トップ > インタビュー > ぜんぶ夢みたい、私ここにいるのに(web Rooftop2017年7月号)

ぜんぶ夢みたい、私ここにいるのに(web Rooftop2017年7月号)

女の子の生の気持ちを歌うさめざめ・笛田サオリとゲスの極み乙女。などのアートワークを手掛ける恋する絵描き・福井伸実によるユニット"ぜんぶ夢みたい、私ここにいるのに"が今年の夏をものすっごく盛り上げるイベントを8/25(金)阿佐ヶ谷ロフトAにて開催。
インタビューでは"ぜんぶ夢みたい、私ここにいるのに"の始まりからこの夏に開催される『今夜はものすっごい生で?』の見どころをお伺いしました。[INTERVIEW:おくはらしおり(Asagaya/LoftA)]

さめざめ・笛田サオリと恋する絵描き・福井伸実の出会い

 
笛田:私がさめざめを始めた頃に“さめざめのアートワークを誰かにやって欲しい!”って思い、イラストが描けるクリエイターさんを当時、mixiで探していて…。(笑)その中で、毒々しいアイコンを載せてる人が、福井伸実さんだった!(笑)
 
福井:そうですね。確か、共通のコミュニティに入っていたんですよね。…なんかのバンドのコミュニティかなんかだった気がしますね。
 
笛田:そうね。“出会い系”で出会ったって感じですね!(笑)そこから、直接連絡を取り合うようになって、直接会って、さめざめの絵を描いて頂くようになりました。
 
福井:はい。その通りです。(笑)
 
担当:“出会い系”がきっかけだったんですね!(笑)さめざめさんのアートワークは全て福井さんが手掛けてますよね?
 
福井:ありがたいことに…
 
笛田:もう、本当にずーっとですね。一途に…浮気もせずに…。(笑)
 
 

会う前の脳内妄想とはじめて会ってみた第一印象がギャップの塊だった?!

 
担当:出会ってから今、何年目くらいですか?
 
福井:私が大学一年生だったので…2009年位ですかね?その頃の夏ですね!
 
笛田:そうだね。だから、もう7~8年くらい?
 
福井:確か、新宿で。
 
笛田:そうそう。その当時の福井さんは…髪の毛の色が赤とか緑とかで。(笑)ただ、喋ると物腰は柔らかい方でしたね。…ただ、“この人、怖いな。”って。(笑)
 
一同:(笑)
 
福井:さおりさんからはさめざめのコンセプトとかを先に聞いてて…“結構、ヤバイ奴だ!”と思っていたら、“こんにちは~♪”って感じだったので、結構びっくりしましたね。(笑)
 
笛田:お互いびっくりしてたんだね!(笑)
 
福井:びっくりしましたね!お互いギャップあるねって話しましたね(笑)今もギャップありますけど。(笑)
 
担当:今はお互いに対してどんな印象を持ってますか?
 
笛田:そうですね。描いている画も色も変わってきてますよね。あとは、何年も仲良くしてるけど…やっぱり、何を考えているかはわからない!
 
福井:(笑)そうですか?
 
笛田:うん。やっぱり、作品を見た時になにを思って描いてるのかな?って気になるし、芸術家だなってすごく思いますね。ぜんぶはわからない方がいいのかなって。
 
福井:…ありがとうございます。(笑)
私にとってサオリさんは…“女神”だなって思います!すごい愛情深い!!!だからこそ、こういった音楽で、尽くして、尽くして、尽くす…。尽くして、傷付いて。本当に一所懸命だし。…うん。すごい。本当に母のような深い愛を持った人だなと私は思います。
 
笛田:あ、ありがとうございます。(照)