トップ > インタビュー > MAMORU & The DAViES(Rooftop2017年4月号)

MAMORU & The DAViES(Rooftop2017年4月号)

歌の解釈はどう取ってくれても構わない

──今回の「キャデラック」(「キャデラック7号」)はハープが唸りまくる直球のブルースですね。

マモル:レコーディングのかなり早い段階で録りましたね。オーディオ編集のソフトを買い替えて、その練習がてら録ってみた記憶があります。

──「サウナ サウナ 夏休み」と連呼される「サウナ」は一聴して何じゃこりゃ!? と思いましたが、すごくパンチがあって耳に残りますね。

マモル:僕も何じゃこりゃ!? と思いましたよ(笑)。鼻歌を入れたICレコーダーを聴き直したら「サ〜ウナ〜、サ〜ウナ〜」って唄ってるのが出てきて。「サウナ」に当たる部分はたぶんどんな言葉でも良かったんだろうけど、これは面白いなと思ったんです。最近、これは面白いなと思った仮歌はそのまま使っちゃうことにしてるんですよ。「いいや、このまま行っちゃえ!」みたいな。この「サウナ」も仮歌を聴いて一気に歌詞を作っちゃいました。

──「キャデラック7号」の「都合いいぜ 都合いい 八百屋の裏で都合いい」というナゾの歌詞も同じような感じで出来たんですか。

マモル:ノリは同じですね。自分でもよく分からないけど出てきた言葉、後で自分が聴いてもウケた言葉というのは、あまり深く考えずにそのまま使ったほうが面白い気がするんですよ。「『サウナ』をテーマに曲を書けるのか?」という、作曲する自分自身への挑戦みたいなところもあるしね。

──「サウナ」はふざけてばかりいるわけではなく、「僕が見た夢 何も変わっちゃいなかった/あの温もりを 信じよう」という歌詞にはロックンロールに対する変わらぬ憧憬の念が込められていますね。

マモル:頑張ってそこまで持ってったんですよ(笑)。あと、「サウナ」は出来た音を聴いてみたら何だかビーチ・ボーイズみたいで笑っちゃいましたね。そうやって自分では意図してないものが出来るのも面白いです。僕の場合、人に何かを100%伝えたいって気持ちはなくて、それがどう伝わるかはあまり興味がないんですよ。別にどんなふうに取ってくれても構わない。マジメに考えてくれてもいいし、言葉の裏にあるものを感じてくれてもいいし、何のことだか全然分からないってことでもいい。これでも一応マジメに曲作りをしてるつもりだけど、それを限定的な形で押しつけたくないんですよ。僕が影響を受けてきた音楽も、そんなふうに押しつけがましくなかったしね。ビートルズもストーンズもキンクスも全部、好きになったのは自分の判断でしたから。

──マモルさんのロックンロールに対する深い愛情が変わらないのは「ギター買ったぞ」でも窺えますね。真夜中にヤフオクでシルバートーンのギターを買った喜びが素直に綴られていて。

マモル:まだ曲が完成する前、ライブでアコギで唄うとギター好きの男の人にすごくウケたんですよ。ゲラゲラ笑ってましたもん。僕の『ヒットパレード』というアルバムのジャケットに写ってるシルバートーンのギターを買った時のことをそのまま歌詞にしただけなんですけどね。

──ラモーンズを彷彿とさせる「夜が明けるまで(パンパンパンク)」も一度聴いたら忘れないメロディと歌詞で、誰でも口ずさめる童謡みたいですよね。

マモル:そうかもね。もしかしたら自分に子どもが生まれたのも関係してるのかもしれない。子どもにウケてやろうって気持ちが無意識のうちにはたらいたのかもしれないです。

 

ロックンロールに一番大切なのはやり続けること

──「夜が明けるまで(パンパンパンク)」は、平易な言葉と親しみやすいメロディで楽しいロックンロールをやり続けるマモルさんの姿勢に一切のブレがないのを証明するような曲でもありますね。

