トップ > インタビュー > 中島卓偉(Rooftop2015年6月号)【完全版】

中島卓偉(Rooftop2015年6月号)【完全版】

昨年、デビュー15周年を迎えた中島卓偉が、新宿LOFTでの初の対バン・イベントを開催!
初日の5月22日に椎名慶治との2マン・イベントを大成功で収め、このまま6月、7月へと突き進んでいく。
"熱い男"の代名詞が似合う中島卓偉が、その内面を、そしてイベントを開催する想いをぶちまけてくれた!!
 (interview:河西 香織/新宿LOFT)

熱くなれる部分の反面、実はとてもドライな面も!?

——まずは卓偉さんの経歴について質問させて下さい。卓偉さんが音楽を始めたのはいつ頃ですか? 
卓偉:2つあって、エレキギターを持った中学校1年生の13歳の時と、“歌でやるんだ”と決めて、夢を掲げて上京して来た15歳の時ですね。
——13歳でギターを始めた時はボーカルもやってたんですか?
卓偉:やってなかったです。いきなり最初からボーカリストになろうっていうんではなくて、和音が出るからギターいいなって思ったんですよね。
——憧れのギタリストはいたんですか?
卓偉:そういうギターヒーロー的な人はいなくて、当時MTVが放送され始めたばっかりで、MTV JAPANとかに分かれてなくて、ひたすらPVが垂れ流しになってるところで、ピストルズ(Sex Pistols)の『Pretty Vacant』っていう曲を見て、「ギター弾いてみてーな」って。スティーヴ・ジョーンズ(Sex PistolsのGt)とかジョニー・ロットン(Sex PistolsのVo)とかシド・ヴィシャス(Sex PistolsのBa)がどうこうとかっていうんではなくて、ひとつの集合体としてピストルズとかクラッシュ(The Clash)が格好いいと思ったんです。ジョー・ストラマー(The ClashのVo&Gt)はギター・ボーカルで、ジョニー・ロットンはギターを持ってませんが、何となくギターを弾きたいっていう衝動に駆られたんですよね。
——そう言えば、私が学生の頃、ギタリスト率が多かったです。
卓偉:あぁ、今でもそうでしょうね。
——音楽を始める最初として入りやすいですよね?
卓偉:そうですね。僕は、それ以前にビートルズ(The Beatles)が好きで、ただ唄うだけではなく、自分で和音を出して弾いて唄いたいっていう感覚でしたね。ギターソロとかを弾きたいと思ってギターを手にしたわけではないっていうのが大きな違いなんですよね。ギターヒーローの子たちは、ソロやこのフレーズを弾きたいっていうのがあると思うんですけど、そういうのはさらさらなくて。そういうスタートでしたね。 
——15歳の時にボーカルをやろうと思ったきっかけは何ですか?
卓偉:きっかけは、中1の時は自分でちまちまギターを練習していて、中2ぐらいの時に何となく学校の人間同士で集まってバンドをやるかってなった時に、サイドギターでハモってたんですけど、ボーカルが究極にド下手で。主旋をちゃんと唄ってくれないから、ハモってもハモれない感じだったんですね。で、結局、バンドをもうちょっとちゃんとやるために作り直すかってなった時に、「ボーカルやるわ」って感じで、その時はもうギターを持たないイメージでしたね。中3の時に文化祭でZIGGYのコピーを唄った時に、それまで美容師にもなりたいって思ってたんですけど、「いやー、人の髪の毛を切ってる場合じゃねーな」って。何かできるかもしれないって思ったんです。その時は曲を書いてたりもしたんですよね。
——中3でオリジナルって、早いですね。
卓偉:そうですね。結構浮かぶものがあって。勉強もできないですし、受験とかもせずに自分を信じて上京しようかなって。
——凄いですね。中3の時に上京ってなかなか行動に移せないですよね。
卓偉:今思えばね〜。親戚の子どもや、俺と同い歳でも早く結婚してる人からもうすぐ子どもが高校受験だとかって話を聞いて、その子に会ったりすると、「いやー、こんな歳で決断したか!」って、やっぱ思いますけどね。思うんですけど、当時の自分の心境を考えると、いろいろ家庭環境もあったんでしょうけど、義務教育じゃなくなるわけじゃないですか、高校って。これは凄く自分にとってはでかくて。悪いことをしてるわけじゃないですけど、何か怒られることがあったり、先生に対しても因縁をつけられたら、反抗したところで辞めなきゃいけなくなる。で、行くんだったら、途中で辞めるのとかは嫌なんですよね。義務じゃないんだったら、行く必要があるのかって思って。そういうのは結構ドライに中学校2、3年の時に考えてたんですよね。やりたくないんだったら、勉強しに行ったってしょうがないんじゃないかって。そういう淡白な子どもでしたよね(笑)。
——(笑)いやー、でも決断力が凄いですよね。やっぱり卓偉さんは熱い方だなって思いました。
卓偉:いやいやいや、違うんですよ。僕ね、よく熱い人って言われるんですけど、半分は実はドライなんですよ。物凄く冷めてる部分もあるけど、自分が熱くなれる部分だけを人に見られてるような気がしますね。たとえば、ロック好きです、歌やるんです、夢があったんです、ってみたいなところって、まぁ熱いじゃないですか。そこだけをフォーカスを当てられてると確かに熱いヤツなんですけど、そこを熱く思う分、自分にとって関係ないって言われているところに関しては、もうすっごい冷め切ってる子どもだったんですよ。本当にちっちゃい時から。学校で教えてくれることも、自分にとってYES、NOがはっきりしてたもんで、こんなのを聞いていても身になんねぇって思う話は聞く耳を持たなかったですし。自分自身に対して熱くなれるものとかは強く(関心を)持てるんですけど、興味がないものに関しては「はっ、何?」みたいな感覚でしたね。共感できるものとできないものも凄い区別がはっきりしていて、そういう子どもでしたね。
 
1.jpg
 
中島卓偉 15th ALBUM
「煉瓦の家」

EPCE-7108/定価:2,778円+税
Now On Sale!!

amazonで購入

Live info.

TAKUI NAKAJIMA Respect. insideout
〜supported by SHINJUKU LOFT〜
【日程】
・2015年5月22日(金)
・2015年6月16日(火)
・2015年7月22日(水)
【会場】
新宿LOFT
【時間】
OPEN 18:30/START 19:00
【チケット】
前売り 4000円/当日 未定(共にD別)
※未就学児童入場不可
【出演】
中島卓偉 [musicians] Guitar生熊耕治/Bass鈴木賢二/Drums石井悠也
・ 5.22出演:椎名 慶治
・ 6.16出演:ALvino
・ 7.22出演:BULL ZEICHEN 88
【チケット発売】
・LOFT店頭
・ぴあ(6.16…P:260-232/7.22…P:260-233)
・ローソン(6.16…L:75368/7.22…L:75371)・e+にて発売中!
【キャッシュバック学割有り!】
入場時、学生証提示で500円キャッシュバック学割有り!
・ 小学校、中学校、高等学校、短期大学、大学、高等専門学区(高専)、専修学校に在籍の方は、会場にて500円キャッシュバックいたします。
・ 小学生以外の方は学生証を、小学生は年齢を証明できるものをご持参下さい。
・ キャッシュバックは当日、会場に来られた方に限ります。
・ 当日、学生証をお持ちにならなかった方へはキャッシュバックはいたしません。
【企画・制作】
ジェイピィールーム株式会社/SHINJUKU LOFT
【後援】
BEAT&LOOSE/アップフロントワークス
【問い合わせ】
DISK GARAGE 050-5533-0888(weekday12:00〜19:00)