トップ > インタビュー > 9mm Parabellum Bullet(Rooftop2016年5月号)

9mm Parabellum Bullet(Rooftop2016年5月号)

互いを尊重しながらやりたいことをやる流儀

──こうして素晴らしい作品が完成したので安堵の一言ですが、発表当時から傑作の誉れ高かった『Dawning』以上の作品を生み出さなくてはいけない気負いはありませんでしたか。

中村:あまりそういうことは気にしなかったですね。やりたいこともその時期によって違うし、『Dawning』からだいぶ時間も開いてたし、フレッシュな気持ちで臨めたので。

かみじょう:アルバムごとにメンバーの旬を取り入れてるし、一作ごとにジャンルが違うみたいな捉え方をしてますからね。『Dawning』が宇宙戦争ものだとしたら、今回はファンタジー系みたいな感じで(笑)。もちろんどのアルバムもいいねとは言ってもらいたいですけど、前作と比較してどうこうって感覚はないですね。今回はメンバーそれぞれの個性がより顕著化した作品だし、向かってるベクトルが『Dawning』とは違いますし。

──ここまで来たら、卓郎さん以外のメンバーがボーカルを取る曲がいつ生まれてもおかしくないのでは?

かみじょう:(中村に)唄ってみる?

中村:いや、卓郎さんの仕事を奪うつもりはないです(笑)。

──唄わないまでも、表現の制約みたいなものからはどんどん自由になっているように思えますけどね。

中村:まぁ、新しいことをやっていこうとしていくうちに、自ずとこんなふうになってきた感じですよね。

かみじょう:あとやってないことって何かね? 打ち込みとボイパとゴスペルくらい?

中村:ボイパとゴスペルが絶妙な距離感だけどね(笑)。

かみじょう:ア・カペラもやってないね。そう考えるとまだけっこうあるな。

──仮にア・カペラをやってもちゃんと9mmらしくなりそうなのがいまの9mmの強みだと思うんですよね。

中村:そこは長くやってきて辿り着いた境地なんでしょうね。

かみじょう:自分たちの母体である9mmはこのパワー・バランスでずっとやってきて、そのバランスで活動することしか知りませんけど、いろんなバンドマンと話すとワンマン・バンドってけっこうあるじゃないですか。一音出すにもリーダー格の指示でコントロールされるみたいな。9mmにはそういうのが全然ないし、互いを尊重し合いながらそれぞれがやりたいことをやってるから上手く行ってるんだと思います。

──かみじょうさんいわく「アルバムごとにジャンルが違う」ということで言えば、この先どんなジャンルのアルバムが生まれるかはメンバーすら「誰も知らない」んでしょうね。

中村:可能性の話でしかないので、どうなるかは分かりませんね。言えないんじゃなくて、分からないんですよ。

かみじょう:みんなが出会ってから15年くらい経って、和彦はずっと和彦のままなんだけど、昔の和彦とはやっぱり違うんです。『Revolutionary』なら26歳の和彦が、『Dawning』なら29歳の和彦が出てるし、その時々で違うものが出るのは当然なんですよね。

中村:その時々でやりたいことを刻み込んで、その時々のバンドの姿を切り取ったものですよね。アルバムってそういうものだと思うし。

かみじょう:アルバムでやってることはその時々で違うし、一枚のアルバムのなかでいろんなことをやってるし、自分たちでも面白いですよ。それまでギャルソン着てたのがいきなりゲスパン穿いちゃうみたいなノリだし(笑)。

──今年の9月9日、9mmの日はまた面白い計画があるんですよね?

中村:現時点ではまだ何も言えませんね。

かみじょう:ついに東京ドームでライブかな?(笑)

──日本武道館でのライブも計3回成し遂げたことだし、ライブをやってみたい会場も限られてきたんじゃないですか。

中村:でも武道館は何回やっても感動するし、ただ大きな会場っていうだけではないものがあるので、この先もやれるなら何度でもやりたいですね。全然話が変わっちゃうんですけど、この間、友人と呑んでいて、電車のなかでいきなりギターを弾いて唄い出した人を見たらしいんです。その話を聞いて、電車のなかでライブをやってみたいなと思ったんですよ。どうやって見るんだろうって話ですけど、そういう変わった場所でライブをやれたら面白いですね。

かみじょう:僕はもっとでかい場所でライブをやれるようになりたいですね。自分が生きてるうちにどんどん上に行きたいし、富も地位も名誉もどんどん潤沢になればいいと思ってるので(笑)。そうじゃないと生きてて面白くないし、羽生結弦みたいに努力して世界へ羽ばたいている人を見ると自分も頑張ろうって気になるんですよ。せっかくこうして表舞台に立ってる以上、もっと輝く存在になって下々にモチーフを与えたほうがいいと思うんです。…なーんて、大口叩いちゃってすみません。常に時代の最先端で生きていたいモダンでドリーミンなシティボーイなもので(笑)。

9mm_6th_al_a_main.jpg

6th Album
Waltz on Life Line

初回限定盤(CD+DVD):COZP-1155〜6/3,800円+税
通常盤(CD):COCP-39538/2,800円+税
アナログ盤:COJA-9304/3,800円+税(初回生産限定)
2016年4月27日(水)発売

amazonで購入

【通常盤】
[CD]
01. 生命のワルツ
02. Lost!!
03. 湖
04. Mad Pierrot
05. 反逆のマーチ
06. ロンリーボーイ
07. Kaleidoscope
08. Lady Rainy
09. ダークホース
10. 誰も知らない
11. 火祭り
12. モーニングべル
13. 迷宮のリビングデッド
14. スタンドバイミー
15. 太陽が欲しいだけ

【初回限定盤】
[CD]
通常盤同様
[DVD]
◆QUATTRO A-Side Single『反逆のマーチ/ダークホース/誰も知らない/Mad Pierrot』Release Party at SHIBUYA CLUB QUATTRO 2015.09.09
01. 荒地
02. Invitation
03. Mr.Suicide
04. Mad Pierrot
05. 黒い森の旅人
06. Trigger
07. Mr.Brainbuster
08. 悪いクスリ
09. 反逆のマーチ
10. Punishment
◆ゲリラライブ at TOWER RECORDS SHIBUYA 2015.09.09

Live info.

9mm Parabellum Bullet LIVE 2016 “Waltz on Life Line” at 日比谷野外大音楽堂
6月19日(日)日比谷野外大音楽堂[東京]
OPEN 17:00/START 18:00
前売 4,500円(税込)
問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888

9mm Parabellum Bullet TOUR 2016 “太陽が欲しいだけ”
6月24日(金)酒田 MUSIC FACTORY[山形]
6月26日(日)青森 Quarter[青森]
7月9日(土)長野 CLUB JUNKBOX[長野]
7月10日(日)富山 MAIRO[富山]
7月12日(火)京都 磔磔[京都]
7月13日(水)松阪 M'AXA[三重]
9月18日(日)熊本 B.9V1[熊本]
9月19日(月・祝)福岡 DRUM LOGOS[福岡]
9月21日(水)松山 W studio RED[愛媛]
9月22日(木・祝)高松 オリーブホール[香川]
9月30日(金)広島 CLUB QUATTRO[広島]
10月2日(日)米子 AZTiC laughs[鳥取]
10月8日(土)Zepp Sapporo[北海道]
10月10日(月・祝)Zepp Tokyo[東京]
10月16日(日)Zepp Nagoya[愛知]
10月22日(土)仙台 PIT[宮城]
10月30日(日)Zepp Namba[大阪]