マモル:ロックンロールに一番大切なのは、やり続けることなんですよ。同じ温度を保ってやり続けること。それ以上に大切なことはないんじゃないかな。でも続けるってことは、無理やりには続けられないんです。ちゃんと曲を書けるバックボーンがないと続けられないし、環境や体調が整っていなければ続けられるものも続けられない。ロックンロールを10年、20年と続けていけばいくほど、自分のなかにある音楽好きな部分がすごく大事になってくるんです。いまは昔よりレコードを買ったり音楽を聴く時間も減ったけど、若い時は毎日寝る前に必ず音楽をかけてたんですよ。グレリチの時もツアーの移動中にずっと気に入った音楽を聴いてましたからね。カーステレオのテープが擦り切れるくらいに。そういう当時聴いてた音楽が僕のなかに入り込んでるし、すごくいい経験をしたなと思ってるんです。

──30年以上ロックンロールをやり続けているマモルさんが、ほんのわずかの1センチでも1ミクロンでもいいから自身の記録を更新しようと「ハードル」のなかで唄っているのが素晴らしいですね。いまなお諦めないでコツコツと伸び代を広げようとしているわけですから。

マモル:何か大きなことをやってやろうとか、世紀の名曲を作ってやろうとか、そんなことを考えていたら続けられないと思うんですよ。出てきたフレーズがキンクスのあの曲に似てるなと思っても、それを自分の言葉で唄えるならいい。僕のなかに蓄積されてきた音楽は隠しようがないですからね。ただ、そうやって影響を受けた音楽もホントに守備範囲が狭いんですよ。63、4年から78、9年くらいまでのイギリスの音楽だけだし、そこにちょっとブルースやソウルのテイストが入る程度なんで。だけど、僕が好きだった60年代、70年代のロックンロールやパンクはすごく濃密なものだったし、すごいエネルギーに満ち溢れてましたよね。

──それ以降の80年代、90年代の音楽と決定的に違うのはエネルギーの差なんでしょうか。

マモル:それもあるし、僕は多感な高校生の頃にパンク・ロックとかドクター・フィールグッド、エルヴィス・コステロなんかを聴いて、あの時の衝撃がいまだに忘れられないんです。と言うか、あの時に受けた衝撃のままいまも音楽をやり続けているんです。

──高校生の頃に受けた衝撃をずっと維持するのも一つの才能じゃないですか?

マモル:いや、ただ単にバカなんじゃないですかね?(笑) それと、それくらいクラッシュやラモーンズ…ラモーンズはニューヨークだけど、あの時代のバンドは影響力がすごかった。そう感じているのは僕だけじゃないと思いますよ。まぁ要するに、そういうバンドに衝撃を受けて、いまもずっと音楽が好きでやり続けてるだけなんです。もっと他のことにも気を使えばいいのにと自分でも思うけど、1年というサークルでやれるのはいまのスタイルが精一杯なんですよ。

──あと何年くらいいまのペースで音楽活動ができるか考えたりすることはありますか。

マモル:たまにね。70くらいまでできたらいいなと思うけど、いつまで続きますかね。それはどんな曲が出てくるか次第かな。とりあえずあと2枚くらいは大丈夫だと思います。いまも脳内レコーディングではいくつか曲があるし、旅の途中でも曲のアイディアが浮かんでくるんですよ。旅を続けることでいろんなことを吸収できるし、それが無意識のうちに曲に反映されることもあるし、やっぱり旅は面白いですね。

──まさ音楽漬けの人生真っ只中なんですね。

マモル:ホントにね。特にこの10年でそんな感じになったんでしょうね。

 

ストロング級のバカには誰もかなわない

──マモル&ザ・デイヴィスは、グレイトリッチーズの後期のベーシストだった福島誠二さんが加入したんですよね。

マモル:そう、去年の7月からね。誠二くんは勘がいいからすごく面白いですよ。彼はフールズをやってきてジャム・セッションに鍛えられてるから、僕とのやり取りも呑み込みが早いんです。ノリも合うしね。

──マモルさんのなかでは、バンドとソロ弾き語りの両輪があるからバランスを保てているところもあるんですか。

マモル:バンドだけだといろいろ大変だしね。お金にしなくちゃいけない現実的な部分もあるし。でも母体となるバンドがないのはものすごく寂しいんですよ。セッション・バンドじゃなくて、母体のバンドが僕にはどうしても必要なんです。それも一つのこだわりで、気の合う仲間を集めて自分の表現したいことをやりたいんですよ。歳をとってくると音楽から離れていくヤツもいるし、みんなのスケジュールを調整するのもなかなか大変なんだけど、自分の母体となるバンドをやり続けるのは絶対に譲れないんです。その母体のバンドがあって初めてソロをやれるんですよ。

