トップ > インタビュー > 村田めぐみ&大谷雅恵(村谷姉妹)×田渕ひさ子&小林愛(toddle)(Rooftop2017年3月号)

村田めぐみ&大谷雅恵(村谷姉妹)×田渕ひさ子&小林愛(toddle)(Rooftop2017年3月号)

楽曲提供で得た自分たちのなかでの新たな発見

OMI_6001.jpg──こうしてtoddleのお二人が楽曲提供するのは珍しいケースですよね。

田渕:以前、木村カエラちゃんに曲を書くのに、愛ちゃんたちに手伝ってもらってtoddleで演奏したのをデモにしたことはありましたね。当時は宅録なんて術を知らなかったので。

小林:そういうケースはあったけど、toddleの名前が出る形で曲を提供したのは今回が初めてです。私も人のために曲作りをしたのは初めてなんです。村谷姉妹としての最初の作品に関われたことはとても光栄なことだし、こんな機会を与えてもらったことに感謝しています。

大谷:いやいや、こちらこそでございます。

村田:本当にありがとうございます。

──ひさ子さんも愛さんも、いつも自分たちで作る曲に自分たち以外のボーカルが入るのはとても新鮮だったんじゃないですか。

田渕:歌はもちろん、曲を書く段階でも新鮮でしたよ。曲を提供する、自分では唄わないと思うと、縛りが急にパーッとなくなるんです。こんな感じもいいんじゃない? あれもいいんじゃない? ってアイディアがどんどん湧いてきたりして。

小林:自分たちが唄う時にはストレートすぎて恥ずかしく感じるフレーズも、誰かに唄ってもらう曲なら素直にいいと思って入れられるよね。

田渕:そういうのがいろいろと自由にできていいよね。

──普段とは違う回路がはたらくと言うか。

田渕:いい意味で無責任になれるんです。唄ってもらう人のことを思い浮かべてあれこれ考えるのも楽しいし。唄うのが自分だとついつい暗い世界へ入っていくところを、唄う人を思い浮かべることによって明るいイメージで進んでいけるって言うか。自分が唄う曲はどんどんドンヨリしてくるので(笑)。

小林:よくわかる(笑)。自分にこんなフレーズが作れるとは! とか、今回は自分たちのなかでも新しい発見があったりしたよね。

田渕:自分たちの曲に歌詞を書いてもらえたのもすごく嬉しいんですよ。こんな歌詞が付いたんだぁ…とか思うと嬉しい。カラオケで唄いたくなりますね。

小林:唄いたいよね。あと今回、ひさ子ちゃんには曲だけじゃなく、録音方法や予算の面でもいろいろとアイディアを出してもらってたくさん助けてもらったんですよ。ひさ子ちゃんの音楽に対する真摯さを再確認したり、改めてtoddleっていいバンドだなぁと新鮮な気持ちで思ったので、それを今後の活動に還元していきたいですね。

OMI_6010.jpgOMI_6006.jpg──ところで、今日の歌入れはスムーズに進んだんですか。

村田:私は少々お時間をいただいちゃいました。ちょっとだけ時間泥棒を(笑)。

田渕:全然そんなことないですよ(笑)。

小林:普通ですよ。と言うか、まぁしぃが早すぎるんですよ。

村田:つるっと何回か唄っておしまいだったもんね。

大谷:私はいっぱい録るとわかんなくなる人なんですよ。

──考えてみれば、村田さんにとって今日のレコーディングはメロン記念日以来ですか?

村田:そうです。7、8年ぶりですね。

──それは時間泥棒もしちゃいますよね(笑)。

村田:ちなみにこうしたインタビューもメロン以来なんです。今日は最初にブースに入って自分の声を大きくするツマミを触った時、懐かしい気持ちになりましたね。思わずテンションが高まってしまいました。

──大谷さんはレコーディング慣れしているから録りも早かったんでしょうね。

大谷:私はレコーディングが大好きで。歌のお仕事だとライブよりもレコーディングのほうが好きかもしれないです。ずっと唄ってても大丈夫くらいの感じなので。ちゃんと自分の歌声と演奏が聴けて楽しめるのはレコーディングなのかなと。ライブはお客さんに向けて歌を唄うのに集中して、演奏をちゃんと聴けてなかったりするんです。緊張してるのもありますし。もちろんライブで唄うのも純粋に楽しいんですけどね。

──今回はCDのジャケットにも注目ですね。表には村谷姉妹が幼児の頃の写真がそれぞれあしらわれていて。

大谷:デザイン的なジャケットも考えたんですけど、写真を使ったほうが喜ばれるかな? と思ったんですね。でも最近撮った写真から選ぶのも何だねと思ったし、新たに撮るにも時間がなかったし、ちょっと時間を遡った写真にしようと考えたんです。それで、まだお互いのことを知らない子どもの頃の写真がいいんじゃないかってところに落ち着いたんですよね。

muratani_h1-h4.jpg──村田さんがかけているのはおもちゃのメガネですか?

村田:そうですね、アラレちゃんの人形のメガネなんです。

小林:あー、これ、私もつけてた! あれでしょ、髪の毛が毛糸でできてる人形じゃない?

村田:そうそう、それです!

小林:私もその人形がすごく好きだったんですよ。レンズの入ってないメガネをかけてたよね。

村田:そうです。私の写真の裏に「1歳7ヵ月」って書いてあったんですけど、たぶん人生で一番最初の記憶だと思うんですよね。あのメガネをかけた瞬間に親がすごく喜んで、「カメラ! カメラ!」って撮られたのを覚えてます。

田渕:すごい、1歳7ヵ月でそんなことまで覚えてるんですね。

村田:もしかして脳内で記憶を後づけしちゃったんですかね?(笑)

──メロン時代の一時期に限らず、村田さんが昔からメガネの力に頼っていたのがわかりますね。

村田:たしかに! ここぞという時にはメガネを必要としていたんですね(笑)。

 

村谷姉妹
Reborn / その日まで

ジャケット表面(村田めぐみ)

村谷姉妹
Reborn / その日まで

ジャケット裏面(大谷雅恵)

定価:1,000円(税込)
2017年3月17日(金)に新宿LOFTで開催される『むらたに☆とどるの恩楽会』よりライブ会場限定で販売

【収録曲】
① Reborn(作詞:村田めぐみ/作曲・編曲:toddle)
② その日まで(作詞:大谷雅恵/作曲・編曲:toddle)
③ Reborn(Instrumental)
④ その日まで(Instrumental)

Live info.

むらたに☆とどるの恩楽会
出演:村谷姉妹(村田めぐみ&大谷雅恵/ex.メロン記念日)、toddle
スペシャル・ゲスト:ニューロティカ、漁港
オープニング・アクト:MUG-ROCK & NOCCHI
DJ:DJ ARAKI
MC:椎名宗之(Rooftop編集長)
FOOD:マチガイネッサンドウィッチズ
2017年3月17日(金)新宿LOFT
OPEN 18:30/START 19:00
前売 2,800円(ドリンク代別)
チケットは、ぴあ、ローソン、イープラス、新宿LOFT店頭にて販売中
問い合わせ:新宿LOFT 03-5272-0382