トップ > インタビュー > THE MACKSHOW(Rooftop2016年10月号)

THE MACKSHOW(Rooftop2016年10月号)

第二期の軌跡をたどる選りすぐりのライブ・ベスト

──ニール・セダカの「OH! CAROL」は訳詞ではなく、原詞のままなんですね。

KOZZY:うん。やっぱり誰もが知るスタンダード・ナンバーだけあって、自分たちで演奏して唄ってみてもいい曲だなと思った。非の打ち所がどこにもない。ちなみに言うと、「真っ赤なチェリー」は最初、「チェリー」じゃなくて「キャロル」だったんだよ。でも「キャロル」だと唄いづらかったので女の子の名前を「チェリー」に変えたんだよね。

──「LONG DISTANCE CALL」はMIXアルバムの『DRIVE ME CRAZY3』に新曲として収録されていたものですね。

TOMMY:『DRIVE ME CRAZY3』は全曲1トラックでつながってるし、単品じゃ聴けないからこっちのアルバムにも入れておこうと思ってね。

KOZZY:「LONG DISTANCE CALL」も聴き返してみたらなかなかいいなと思ってさ。

TOMMY:ロスで作った曲だから、向こうならではの勢いがあるよね。

KOZZY:ロスから日本に電話してるイメージで作ったから「LONG DISTANCE CALL」(遠距離電話)なんだよね。

──ライブ・ベスト盤のほうは膨大なライブ音源から精選されたと思いますが、どうやって選曲していったんですか。

KOZZY:最初は歴史を紐解くように、とにかく記憶をたどってね。同じ曲でもテイクが何十ヶ所もあるわけで、そのなかでどのテイクが一番いいのかを選ばなくちゃいけないから大変だった。その時のライブは何年何月のどこでやったものか、どういう構成でやってたか、どういうメンバーでやってたかをすべて確認してさ。残ってる映像があればどんなギターやベースを弾いてたか、どんなドラムセットで叩いてたかまでを確認してね。それによってミックスの度合いも変わってくるから。そんな作業の連続だったので、それはもう気が遠くなるような作業だったよ。トータルで3ヶ月くらいはかかったんじゃないかな。夏前から取り組んでたからね。

──むしろよく3ヶ月でまとまりましたよね。カープの優勝という集中力を欠くサプライズまであったというのに(笑)。

TOMMY:おかげで作業の後半は気が散って仕方なかったね(笑)。

──常にサービス精神旺盛な皆さんのことだから、ファンが喜ぶ選曲を第一に心がけたんじゃないかと思うのですが。

KOZZY:それもあって余計に時間がかかった。各アルバムのメインどころの曲とかライブでいいテイクだった曲を優先したけど、あまりライブでやってない「2分8秒の恋」とかいい感じの曲も入れたかったから。

TMS_0065.jpgTMS_0112.jpg20160429_ms_0075.jpg──とりわけ思い入れのあるライブはどの辺りでしょう?

KOZZY:第二期以降のライブで言えば復活を果たした赤坂ブリッツがやっぱり思い出深いし、順当に考えればこのライブ・ベスト盤に入れるのが筋だと思うんだけど、実は音が録れてなかったんだよね(笑)。

TOMMY:映像は残ってるんだけどね。もしその音が録れていれば、華々しい第二期はこのライブから始まった…みたいな感じで話が膨らむのに。

BIKE BOY:要は出だしからコケてたってことですね(笑)。

──このなかで一番古い音源は、昭和八十五年(2010年)四月の「2分8秒の恋」(広島クラブクアトロ)ですね。

KOZZY:『HERE COME THE ROCKA ROLLA〜情熱のロカ・ローラ〜』を出す前になるのかな。フルマック[with ミッキー・スリム・マック(伊東ミキオ)&フジイ・マック(藤井セイジ)、ピロゥ]でやった時だね。

──昭和八十八年(2013年)四月に行なわれた日本青年館でのライブ・テイクが18曲中6曲と最も多く収録されていますね。

TOMMY:そうだね。やっぱり節目となったライブなので。地元・広島のライブは「2分8秒の恋」と「キャンディー・ゴールド・サンセット〜燃えるサンセット〜」の2曲が入ってるんだけど、「キャンディー〜」は個人的にも好きなんだよね。当時、2、3本やったツアーでしか「キャンディー〜」はやってないから、「ああ、音が残ってたんだ?」と思って。