──そう言えば、「MAGIC TONE RECORDS」が10周年を迎えるにあたって、第1弾として発表されたドクター・フィールグッドのトリビュート・アルバム『ニッポンのロックンロール 〜DR.FEELGOOD TRIBUTE〜』が再発されるそうですね。

マモル:在庫数がもうだいぶ少なくなったので、再プレスすることにしたんです。自分にとっても思い入れのある作品だし、久しぶりに聴いてなかなかよく出来てるなと思ったんです。それで、せっかくトリビュート・ライブの音源もあることだし、その未発表音源を特典CDにしちゃおうと思って。これを機にトリビュート・アルバムを持ってない人にも聴いてもらえたら嬉しいですね。

──ところで、今年の4月7日も我が下北沢シェルターに出演していただきますけど……。

マモル:今年は『リーブリロー追悼ライブ』をやらないんですよ。

──そう、マモル&ザ・デイヴィスもTheピーズも出演するのに、なぜブリロー追悼じゃないんだろうと思ったんです。

マモル:別にどうってことはないんですけどね。まぁ、もうそろそろいいんでねぇの? ってことで(笑)。またいつか追悼ライブをやりたくなったらやればいいし。ホントの意味で追悼の気持ちがあったのは亡くなってからの数年で、あとは自分たちがフィールグッドのカバー・バンドをやるのが楽しかったんですよ。でも、それがだんだんと自分のオリジナルをやるほうが楽しくなってきたんです。いまはデイヴィスの4人でライブをやってるのが無性に楽しいんですよ。それは誠二くんがバンドに入ったことが大きいですね。なんて言うか、彼がいると化学反応が起こりやすいんです。いままでさんざん不良に鍛えられ続けたからかもしれないけど(笑)。

──以前、マモルさんがツイッターで「ホントに人生が楽になってきた。楽しくロックンロールができればそれだけでいいんだから楽チンなのだぁ〜」とつぶやいていましたが、肩肘張らずに伸び伸びと音楽をやれているのが如実に窺えますね。

マモル:アルバムを作ってツアーをやって、それだけでもう目一杯なんで、悩んでる暇がないんです。たぶん暇になったらろくなことを考えないだろうし、悩み事だらけになるんじゃないかな(笑)。だからいまくらいの忙しないペースがいいのかなと思うんです。

──余計なことを考える余裕もなくロックンロールに没頭できているわけですから、こんなに幸せな人生はないですよね。

マモル:ホントに自分のやりたいことをやらせてもらえてますね。ただ単にわがままなだけかもしれないけど。

──だけど、ちゃんとした信念がなければわがままも通らないじゃないですか。

マモル:それを全部ひっくるめてバカって言うのかもしれませんね(笑)。

──40年以上ロックンロールを溺愛し続ける筋金入りのバカには誰もかなわないということで(笑)。

マモル:まさにその通りです。それが「ストロング」につながるのかもしれない。ストロング級のバカ=ストロングバカ。それをインタビューのキャッチコピーにしといてください。「ストロングバカには誰もかなわない」って(笑)。
 

MAMORU & The DAViES
3Girls

MAGIC TONE RECORDS / ROLLER☆KING MAGI-0012
定価:2,500円+税
初回プレス限定、A式紙ジャケット仕様
2017年3月22日(水)発売

【収録曲】
01. ストロング
02. Beat Pop Station
03. 3ガールズ
04. ハイエナの声
05. 真夜中をぶっとばせ
06. サイゴのダンス
07. キャデラック7号
08. 君とブルース
09. サウナ
10. ギター買ったぞ
11. 夜が明けるまで(パンパンパンク)
12. ハードル

V.A.
ニッポンのロックンロール 〜DR.FEELGOOD TRIBUTE〜

MAGIC TONE RECORDS / ROLLER☆KING MAGI-0001
定価:2,500円+税
2017年3月22日(水)発売(再発)

