トップ > インタビュー > SION(Rooftop2016年12月号)

SION(Rooftop2016年12月号)

どこの空から見られても恥ずかしくない自分でいたい

──そんな青の時代を経て、30年間ずっと変わらず唄い続けていまがあると。

SION:ここまで続けてこれたのは、結局、他になにもできないからなんだと思う。俺みたいな怠け者は他に仕事ができないから。

──だけど、野音のDVDを見てもお客さんがどれだけSIONさんの歌に力をもらっているかがよく分かるじゃないですか。

SION:いやぁ…唄ってる俺もだいぶみんなから力をもらってるからね。本当にそう思う。

──メジャー・デビュー当時はここまで長く唄い続けるとは思わなかったわけですよね。

SION:思いもしなかった。若い頃って死にたがりでしょ? 30にもなって歌なんて唄ってるのは恥ずかしいと思ってたし。だからこそこれだけ長く続けられてることがありがたいのかな。よくできたもんで、ありがたがってるばかりじゃ生きていけないけど、同じくらい頭にくることがちゃんと起こるから、ナニクソ! の気持ちが働くんだろうね。

──野音のライブをあと何本やれるだろうか? と考えることはありますか。

SION:あるけど、その辺のことについては何年か前に池畑さんと話したことがある。「ここまで来たら、一つひとつやね」って(笑)。今年の野音をまずしっかりやる、それが終わったら次のライブ、そして来年の野音に向けて頑張る。そうやって一つひとつを着実にやっていくしかない。東京オリンピックの頃のことまでは分からないから考えない(笑)。

──30年のキャリアともなればリリースのペースが落ちそうなものなのに、この10年だけで7枚ものオリジナル・アルバムを発表したり、『Naked Tracks』シリーズをコンスタントに発表したり、創作意欲が一向に尽きることがないのがすごいですよね。

SION:なんだろうね。歌を書いてなきゃ死んじゃうのかもしれない(笑)。

──歌を書きたいという純粋な気持ちともまた違うものなんですか。書かざるを得ないと言うか。

SION:昔からの癖で、常になにかを記録しておきたいんだよ。ちょっと音を出したいと思えば、ちっちゃい一坪のスタジオで爪弾くギターを録ってみたりさ。そんなことをして1曲になることはほとんどないんだけど、「これをこぼしてしまうと二度と出てこないかもしれない」っていう恐怖心が昔からあるのかな。それが役に立つことはほとんどないけど、ギターを弾きながら出てきたメロディや言葉のどこかに活かされてる気がする。そういう作業を続けることと『Naked Tracks』を作っていないと生きてる価値がないと思ってるから(笑)。

──大きなことを言えば、歌を書いて唄うことで社会とつながれているということなんですかね。

SION:うん。仮に履歴書を書いたところで埋まりようがないしね。一番やれそうなのは呑み屋だけど、イヤな客には「帰れ!」って言うし、好きな客には「金は要らんから、もう一杯呑んでいけよ」なんて言っちゃいそうで、絶対商売にはならない(笑)。となると、歌を書いていくしかない。そして、歌を書けば褒めてくれることがあるわけじゃない? 嬉しいんだよね、褒められると(笑)。

──志半ばでこの世を去った仲間の分まで唄おうという意識はありますか。

SION:仲間の分までとか言えるあれじゃないけど、敬文の場合は間違いなくまだやりたいことがいっぱいあったはずだし。彼の代わりになにかできるわきゃないけど、なんて言うんかな、どこの空からでも見られた時に恥ずかしい歌を唄っていたらイヤだなとは思う。敬文に唄ってるところをいつ見られても「おお、さすがやね」って言ってくれるような自分でいたい。音楽だけはね。あとはもうヨロヨロだからさ(笑)。
 

LIVE DVD
SION-YAON 2016 with THE MOGAMI
〜Major Debut 30th Anniversary〜

TEBI-60413/定価:5,556円+税
2016年11月2日(水)発売
Vocal:SION/Drums:池畑潤二/Keyboards:細海魚/Guitar:藤井一彦/Bass:清水義将
収録:2016年8月11日 日比谷野外大音楽堂

amazonで購入

【収録曲】
01. サイレン
02. ブーメラン
03. ONBORO
04. 傘いらんかん
05. 夏の終わり
06. ありがてぇ
07. 遊ぼうよ
08. 好きで生きていたい
09. 俺の声
10. ガラクタ
11. 12号室
12. 元気はなくすなよ
13. お前がいる
14. 後ろに歩くように俺はできていない
15. ノスタルジア
16. 春よ(新曲)
17. パニック
18. 新宿の片隅から
19. マイナスを脱ぎ捨てる
20. お前の空まで曇らせてたまるか
21. サラサラ
22. Hallelujah
23. 今さらヒーローにはなれやしないが(新曲)
24. このままが

