トップ > インタビュー > 沖田臥竜(Rooftop2017年5月号)

沖田臥竜(Rooftop2017年5月号)

メディアでは絶対聞けないアウトロートーク!

——5月19日(金)にロフトプラスワンウエストでイベントを開催しますが、これはどういう経緯で開催することになったんですか。

沖田:最初は『文政』の出版記念でお話をいただいたんですけど、せっかくなんで本の話だけじゃなくて、猫組長と生島マリカさんにも来てもらって、2人がいる世界についてもお話してもらうかなと。聞いてる人も、「うそーん」って話ばっかりだと思うんで。

——ゲストの猫組長さんと生島マリカさんは、どのような方々なんですか。

沖田:猫組長は、海外に拠点を置いて100億円規模の運用をしてた、自分とは違うタイプのヤクザですね。自分、去年の年末に大腿骨を折って入院しちゃったんですけど、猫組長は「そのお見舞いに行かれへかったから」ってことで今回は交通費もギャラもなしで来てくれるんです。生島さんは、猫組長が友達で声をかけてくれたんですよ。僕はTwitterの交流だけで、まだ直接会ったことがないですから。でもこの2人は強烈ですよ。猫組長はマイケル・ジャクソンと友達やったり、生島さんは高須院長と知り合いやったり、付き合いの次元が違うんで。

——スゴいですね……。イベントでは、どんなことを喋るのでしょうか。

沖田:自分は『文政』の兄弟のこと。現在進行形で鳥取の刑務所にいてるんですけど、どれくらいの男かっていうのを喋りたいですね。本では書きにくかったこともありますし。それと自分の知ってる裏社会のことについても話すつもりです。地上波では無理やけど、BSやったらいけるって話題があるやないですか?  それよりもさらに掘り下げて喋りますよ。

——話の深さのMAXを100とすると、BSで喋るのってどれくらいなんですか。

沖田:30くらいかな。地上波の生放送やったら、5くらいですよ。山口組が分裂してから、10くらいまで広がりましたけど。この前、猫組長と西岡 研介(ノンフィクションライター)さんがabema TVに出てましたけど、それでも30くらい……。

——イベントでは、どれくらい深く行くつもりなんでしょうか。

沖田:70くらいまでは頑張りたいね。100までいくと絶対誰かの迷惑になるから(笑)。でも70やったらよっぽど喋れるんちゃうかなと。

——どこまで濃い話が聞けるのか楽しみです!  それではイベントに来ようか迷われてる読者にメッセージをお願いします。

沖田:地上波やBSでは言えへんことも、トークライブだからこそ喋れるんじゃないかなと。こういうイベントがないと、海外のヤクザのことを聞く機会はなかなか無いと思うんで、ぜひお越し頂いたらと思います。

 

生野が生んだスーパースター 文政
著者:沖田 臥竜

出版社:サイゾー
価格:¥1,296(税込み)

amazonで購入

Live info.

2017年5月19(金)

「生野が生んだスーパースター文政」著者 沖田臥竜が語る関西アウトロー列伝

 

OPEN 18:30 / START 19:30

前売り ¥2,000 / 当日 ¥2,500(飲食代別)※要1オーダー¥500以上

前売券はイープラス、ローソン。ロフトプラスワンウエスト店頭&電話予約にて発売中!

 

■Lコード:51526

ロフトプラスワンウエスト電話→0662115592(16~24時)

※ご入場はプレイガイド整理番号並列順→ロフトプラスワンウエスト店頭&電話予約→当日の順 となります。

 

【出演】※敬称略

沖田臥竜(尼崎市出身、「生野が生んだスーパースター文政」著者、元山口組2次団体幹部)

生島マリカ(神戸市出身、「不死身の花」(新潮社)著者)

ヒカとみど(光合成姉妹)

猫組長(元山口組系組長)※特別ゲスト