トップ > インタビュー > 幸也(Kαin)×seek(Mix Speaker's,Inc.)【後半】(web Rooftop2017年4月号)

幸也(Kαin)×seek(Mix Speaker's,Inc.)【後半】(web Rooftop2017年4月号)

18周年を迎える歌舞伎町の新宿LOFT

——新宿LOFTが歌舞伎町に移転してまもなく18周年を迎えるんですが、私は歌舞伎町のLOFTにお2人はとても縁深く携わって下さっていると思っていて、そんなお2人からみて、20周年に向けた今後のLOFTへのアドバイスを頂きたいんですが…。

seek:歌舞伎町に移って18年ですか?

——そうです。

幸也:春ですよね?

——はい!

seek:そうなんですね。僕のバンド歴と同じってことなんですね。

幸也:Psycho le Cémuも99年でしょ?

——JILSさんもですね。

幸也:そうですね。西新宿のLOFTは何年だったんですか?

——去年が40周年だったんで、23年ですね。

幸也:じゃあ、もうちょっとで抜くじゃないですか。

——本当ですね! ヤバいですね(笑)。

幸也:そうですね(笑)。

seek:その当時って、ヴィジュアル系界隈の方のイベントってLOFTであったんですか?

——西新宿のLOFTは多分あんまりなかったと思います。

幸也:歌舞伎町のLOFTが出来てから1年、2年目くらいの時も、まだあんまりヴィジュアル系のバンドは出演してなかったかもしれないですね。

——そうですね。

seek:それって、やっぱりライブハウスのカラーみたいなものが当時はあったってことですか?

——オールジャンルでっていうのは、多分昔から変わってなくて、バイトのスタッフの子がヴィジュアル系のイベントを少しは行なったりはしていたんですが、その人以外でブッキングを専門としていた者がそこまでヴィジュアル系に詳しくなかったんだと思います。

seek:僕はそもそもLOFTに出させてもらったのは、ミックスになってからなんで。あまり僕らとかのバンドは、変な言い方ですけど敷居が高いというか、あまり出さしてもらえたりせーへんのかなって昔はずっと思ってて。どっちかって言うとライブハウスとか好きやし、バンドが好きやから、歌舞伎町に移転してからですけど、観には行ってたんですけど。まさか自分らがLOFTに出るっていうことを、その当時思ってなくて。それこそ河西さんがご連絡くださって、さっき縁深くLOFTとって言うてくれてはりますけど、そうしたの河西さんやんって思ってるところがあるから(笑)。

幸也:なるほどね。

seek:「俺昔からLOFTで育ってきたんで」って言うよりかは、河西さんが引っ張ってくれた感が俺はすごいあるから。今でも河西さんがおるから、LOFTに遊びに行けるわっていう感触もあるし。それはすごい大きいなと思いますね。河西さんと愉快な仲間たちでいたいなっていうのはありますけどね。

——(笑)有難うございます。

幸也:なるほどね〜。18年か、すごいな。前のLOFTは結局ビルとの立ち退き問題が起こって、当時は音楽業界では大きなニュースになって。最終的には移転するっていうことになって、ちょうどその年くらいにD≒SIREが終わることになって、ラストライブとかもやったんだけど。さっきの話じゃないけど、僕はJILSのスタートがちょうど歌舞伎町のLOFTのスタートと同じ年で、自分が思ってるだけかもしれないですけど、ずっと一緒に歩んできたっていう気持ちはあるんで、JILSがD≒SIREよりも長いバンドになった時とか、KαinがJILSより長いバンドになった時に…。KαinはLOFTに出演してない年はないはずなんで、10年出てるってことですから。だからそういうのってつまらないことかもしれないですけど、自分の中でホッとしていくっていうか、積み重ねた感じがして、さっきも言いましたけど、ちょっと優しくなれるみたいなとこがあるんで。20年もそうなんですけど、小滝橋のLOFTよりも長くこの歌舞伎町LOFTが続けばいいなとは、すごく思いますけどね。

seek:幸也さんはずっとLOFTで節目節目のライブとかをやってはるイメージがあるし、さっきの積み重ねるって言葉じゃないですけど、なんか積み重ねられへんなって思うことがすごく多くて、それをずっと続けてその場所でやってこれるって、やっぱりすごい大きなことやなって思うし。これは勝手なバンド側の希望なんですけど、このバンドのこの初ライブをやったライブハウスって、やっぱりずっと残っといて欲しいというか。ヒストリーになった時に、そこに戻れるし。「ここからスタートしたんですよ」っていう場所があるかないかって、結構でかいから。ミックスはSHIBUYA BOXXがスタートで、「1年後に俺ら、向かいの渋谷公会堂に立つんですよ」っていうのが、1年目のコンセプトみたいなとこがあったんですけど、BOXXがなくなってもうたなっていうのが、結構ショックやったし。

幸也:あの辺、全部なくなってもうたもんな。

seek:ですね(笑)。そういうライブハウスが続くのもバンドと同じことやと思うので、すごく大変なことっていっぱいあるんやろうなとは思うんですけど。

幸也:20年とは言わず、まずは西新宿のLOFTよりも長く続いて欲しいとは、すごく思いますね。

 

m2.jpgk2.jpg

 

Live info.

SHINJUKU LOFT KABUKI-CHO 18TH ANNIVERSARY

master+mind 〜Sense of Pulse #13〜

2017年04月08日(土)新宿LOFT

OPEN 18:15 / START 19:00

前売り 4000円 / 当日 4500円(共にドリンク代500円別)

※未就学児童入場不可

【出演】

Kαin / Mix Speaker’s,Inc.(50音順表記)

【一般チケット発売中!!】

・ e+一般(Bチケット)

・ LOFT店頭(Bチケット)

・ ローソン(Cチケット/L:70363)

【入場順】

1. Aチケット(e+プレオーダー/受付終了)

2. Bチケット(e+一般・LOFT店頭)の並列

3. Cチケット(ローソン)

【主催・企画・制作】

新宿LOFT / master+mind

【お問い合わせ】

新宿LOFT 03-5272-0382