トップ > インタビュー > 三星めがね(漫画家)(Rooftop2017年4月号)

三星めがね(漫画家)(Rooftop2017年4月号)

 ヤンデレヒロインと複雑な家庭事情、一見するとシリアスドラマとなりそうな要素を軽快な会話劇と明るいキャラクターたちでコメディー作品として昇華させている漫画『恋愛暴君』。 "三星めがね"によりWEBコミック誌『COMICメテオ』にて連載されている今作が4月よりアニメ化!! 各キャラクターがマシンガンのように繰り広げる会話劇はどのように生まれ、映像化されているのか。その制作の一端を伺いました。[interview:柏木 聡(Asagaya/Loft A)]

逆にやってみようと思いました。

 

――まずは連載を始める経緯を伺えますか。

 

三星(めがね):もともと、女の子を描くのが好きだったんです。そこしかなくて悩んでいる中、担当さんにヤンデレを勧められたんです。話を振られたときは、描けるジャンルじゃないと思いました。

 

――そうなんですね。

 

三星だからこそ、逆にやってみようと思いました。でも実際に描いてみたら、意外と違和感なく描くことができたんです。グリにうまく気持ちをのせられたのが大きいと思います。あと重い話を描くのが嫌で、楽しい話を描きたいというのもあり今の形になりました。

 

――ヤンデレという案はなぜ出てきたのですか。

 

三星「ヤンデレを笑いの要素として使ってもらいたい」と言われました。当時、ジャンルとしてはまだなかった、というのもあると思います。でも、最初はヤンデレの可愛さがわからなかったです。暴力的な面もありますし、自分で描きながらコワイと思っていました(笑)。

 

――不死身になる設定なので最初はメッタ刺しにしていたじゃないですか。

 

三星酷いことをしていましたが、意外と人気が出てしまいました(笑)。

 

――意外となんですね(笑)。この作品での連載は考えてはいなかったのですか。

 

三星当時は考えていませんでした。むしろ、きれいに読み切りが終わったなくらいに思いました。でも広げることのできる作品だったので、描いてみたらいけるなと。

 

――ということは最初はキャラクターもグリと(藍野)青司と(緋山)茜くらいしかいなかったんですか。

 

三星そうですね。連載になった時にもう1人ヒロインが欲しいということで(黄蝶ヶ崎)柚と、天界のキャラのコラリを増やそうという話をしたくらいで、3人の親の設定もないくらいでした。

 

――設定ということですと『キスノート』という某作品からインスパイアを受けたアイテムもありますが。

 

三星ノートは読み切りで1回きりだと考えていたので、出したところもあるんです。連載だと怒られてしまうんじゃないかと悩んで、すぐにスマホ型にしちゃいました(笑)。

 

――オマージュだとわかるので大丈夫だと思います。

 

三星アニメでまたノート描写があるので、ビクビクしています(笑)。オマージュやパロディはもともと好きなので、拾ってもらえて嬉しいです。

 

――高校が舞台なのでキャラも多いですが、キャラの名前はどのように決められているのですか。

 

三星イメージを作ってから名前を決めています。その時にイメージに繋がる色があるといいなと思い、名前にも取り入れています。

 

――セリフだけでも各キャラが立っていて、会話を読むだけでも楽しいです。

 

三星セリフの多さに関しては、アフレコを見学させていただいた時に改めて気づかされました。私自身はおしゃべりではないんですけど、不思議なものでキャラクターを通すとおしゃべりになってしまうんです。

 

――会話のテンポがいいので気にならなかったですけど確かにそうですね。そこがコメディータッチの作風ともあっていますし、映像になった時も賑やかで楽しくなりますね。

 

三星アフレコではメインの会話の裏に差し込む小ネタを撮るために、同じシーンの撮り直しなんかもあって、なかには4回に分けて撮らなければいけなかったりもして、ありがたい反面、申し訳ないなとも感じてしまいました。

 

――そこまで拾ってもらえるのは原作ファンとしても嬉しいです。会話劇を楽しむ作品でもありますがキャラのセリフを考える上での苦労はありますか。

 

三星セリフ回しには気をつけています。このキャラはこういうことは言わないな、というように、キャラごとにできない/やらないことはあるので、そこに気をつけて他のキャラと差別化をすると上手くいきます。

 

――(本体)裏表紙にあるような、キャラクターごとの設定資料を作り込まれているのですか。

 

三星描いてはいますが、全然見ていないです。忘れていたりするくらいです。

 

――誕生日の話などやりやすそうですけど…ないですね。

 

三星ないんですよ。設定を漫画で使ったことはあまりないですね。ただ、アニメを作る上では便利だったようです。

 

三星めがね
「恋愛暴君」

発行:フレックスコミックス
発売:ほるぷ出版
1~4巻 571yen+tax
5~10巻 570yen+tax
11巻 570yen+tax 4/12発売
11.5巻 短編集 570yen+tax 5/12発売

amazonで購入

Wake Up, Girls!
TV 恋愛暴君 OP ”恋?で愛?で暴君です!”


レーベル: DIVE II ENTERTAINMENT
通常盤:¥1,500+tax
DVD付き限定版:¥2,100+tax
5/24発売

amazonで購入

smileY inc.
TV 恋愛暴君 ED ”「スキ」を教えて”

レーベル: DIVE II ENTERTAINMENT
¥1,500+tax  5/24発売

amazonで購入

Live info.

TVアニメ「恋愛暴君」
原作:三星めがね (COMICメテオ連載)
監督:濁川 敦
シリーズ構成:高橋ナツコ
アニメーション制作:EMTスクエアード
・テレビ東京:4月6日スタート 毎週木曜日 深夜2時35分~
・BSジャパン:4月8日スタート 毎週土曜日 深夜0時30分~
・AT-X:4月8日スタート 毎週土曜日 夜11時30分~
リピート放送:毎週日曜深夜2:30~/毎週火曜午後3:30~/毎週金曜朝7:30~
 
※放送日時は変更になる場合があります
 
©三星めがね・COMICメテオ/恋愛暴君製作委員会