BIKE BOY:そもそも『CANDY GOLD SUNSET』を出したのが最初の野音の当日だったから、レコ発のツアーをやってないんですよね。だから「キャンディー〜」は余計に貴重なテイクなんですよ。

 

今夜はショウダウン

2016年10月12日(水)発売
SPACE-001/価格:3,700円+税
発売元:株式会社スペースエイジ
LABEL:B.A.D RECORDS UNITED

amazonで購入

【収録内容】
<DISC-1>(スタジオ録音盤)
01. 今夜はShowdown
02. トゥイスティン・ナンバーワン
03. 喜八露留(CAROL)
04. 真っ赤なチェリー
05. あの娘のファラウェイ・アイズ
06. OH! CAROL
07. LONG DISTANCE CALL
<DISC-2>(ライブ・ベスト録音盤)
01. 情熱のロカ・ローラ(S88.4.21 日本青年館)
02. 彼女はフィールグッド(S89.4.13 東京キネマ倶楽部)
03. 狂騒天国(S89.4.13 東京キネマ倶楽部)
04. ノーバディ・ガール(S90.4.12 リキッドルーム)
05. ロックンロール・スルー・ザ・ナイト(S88.4.21 日本青年館)
06. 恋のマジック・ドライヴィン(S88.4.21 日本青年館)
07. 首都高ムーンライト(S88.4.21 日本青年館)
08. いとしのキャンディ・ガール(S88.4.21 日本青年館)
09. あの娘はバタフライ(S90.4.12 リキッドルーム)
10. 消えたサマー・ラブ(S86.12.4 ラフォーレミュージアム原宿)
11. 100メートルの恋(S86.12.4 ラフォーレミュージアム原宿)
12. キャンディー・ゴールド・サンセット〜燃えるサンセット〜(S85.4.7 広島クラブクアトロ)
13. アイスキャンディー・ボーイ(S87.12.9 新宿風林会館)
14. リンカーン・コンチネンタル(S89.4.13 東京キネマ倶楽部)
15. 恋のスピードウェイ(S89.4.13 東京キネマ倶楽部)
16. 2分8秒の恋(S85.4.7 広島クラブクアトロ)
17 熱帯ドライヴ(S86.12.4 ラフォーレミュージアム原宿)
18. 83413(今夜は最高)(S88.4.21 日本青年館)

Live info.

ザ・マックショウ全国ツアー『真夏のショウダウン '91』特別公演
今夜はショウダウン イン 日比谷野音

昭和91年(2016年)10月16日(日)日比谷野外音楽堂
開場 16:00/開演 17:00
前売 5,500円/当日 6,000円(小学生以下無料・中学生以下2,000円)
プレイガイド:チケットぴあ/ローソンチケット/イープラス
チケット販売協力:
《北海道》札幌・PIGSTY(011-868-8658)/札幌・RANSKY(011-688-5161)
《東北》宮城・A DAY(022-723-8302  20:00以降)/福島・ヒローズファクトリー(024-545-8644)/Magical Rocket(024-502-5455)
《関東甲信越》新潟・sexycat(025-222-3830)
《関東》原宿カウンターアクション(03-3423-8227)/足利ミラクルウーマン(0284-41-6647)/熊谷ガレージパラダイス(050-1130-1950)/千葉・SODA POP(047-326-5999)
《東海》CREAM SODA静岡(054-272-7585)/三重・LIVE&CAFE HERO'S(0594-41-5060)/愛知・JBムッシュ(052-823-1933)/JRoyal Master Dress Cafe(0564-21-1770)
《関西》和歌山・K-PLACE(073-482-3123)
《四国》高知・BLUE SKY(088-848-0225)
《中国》広島・GALLERY SPACE 5.15(0829-30-3007)/山口・D.T TATTOO(0836-43-7374)
《九州》福岡・ARTOMIC(092-711-0092)/佐賀・ROCK BAR THE ROOTS(090-4344-2016 ジュリア原)
*当日は全席指定・整理番号順に入場となります。中学生以下の入場ご希望の場合、一旦前売チケット(5,500円)をご購入いただき、コンサート当日に野音キャッシュバック受付コーナーにて差額の3,500円を返金いたしますので、お手数ですが生年月日の分かる身分証明書をご持参ください。
問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888