トップ > インタビュー > Yellow Studs(Rooftop2017年5月号)

Yellow Studs(Rooftop2017年5月号)

 2003年結成。ガレージ、ロック、昭和歌謡、ジャズ、さまざまな要素を取り入れた楽曲と、野村太一(Key.Vo.)の独特のしゃがれ声で独自の世界観を繰り広げ、2008年11月に野村良平(Gt.Cho)が加入。5人編成で活動する無所属のインディーズバンドYellow Studsが2017年5月24日・水曜日に9th Album『TRIANGLE』を発売する。さらに6月4日・日曜日には恵比寿LIQUIDROOMでワンマンライブを開催。現在、もっとも勢いのあるロックバンドではないだろうか。
 今回は『TRIANGLE』の発売を記念して野村太一(Key.Vo.)、田中宏樹(Dr.Cho)、野村良平(Gt.Cho)、植田大輔(Ba.Cho)の4人に、アルバムのことと、バンド活動についての話を聞いた。そこには葛藤しながらも音楽にまっすぐ向かうバンドマンの姿があった。 [interview:柳沢英則(下北沢SHELTER&新宿LOFT)]

9th album 「TRIANGLE」

2017.05.24(水)発売
品番:TOTS-0009 
価格:¥2,000+税

amazonで購入

1. 天使か悪魔か
2. ハイボール
3. 遠い栄光
4. アルマエラ
5. CB750F
6. 一歩ずつ
7. ライブハウスポルカ
8. ロックが流れる

Live info.

2017年6月4日(日)
 「ごくつぶしが鳴く夜」Tour final 
恵比寿LIQUIDROOM 
OPEN.16:30 / START.17:30