚

──いままでの成田さんは自分の思い描くイメージを他のメンバーにはっきりと伝えることが少なかったんですか。

茉里:成田さんって自分の頭の中がいっぱいいっぱいだし(笑)、楽曲や唄っている時以外で思ってることをあまり外に出さないんですよね。だから私も成田さんの考えてることが分からない部分も多かったんだけど、いざレコーディングやライブをやる時の成田さんの爆発力はすごいし、そこで出てくる言葉の数がすごくいっぱいあるんです。そういう成田さんが考えてることを読み取る力を魔物に入って1、2年くらいで培ったので、成田さんから言われたちょっとした言葉から何かを感じ取れるようになったんですよ。それはきっと他のメンバーもみんなそうで、そのおかげで私自身も表現力が広がったと思うんです。

成田THE 夏の魔物を結成してからは自分たちが自然体であること、チャンならチャンっぽさを出すことを大切にしてるんです。いまのこの6人のメンバーじゃなきゃダメなんだ、っていう気持ちも強いし、信頼できるバンド・メンバーじゃなければ一緒に音楽を作れないし、その思いが今回のEPを通じて伝わっていけばいいなと思ってるんです。

──加入してまだ5カ月のみずほさんとも強い絆で結ばれていると。

成田もう何年も一緒にやってるような感覚ですからね。

茉里:みずほよりも私のほうがちょっとデビューは早いんですけど、対バンの数は誰にも負けないくらい何度もやってきたんです。私たちが魔物になる前から関係性が長いんですよ。みんなそれぞれみずほとは接点があったので、「まだ5カ月しかいないんだ!?」みたいな感覚なんです。自然にフッとそこにいるって言うか、古い関係性がそのまま続いてるような感じですね。

成田みずほちゃんとはTHE 夏の魔物として一緒の時間を過ごしてるのも違和感がないし、全部必然の流れでここまで来てるんです。

──先ほど泉さんがヒャダインさんから直接アドバイスを受けたと話していましたが、具体的にどんなことを言われたんですか。

茉里:ヒャダインさんが私たちのレコーディングに参加するのは初めてだったんですけど、すごくいろんな情報を頭に入れてから駆けつけてくれたのか、「あなたならもうちょっとこんなこともできるんじゃない?」みたいな感じで自分の持ち味をうまく引き出してくださったんですよ。一つひとつの言葉に合わせた感情の込め方、その伝え方がヒャダインさんはお上手で、私もレコーディングをすごく楽しめたんです。

成田ヒャダインさんの歌録りは、俺にはそんな発想はないなと思うことばかりだったし、メンバーみんなの良さ、みんならしさをより引き出す力がすごかったし、その場で唄ってみてもっと良くなるならメロディを変えたり、6人が輝く最善のディレクションをしてくれましたね。

──るびいさんがスクリームの作詞を担当した「マモノ・アラウンド・ザ・ワールド」はライブ映えする軽快な曲調のロックンロールですが、ピストルズやストーンズ、RCサクセションやブルーハーツに至るまで古今東西のロック・バンドの曲名が歌詞に散りばめられているのがユニークですね。

成田今回はガールズに特化したEPにしたいと思っていたので、浅野尚志さんと話し合ってるびいとみずほちゃんをフィーチャーした曲にしてみたんです。二人をメインにした曲を書いたこともなかったので。魔物史上一番早く出来上がった曲で、詞もメロディも瞬殺でした。

 

シン・マモノボンバイエ EP

通常盤:VPCC-82342
魔物ガールズ盤:VPCC-82343
価格:各 1,800円+税
2017年7月12日(水)発売

【収録曲】
1. シン・魔物BOM-BA-YE 〜魂ノ共鳴編〜(作詞:只野菜摘、前山田健一/作曲:前山田健一)
2. RNRッッッ!!!(作詞:只野菜摘、成田大致/作曲:浅野尚志/編曲:浅野尚志)
3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド(作詞:浅野尚志/作曲:浅野尚志/編曲:浅野尚志/スクリーム作詞:鏡るびい)
4. ハジメまして(作詞:麻宮みずほ/作曲:ハジメタル)
5. 恋しちゃいなびびっど(ボーナストラック)(作詞:只野菜摘/作曲:rainbow moon/編曲:高野政所)

Live info.

シン・マモノボンバイエ TOUR FINAL

2017年7月12日(水)渋谷WWW

OPEN 18:30/START 19:30

出演:THE 夏の魔物(バンド編成でのワンマンライブ)

Gt. 越川和磨

Ba. えらめぐみ

Dr. 中畑大樹(syrup16g)

Key. ハジメタル