トップ > インタビュー > 「山田くんと7人の魔女」柴 宏和(アニメーション・プロデューサー)×宅野誠起(アニメ監督)(Rooftop2015年5月号)

「山田くんと7人の魔女」柴 宏和(アニメーション・プロデューサー)×宅野誠起(アニメ監督)(Rooftop2015年5月号)

 『週刊少年マガジン』で好評連載中の人気作『山田くんと7人の魔女』(以下、『やまじょ』)が待望のアニメ化。原作者である吉河美希先生が描く明るい世界観を見事に表現している今作はどのような現場で生み出されているのかを、制作現場の先頭に立つ2人に直撃インタビュー。[interview:柏木 聡(Asagaya/Loft A)]

学園生活は楽しいということを描く

──最初に『やまじょ』アニメ化のきっかけを伺えますか。
柴:『週刊少年マガジン』で第1話が掲載されたのを読んだ時、キャラクターも凄く良くてお話も面白いので、すぐにこれをアニメ化したいと思ったんです。ドラマが放送されている時期にPV第1弾が発表されたので、世間的にはドラマのほうが先行しているように思われていますが、映像化したいと言ったのはアニメが先なんですよ(笑)。
宅野:私は最初、『転校生』のような入れ替わりもので、古典的だけどキャラも粒立っていてお話も面白いなと思いました。最初のPVはドラマ撮影が始まるよりも先に作っていたんです。
柴:アニメ化が決まっていなかったので、コミック販売促進用ということで作りました。
──そうなんですね。私もドラマのほうが先だと思っていました。アニメ化の際に吉河先生から何かリクエストはあったんですか。
柴:ご挨拶に伺った時に、宅野さんが「この作品で大事にしているところは何ですか?」と尋ねたところ、「学校生活は楽しいということを大事にしています」と仰っていました。
──PVの吉河先生の感想は如何でしたか。
宅野:吉河先生の事務所にお伺いした時、全シーンをプリントアウトしたものが壁にバーっと貼られていたので喜んでいただけたんだと思います。嬉しかったですね。
──放送開始されたアニメも、原作の持つ学校生活の楽しさが上手く出ていて凄く評判がいいですよ。
柴:それは宅野さんの絵コンテの良さからですね。
宅野:脚本がいいからですよ(笑)。
──どういった経緯で宅野さんに監督をお願いされたんですか。
柴:宅野さんが3年先輩という先輩・後輩の間柄なんです。以前の会社でも一緒に仕事をしていて、今回是非と考えていたので、最初に『やまじょ』に誘いました。
──キャラクターが多い作品なので、上手くストーリーに絡めるのは難しいのかなと思いますが、どのような点に気をつけていますか。
宅野:キャラが増えていくと深く描くのが難しくなってくるので、シーンが少なくても印象的に描けるよう気をつけています。キャストの皆さんは凄く演技が上手い方ばかりなので、助けられています。
──入れ替わりがあるので1人で複数のキャラを演じるわけですが、キャストのみなさんの演技はどうですか。
宅野:PVの頃から山田竜役の逢坂(良太)さん、白石うらら役の早見(沙織)さんはモノにされてました。宮村虎之介役の増田(俊樹)さんは低音ボイスなのでオカマっぽい凄い面白い演技になっています(笑)。
柴:本人はオカマを演じている気はないと思いますけどね(笑)。
──監督から演技指導をされているんですか。
宅野:皆さん演技派ばかりなので、そのままで面白くなるようにしていただけています。
柴:アフレコ現場が高校の昼休みのワイワイしたような感じなので、それがいいのかもしれないですね。
──キャストのみなさんの演技から影響を受けることもあるんですか。
宅野:メインキャラではないんですが、亀田満と鶴川秀明という漫画研究部の2人を演じていただいている小野(友樹)さんと杉田(智和)さんのアドリブが面白くて、どうしても出演が増えてしまいますね(笑)。
 

細部までこだわって描く

──キスも重要な要素ですが、どういった点に気をつけていますか。
宅野:作品のウリとなる部分ですから、丁寧にやっていこうとスタッフとも話しています。キスの描き方マニュアルというのをスタッフが見つけてきてくれたので、それを共有してます。たとえば鼻がぶつからないように顔を傾けるなど、忘れがちな部分に気をつけて描いてもらってます。
──確かに絵だと忘れがちになってしまう部分ですね。
柴:原作は凄く細部まで描かれている作品なので、そこも再現できるように気をつけています。たとえばですけど、学校の机にはフックがあるじゃないですか。それを省略したほうがいいんじゃないですか? と宅野さんに言ったら、「原作ではこのフックひとつにも神経を注いで描かれているから、こういうところもちゃんと描くのが大事なんだ!」と力説されて、本気なんだと思いました。
宅野:言いましたね、忘れてました(笑)。
柴:忘れてたの!? あなたが取るなって言ったからひとつひとつ描いてもらってるんですよ。
宅野:原作を読んだ時に細部までこだわって描かれている作品だと感じたんです。キャラクターごとに小物を変えてモブキャラも細部まで描き分けていらして、そこも魅力だと感じたので、そういった点も表現できればと思っていました。
──そうなると現場は大変ですね。
宅野:言った本人も忘れていたくらいですから、それが通常になっていますね。スタッフのみんなにはとても助けられています。
 
Blu-ray/DVD BOX
山田くんと7人の魔女 BOX 上巻

【Blu-ray BOX】ASBDP-1159/定価:20,000円+税/2015年8月26日発売
【DVD BOX】ASBP-5913/定価:16,000円+税/2015年8月26日発売

amazonで購入

山田くんと7人の魔女(17)

著者:吉河美希/講談社 刊
2015年5月15日(金)発売
【通常盤】定価:本体429円+税/ISBN:978-4-06-395396-1
【DVD付き限定版】定価:本体3,426円+税/ISBN:978-4-06-358726-5

amazonで購入

Live info.

テレビアニメ『山田くんと7人の魔女』魔女に裏話を聞いちゃおう!イベント
出演:宅野誠起(アニメ監督)、タカオユキ(猿島マリア役)、田澤茉純(西園寺リカ役)、牧野由依(大塚芽子役)
2015年5月30日(土)Asagaya/Loft A
OPEN 18:00/START 19:00
チケット価格:前売 3,000円(飲食代別)
前売券はローソンチケットにて発売中(Lコード 33062)
問い合わせ:Asagaya/Loft A 03-5929-3445