トップ > インタビュー > OLEDICKFOGGYドキュメンタリー映画『オールディックフォギー / 歯車にまどわされて』公開記念座談会 伊藤雄和×渋川清彦×川口 潤

OLEDICKFOGGYドキュメンタリー映画『オールディックフォギー / 歯車にまどわされて』公開記念座談会  伊藤雄和×渋川清彦×川口 潤

ニュータイプの「ドピュメンタリー」映画!?

──月並みですが、この映画をどんな人たちに見てもらいたいですか。

伊藤:俺は息子に見て欲しいですね。お父さんは昔、格好良かったんだっていうのを知って欲しい。

渋川:勝手に昔の話にしてるじゃねぇかよ(笑)。

伊藤:あと、同じバンドマンには見て欲しいですね。

川口:僕はこの作品をバンド好きじゃない一般の人たちにもアピールするにはどうすればいいのか、ずっと考えてるんですよ。

渋川:そうですよね。バンドマンにアピールするのは簡単だろうし。

川口:自分としては、バンドマンだけに通じる作品にはしてないつもりなんです。だから欲を言えば、子どもとか若い人たちにも見て欲しいんですよ。たとえば高校の授業とかで見てもらえたら嬉しいですね。

伊藤:道徳の授業とかで?

川口:見てもらえるはずないけどね(笑)。でも、学校では教えてくれないことと言うか、こういう生き方や考え方もあるんだっていうのを伝えられると思うんです。

伊藤:ちなみに、俺のなかでは第2作の構想がすでにあるんですよ。タクシーがタイムマシーンになって、いまの俺たちが昔の自分たちに会いに行くっていう。そこでカンフーを教えるんです。昔、『オヨビでない奴!』ってドラマがあったじゃないですか。ああいうのを作りたいですよ。

川口:もし第2作を作るなら、もうドキュメンタリーの部分はなくてもいいよね。

渋川:ああ、全編劇映画で行くんだ?

伊藤:CGとアニメーションを駆使してね。

川口:誰が作るんだよ!?(笑) でも、この作品に刺激を受けて彼らの映画を作る若い人が出てくれば嬉しいですね。

サブ12.jpgメイン.jpg──この映画が大ヒットしたらどうしますか。全部パチンコにつぎ込みます?(笑)

川口:バンドに印税は入るかもしれないけど、監督の実入りなんて微々たるものですからね(笑)。これをきっかけに彼らが売れたら嬉しいですよ。でも、伊藤くんたちは売れてもあまり変わらない気がしますね。

伊藤:変わらないですね。

川口:いずれにせよ、この映画がヒットしないことには第2作はないよね。

伊藤:いや、諦めたら負けですよ。

川口:別に諦めてるわけじゃないよ(笑)。

渋川:地味に作ればやれますよね。

伊藤:タクシーは段ボールで、下から足が出てるのでいいんで。

川口:もし第2作があるなら、その時はKEEくんに一番最初に出てもらいましょうか。

渋川:やりますよ、それはもう。

伊藤:今度は俺役で出て欲しいな。

渋川:お前の役かよ!? ○○をやらなきゃいけないのかぁ(笑)。

川口:実は、KEEくんに言ってもらうセリフをひとつだけ忘れてたんですよね。最後に伊藤くんがいなくなった後に「なんとなく似てるからいいか」って言って欲しかったんです。伊藤くんとKEEくんはなんか雰囲気が似てるので。

──本作は純然たるドキュメンタリーじゃないし、フィクションとノンフィクションのパラレルワールドが楽しめるユニークな映画だから、内容が分かりやすく伝わるようなキャッチコピーが何か欲しいですね。

川口:うーん、何だろう。「ニュータイプのドキュメンタリー映画」とか?

伊藤:ニュータイプ? ニュータッチでもいいですよ。

──それじゃカップ麺ですよ(笑)。

伊藤:「ジャンルを超えたドランク・ムービー」? なんか違うな。「ドキュメンタリー(嘘)」でいいんじゃないですか?

渋川:ドキュメンタリーとフィクションを掛け合わせて「ドキュション」っていうのはどうですか? 「ドキュ」っていう音もなんかいいし。「ドキュ」がアリなら「ドピュ」もいいよね(笑)。…そうだ、「ドピュメンタリー」がいいよ!(笑)

伊藤:いいね、それで決まりだ(笑)。

川口:じゃあ僕は、ドピュメンタリー映画の先駆者ってことで(笑)。そんなんじゃ誰も後に続きませんよ(笑)。
 

映画『オールディックフォギー / 歯車にまどわされて』

【伊藤雄和が敬愛する作家・西村賢太氏よりコメントが到着!】
音楽で人生を棒にふる──かような一途バカも、そのポーズだけなら容易いことだ。
だが実践となるとやはり並大抵の意思でできるものではなかろう。
それをごく自然体に、当たり前のような顔をしてやってのけているこのバンドの面々は、ちょっとこれは……どうにも稀有の、見上げた落伍者たちだ。
      ──西村賢太(芥川賞受賞作家『苦役列車』)

主演:OLEDICKFOGGY(伊藤雄和、スージー、TAKE、四條未来、yossuxi、大川順堂)
出演:渋川清彦、仲野茂(アナーキー)、増子直純(怒髪天)、NAOKI(SA)、TezukaTakehito(LINK13)、HAYATO(CROCODILE COX AND THE DISASTER)、中尊寺まい(ベッド・イン)他
監督・撮影・編集:川口 潤
製作:「OLEDICKFOGGY」映画製作委員会(ディスクユニオン+日本出版販売)
制作:アイランドフィルムズ
エグゼクティブプロデューサー:廣畑雅彦、小松賢志
プロデューサー:広中利彦、近藤順也
©2016 OLEDICKFOGGY Film Partners
ビスタ|ステレオ|カラー|デジタル|99分|2016年|日本映画
宣伝:VALERIA
配給:日本出版販売
8月11日(木・祝)よりシネマート新宿にて公開決定! 以降、全国順次公開!