トップ > インタビュー > 景夕&結良(Kra)×ぶう&ミド(えんそく)(web Rooftop2017年5月号)

景夕&結良(Kra)×ぶう&ミド(えんそく)(web Rooftop2017年5月号)

 ほぼ初対面となるKraとえんそく。最初はお互い探り探りな感じの会話だったが、段々と意気投合し、徐々に会話の内容はヒートアップ!! 今回の座談会を通して、かなり距離が縮まったであろう。
 ちょっと気まずい最初の出会いや、現在のバンドに関して、長く続けてきたバンドだからこその観点からの意見等、過激かつ真面目な会話が繰り広げられ、さらに周りからは、"怖い"という印象を持たれているという共通点があり、それに対する思いを真面目に、そして面白く語ってくれた。そして当日は何かが起こることを予感する内容も!!
 5月11日は、この4人がどこまで通じ合ったのか、是非確かめにLOFTに来るべし!
[interview:河西 香織(新宿LOFT)]

“初めまして”の関係性

——Kraさんとえんそくさんの出会いはいつ頃ですか?

景夕:いつ頃!?

ぶう:まだ出会ってないくらいのレベルかもしれないですよね。

景夕結良:うん、うん。

——2015年9月29日の高田馬場AREAで開催されたイベントに2バンドとも出演されてますが、この時は何かお話とかって…。

結良:うちらも結構人見知りするんで、初めはなかなか話が出来ないって言うか…。

——楽屋のテーブルは隣同士ではなかったんですか?

結良:確か隣ではなかったんじゃないかな。

ぶう:隣じゃなかったですね。

ミド:うちも、初めてってなると結構ね。

ぶう:しかも先輩じゃないですか!

結良:個人的には、最初の出会いがあまり良くなかったんですよ。

ミド:あっ、そうですよね! アレですよね?

結良:そう、アレ!

ぶう:え…? あっ、アレですね!! 地方の…。

景夕:いろいろとちょっとあって、あまり詳しくはね(笑)。

結良:あるイベントがあって、そのイベントに出演する、しないとかって話があって。そのイベントには元々えんそくさんは出る予定になっていて、うちらはそのイベントに出るって知らなかったんですよ。

ぶう:「何なんですか!」って感じでしたよね。

結良:話がぐちゃぐちゃになりましたよね。

ぶう:すごくぐちゃぐちゃになったんですよね。

——AREAで共演する前ってことですよね?

結良:前ですね。

景夕:それも4〜5年くらい前だよね。

結良:当時、僕はtwitterとかを見てて、結構お客さんも「どうなってるんだ」みたいになっちゃってて、イメージが悪かったなって。そこから2〜3年してやっと対バンが出来て。

ぶう:LIPHLICHの主催イベントだったですよね? そこの事務所の社長さんからは、Kraさんの話をすごく聞いていたんですよ。その方は事務所の社長さんの割に、バンドの好き嫌いがはっきりしていて、すごく変わっている人なんですよ(笑)。割とえんそくのことを気に入ってくれていて、アドバイスだったりとかをいろいろ言って下さる方なんですけど、「えんそくは対バンしてくれるバンドがいなくて…。どんなバンドとやったらいいと思いますか?」って聞いたら、真っ先に「えんそくはKraさんみたいなバンドとやった方が、俺はいいと思う。演奏もちゃんとしてるし、しっかりとしたお客さんが付いているバンドだから、そういうところと絡んでいって欲しい」みたいなことを言われたんですよね。だから「あぁ、この方が褒めるバンドなんだな」って思ってました。

景夕:そんな風に言って頂いていたとはね。

結良:そうだね。よくLIPHLICHさんは、イベントに誘ってくれるんですよね。

景夕:LIPHLICHの主催イベントで対バンさせてもらったけど、そういう気まずいところからで始まり、人見知りも手伝い、特に絡める要素がなかったんですよね。

ぶう:本当に! 初めまして、に近い状態ですね。

一同:(笑)

——今日で、その時の誤解というかも解けて…。

ぶう:でも大方そんな感じだったんだろうなって。…最初は、「何だよ、PS COMPANYって!」って思ってたんですよ。

一同:(笑)

——そんな中で、AREAで顔を合わせた時のお互いの印象とかってありますか?

ぶう:僕らはあの日、袖で観てましたよ。

ミド:はい、リハから観させてもらいました。

結良:あっ、有難うございます。

ぶう:やっぱり存在は知っていても、実際にライブの音を聴くことってないじゃないですか。

景夕:ないですね。

ミド:上手い! って思いました。

ぶう:やっぱりしっかりしてんな〜って。

結良:僕も、あのポシャったイベントの時、そうなる前に話は聞いてて、2日後だけどライブをするかもしれないなって思って。対バンをする時は必ずYoutubeでチェックするんですよ。1番再生回数が多い曲とかをチェックしてて、『This is a pen.』のインパクトはめちゃ強かったですね。「曲はいいけど、“This is a pen”しか言ってない。すごいなコレ!」って思いましたね。

ぶう:つまりまだ「初めまして」っていう関係性ってことですね。

一同:(笑)

ぶう:それってつまりそうなんですよ(笑)。

景夕:そういうことですよ(笑)。

 

Kra_全体1.jpg

えんそく_全体1.JPG

えんそくライブ写真:荒川れいこ

 

Live info.

0511_fllyer.jpg

 

SHINJUKU LOFT KABUKI-CHO 18TH ANNIVERSARY

master+mind 〜Sense of Pulse #14〜

2017年05月11日(木)新宿LOFT

OPEN 18:15 / START 19:00

前売り 3600円 / 当日 4100円(共にドリンク代500円別)

※未就学児童入場不可

【出演】

えんそく / Kra(50音順表記)

【一般チケット発売中!!】

・ e+一般(Bチケット)

・ LOFT店頭(Bチケット)

・ ローソン(Cチケット/L:74073)

【入場順】

1. Aチケット(e+プレオーダー/受付終了)

2. Bチケット(e+一般・LOFT店頭)の並列

3. Cチケット(ローソン)

【主催・企画・制作】

新宿LOFT / master+mind

【お問い合わせ】

新宿LOFT 03-5272-0382