ALL TIME BEST ALBUM
30th milestone

<30周年記念限定盤>
TECI-1500/定価:10,000円+税
■35曲のスタジオ音源(Disc-1、Disc-2)とデビュー前の貴重なライブ音源15曲(Disc-3)、そして未発表映像を含むライブ映像とビデオクリップを合わせて20曲収録した特典DVD(Disc-4)。音源、映像合わせて全70曲収録。
■全曲リマスタリング ■SHM-CD×3、DVD×1(4枚組)
■LPサイズ・スペシャルケース入り(シリアルナンバー入り)永久保存版
■LPサイズ歌詞&フォトブック(20P)封入
<通常盤>
TECI-1503/定価:3,000円+税
■35曲のスタジオ音源(Disc-1、Disc-2)収録
■全曲リマスタリング ■歌詞ブック封入 ■SHM-CD(2枚組)

amazonで購入

<収録曲目>
■Disc-1【全17曲収録/収録時間76:18】
01. 新宿の片隅から(「SION」/1986年)
02. 俺の声(「新宿の片隅で」/1985年)
03. SORRY BABY(「SION」/1986年)
04. 風来坊(「風来坊」/1987年)
05. 12月(「春夏秋冬」/1987年)
06. このままが(「春夏秋冬」/1987年)
07. サイレン(「SIREN」/1988年)
08. カーテン(「Strange But True-Strange side」/1989年)
09. 記憶の島(「Strange But True-True side」/1989年)
10. 夜しか泳げない(「夜しか泳げない」/1990年)
11. 12号室(「夜しか泳げない」/1990年)
12. 夢を見るには(「かわいい女」/1991年)
13. 蛍(「蛍」/1992年)
14. 月が一番近づいた夜(「I DON'T LIKE MYSELF」/1993年)
15. ありがてぇ(「I DON'T LIKE MYSELF」/1993年)
16. 彼女少々疲れ気味(「SION 10+1」/1994年)
17. 金魚(「抱きしめて」/1995年)
■Disc-2【全18曲収録/収録時間79:54】
01. がんばれがんばれ(「フラフラ」/1997年)
02. 通報されるくらいに(「SION comes」/1998年)
03. お前がいる(「SION comes」/1998年)
04. 薄紫(「DISCHARGE」/1999年)
05. 砂の城(「好きな時に跳べ!」/2001年)
06. 雪かもな(「UNIMELTY FLOWERING」/2002年)
07. キャスト(「ALIVE ON ARRIVAL」/2003年)
08. ガラクタ(「ALIVE ON ARRIVAL」/2003年)
09. たまには自分を褒めてやろう(「東京ノクターン」/2005年)
10. 夏の終わり(「東京ノクターン」/2005年)
11. マイナスを脱ぎ捨てる(「20th milestone」/2007年)
12. Hallelujah(「住人〜jyunin〜」/2008年)
13. 鏡雨(「鏡雨〜kagamiame〜」/2009年)
14. お前の空まで曇らせてたまるか(「鏡雨〜kagamiame〜」/2009年)
15. 燦燦と(「燦燦と」/2010年)
16. 気力をぶっかけろ(「Kind of Mind」/2012年)
17. 後ろに歩くように俺はできていない(「不揃いのステップ」/2014年)
18. ONBORO(「俺の空は此処にある」/2015年)
■Disc-3/SION LIVE 1986 at SHIBUYA LIVE INN(収録:1986年6月17日 渋谷ライブ・イン)【全15曲収録/収録時間76:03】
01. 風向きが変わっちまいそうだ
02. やるせない夜
03. コンクリート・リバー
04. 春夏秋冬
05. ハード・レイン
06. ダーリン
07. SORRY BABY
08. TONIGHT
09. 俺の声
10. レストレス・ナイト
11. はやく慣れることさ
12. ハングリー・ナイト
13. 街は今日も雨さ
14. KNOCK ON THE HEART
15. クロージング・タイム
※M-8、M-10以外は未発表音源
■Disc-4/SION LIVE & CLIPS(DVD)【全20曲収録/DVD収録時間 約100分】
<RARE LIVES>
◎1986年2月28日 渋谷ライブ・イン
M01. 風向きが変わっちまいそうだ★
M02. 俺の声
M03. 12月
◎1988年5月29日 汐留PIT
M04. バラ色の千鳥足★
M05. パニック
M06. ノスタルジア★
◎1989年3月2日 NISSIN POWER STATION(音声はモノラル)
M07. もの悲しい風★
M08. こんな大事な夜に★
M09. カーテン★
※★は未発表映像
<STRANGE CLIPS>
M10. 春夏秋冬
M11. サイレン
M12. 元気か?
M13. 水の中にいるようだ
<SION-YAON with THE MOGAMI 2010〜2015>
M14. 住人(SION-YAON 2010)
M15. 遊ぼうよ(SION-YAON 2010)
M16. どけ、終わりの足音なら(SION-YAON 2011)
M17. コンクリート・リバー(SION-YAON 2013)
M18. 月が一番近づいた夜(SION-YAON 2014)
M19. お前の空まで曇らせてたまるか(SION-YAON 2015)
M20. このままが(SION-YAON 2015)

PRIVATE ALBUM
Hello 〜大切な記憶〜 Naked Tracks 9

SION-0011/定価:3,500円(税込)
2016年8月11日(木)発売

【収録曲】
01. 春の陽をあびて
02. 洒落た日々から遠く離れて
03. 大好きで
04. 春よ
05. 今さらヒーローになれやしないが
06. これきりに憧れ
07. 追っつかない
08. デジャビュのあやとり
09. ひとり綱引き
10. Hello 〜大切な記憶〜

Live info.

SIONアコースティックツアー2016
〜SION+Sakana Hosomi & Kazuhiko Fujii〜

【博多公演】11月18日(金)博多 LIVEHOUSE CB
【札幌公演】11月26日(土)札幌 DUCE
【仙台公演】12月3日(土)仙台 CLUB JUNK BOX
【名古屋公演】12月9日(金)名古屋 CLUB QUATTRO
【大阪公演】12月10日(土)大阪 umeda AKASO
【東京公演】12月17日(土)代官山 UNIT