【収録曲】
01. SEE YOU LATER ALLIGATOR(3 CHORDS)
02. GOING BACK HOME(赤羽ブリロー)
03. DOWN AT THE DOCTORS(MAMORU & The DAViES)
04. That's it,I Quit(石橋勲BAND)
05. ROXETTE(夜のストレンジャーズ)
06. ROUTE66(Mooney & His Lucky Rhythm)
07. I'M A HOG FOR YOU BABY(THE PRIVATES)
08. SHE DOES IT RIGHT(VIOLETS)
09. BEST IN THE WORLD(マボロシハンターズ)
10. MILK & ALCOHOL(ミステルズ)
11. KING FOR A DAY(赤羽ブリロー)
12. SHE'S THE ONE(TERRY SHIMAMURA GROUP)
13. DROP EVERYTHING AND RUN(MAMORU & The DAViES)
14. I'M TALKING ABOUT YOU(THE PRIVATES)
15. Oyeh!(THE SWITCH TROUT)
16. I DON'T MIND(夜のストレンジャーズ)
17. RIOT IN CELL BLOCK NO.9(ザ☆ダンス天国)
18. VIOLENT LOVE(トリビュートセッション)

【特典CD-R 収録曲】※タワーレコード、ディスクユニオンを予定
2007年12月9日に新宿クラブドクターで開催された『ニッポンのロックンロール発売記念ライブ』からの音源ほか数曲を収録(なくなり次第終了)。
■SHE'S A WINDUP / 赤羽ブリロー(2007年12月9日 新宿クラブドクター)
■I CAN TELL / 赤羽ブリロー(2007年12月9日 新宿クラブドクター)
■I'M TALKING ABOUT YOU / THE PRIVATES(2007年12月9日 新宿クラブドクター)
■MAD MAN BLUES / 3CHORDS(2007年12月9日 新宿クラブドクター)
■MONEKY / MAMORU & The DAViES(1998年4月7日 下北沢SHELTER〜リーブリロー追悼ライブ〜)
■BABY JANE / MAMORU & The DAViES(1998年4月7日 下北沢SHELTER〜リーブリロー追悼ライブ〜)

Live info.

MAMORU & The DAViES 〜ニューアルバム『3Girls』発売ライブ〜
シモキタロックンロール

出演:MAMORU & The DAViES/Theピーズ
2017年4月7日(金)下北沢シェルター
OPEN 19:00/START 19:30
前売 3,000円/当日 3,500円(共にドリンク代別)
問い合わせ:シェルター 03-3466-7430

ニューアルバム『3Girls』発売ライブ
ワタナベマモル弾語り〜ニューアルバム『3Girls』発売ライブ〜

4月1日(土)糸魚川 スナック旬華(ワタナベマモル&テリー)
4月2日(日)上越 メモリー(ワタナベマモル&テリー)
4月8日(土)岐阜 クラブルーツ(マモル&ザ・デイヴィス)
4月9日(日)浜松 窓枠 4階 マジミカ(マモル&ザ・デイヴィス)
4月14日(金)仙台 チョップオンズ(ワタナベマモル弾語り)
4月15日(土)米沢 b:arb(ワタナベマモル弾語り)
4月16日(日)鶴岡 市Bar TRASH(ワタナベマモル弾き語り)
4月20日(木)郡上八幡 クラブレイラ(ワタナベマモル弾き語り)
4月21日(金)白山 溜まりBar 夕焼け(ワタナベマモル弾き語り)
4月22日(土)富山 ワイルドサイド(ワタナベマモル弾き語り)
4月23日(日)金沢 ジェラスガイ(ワタナベマモル弾き語り)
4月29日(土)蒲郡 BUZZ HOUSE(マモル&ザ・デイヴィス)
4月30日(日)京都 夜想(マモル&ザ・デイヴィス)
5月3日(水)甲府 Klub KING RAT(ワタナベマモル&テリー)
5月4日(木)駒ヶ根 G-Studio NIRVASH(ワタナベマモル&テリー)
5月7日(日)高円寺 ジロキチ(マモル&ザ・デイヴィス)
5月13日(土)米子 ムーン&スプーン(マモル&ザ・デイヴィス)
5月14日(日)出雲 アポロ(マモル&ザ・デイヴィス)
5月20日(土)郡山 会場未定(ワタナベマモル弾き語り)
5月26日(金)北千住 CUB(ワタナベマモル弾き語り)
5月27日(土)新潟 Live Bar Mush(マモル&ザ・デイヴィス)
5月28日(日)前橋 Cool Fool(マモル&ザ・デイヴィス)