トップ > インタビュー > A11yourDays(web Rooftop2017年3月号)

A11yourDays(web Rooftop2017年3月号)

 突如、音楽シーンに現れた多国籍バンド「A11yourDays」。韓国と日本のハーフであるSOGYON(V0)が英語を交えながら歌う伸びやかなボーカル・情景豊かなメロディーは、いち早い音楽リスナーの耳と心を掴んで離さない。そんな彼らが、至福の1枚として遂に1st mini album『you,』を全国の「あなた」に向けてとき放つ。そんな彼らに、バンドについて、作品について、ライブについて話を伺った。[interview:樋口寛子(新宿LOFT)]

「すべてはあなたの日々を彩りたい」という意味を込めた音楽をしたい(SOGYON)

—A11yourDays結成の経緯を聞かせてください。

SOGYON:前任ドラムと僕とkoheyとMASAYAが同じ大学だったんです。僕がたまたま大学の廊下で歌っていたら、「あいつ、歌上手いじゃん」となって。僕がボーカルとして加入してノリで組んだ所から始まりました(笑)。

—そうなんですね。バンド名の由来を聞かせてください。

SOGYON:一番最初は前任ドラムと「バンド名を決めよう!」となった時に、「バンド名に意味がこもっていると良いよね」となって様々なバンド名が出たんです。その中でも特に「A11yourDays」が良いねとなって。響きも良いし、バンド名の意味も良いし。「すべてはあなたの日々を彩りたい」という意味を込めて音楽をしたいという強い思いがあり決めました。

—「A11yourDays」を組む以前から歌はやっていたのですか?

SOGYON:歌うのは凄く好きなのですが、ステージに立って歌ったことは一度もなかったです。

昨年夏には「ap bank fes」や「イナズマロックフェス」にも出演したのですね。

SOGYON:初めてのフェスは緊張しましたね。楽しさもあれば、自分たちが思うようにできなかった悔しさもあったりと様々でした。

MASAYA:いろんなことに気付けたよね。「ap bank fes」に関しては、初遠征で初の夏フェスでした(笑)。最初は20人程度しか集まらなかったのですが、その中には茨城から僕らのライブを観に「ap bank fes」に来てくれた方もいました。僕らが演奏して少し経った頃にお客さんが段々と集まってくる感じはたまらなかったですね。

SOGYON:結果、沢山のお客さんが集まってくれて凄く嬉しかったです。「俺たちの音楽はいけるんじゃないの?」と過信してしまう程でした(笑)。音楽で呼び寄せるというか、僕らの思いが届いたのかなと思ったり。

MASAYA:十分価値のある初遠征でした。生でMr. Childrenの演奏を見ることもできましたし。

SOGYON:いろいろと勉強になりましたね。

—今年は春に初の全国流通も控え、また忘れられない夏になりそうですね。

SOGYON:今回の新譜は、先ほど話した夏フェスへの出演がなかったらできなかった楽曲もあるので、また夏フェスに出演するような機会があればこの曲を演奏して、もっとみんなと素敵な景色が見たいなという思いが深まりました。

—フェスをきっかけにできた曲は何曲目でしょうか?

SOGYON:5曲目「kite」という曲です。この曲をフェスで演奏したら絶対にみんな楽しいだろうなと思います。

 

不安が多いけどやれることは全てやったので、あとは届けば良いなと思います(MASAYA)

—では1st mini album『you,』に関してお伺いしたいのですが、リリースを控えた今の心境を聞かせてください。

MASAYA:プレッシャーを感じますね。

SOGYON:この作品を本当に出して良いのかなって。

MASAYA:不安が多いけどやれることは全てやったので、あとは届けば良いなと思います。

SOGYON: 5人ともバラバラのジャンルなので、UKと僕が作る楽曲に自分自身との戦いがあったと思うし、「この曲大丈夫なの?」という葛藤があって。でもその葛藤や自分との戦いの末にその曲を信じられるようになったので、ライブで何回も演奏して、レコーディングをしてより良いじゃん! となって。5人の意見が合致して良いものには仕上がったと思います。でも不安は勿論、ありますね。

—私はすでに何度も聴いているので、皆さんに不安な気持ちがあるのが意外でした。

SOGYON:音源としてはとても自信があるのですが、タイミングといい、僕たちの知名度といい、ベストなタイミングだとしても聴く人にとってはどうなのかなって、自分たちではそんなことを考えましたね。

—収録楽曲のほとんどは以前からあった楽曲だったのでしょうか?

SOGYON:5曲目「kite」に関しては、レコーディングの前日に仕上がりました(笑)。

MASAYA:1曲目「Bell」、2曲目「City」以外は全部新曲ですね。「Bell」、「City」は初ライブの時からあった曲ですね。3曲目「Title Role」もでき上がったのは、昨年11月頃でした。UKが「なんかできたから」と言って持ってきて。皆で聴いたら「良い曲だね!」となり、この曲はミニアルバムに入れよう!となりましたね。

—レコーディング中の印象に残っているエピソードを聞かせてください。

MASAYA:僕ら二人が結構レコーディングに苦戦しましたね(苦笑)。

SOGYON:歌は苦戦しましたね。僕の譜割とUKの譜割が全く違っていて。勿論、練習はしているのですが、自分のクセがあってどうしてもレコーディング時に出てきてしまうんですよね。UKから指導してもらいながら歌いました(笑)。1曲を録るにあたって4時間位歌っていました。

MASAYA:僕は1回ミスして、泥沼にハマってずっと負のループでしたね。「なんでいつも弾けるフレーズが弾けないのだろう」って。周りの視線も気になって、UK先生の視線も気になって、もうストレスになっていたので、タバコを吸いつつ叫んでリセットしていました(笑)。

—UKさんは先生みたいですね(笑)。

SOGYON:UKはレコーディングは一発で録りますからね。

MASAYA:彼女はいろんなミュージシャンのサポートもしていたので、レベルが違う。

SOGYON:僕なんてステージに立って1年弱ですから。その差は凄いですよね(笑)。UKと話すといろいろと勉強になりますね。

—新譜のタイトルにある『you,』について聞かせてください。

SOGYON:「あなた」に向けてというのもありますし、僕たちにとっての1st mini albumでもあり、初めての全国流通でもあって。「あなた」というタイトルはつけたかったというのがありました。「あなた」に向けての「プレゼント」という意味もあるし、「あなたと始めたい」という意味もあるし。「あなたが居ないとダメだ」というのもあるし。僕たちのバンド名通りに「日々を共にしていきたい」という思い全てを「あなた」に込めました。「A11yourDays」としての人生を「あなた」と共にしていきたいという思いがあるので、1枚目は絶対に「あなた」が良いというのがありました。

MASAYA:みんなに相談する前にすでに彼の中で決まっていましたね。このタイトルにしたからって(笑)。

 

A11yourDays / you,

EGGS-018
1,600yen+tax
2017年3月8日(水)発売

amazonで購入

Live info.

2017.03.15(Wed.)@新宿LOFT
2017.03.20(Mon.)@名古屋 新栄 RAD SEVEN
2017.03.23(Thu.)@大阪 福島2ndLINE
2017.03.28(Tue.)@新宿LOFT
2017.04.11(Tue.)@渋谷eggman