トップ > インタビュー > 『MAD FREAKS FROM DARKISM』開催記念特別対談 HIROSUKE(BALZAC)×ガラ(MERRY)

『MAD FREAKS FROM DARKISM』開催記念特別対談 HIROSUKE(BALZAC)×ガラ(MERRY)

ホラーパンクの雄として確固たる地位を築き上げ、近年では海外でのリリースとツアーも旺盛なBALZAC。ヴィジュアル系を出自としつつも、その枠に収まり切らない自由奔放なスタンスで躍進を続けるMERRY。以前から盟友関係にあることが広く知られている両者が、カップリング・ツアー『闇夜の狂騒カーニバル』以来4年振りとなる共同主催のライヴ『MAD FREAKS FROM DARKISM』を12月3日(土)に新宿LOFTにて行なう。これを記念して、BALZACのHIROSUKEとMERRYのガラという両バンドのブレーンに共演の意義と意図、DIYに基づく創作活動の根源にあるもの等、心を許し合う両者ならではの興味深いエピソードをざっくばらんに語ってもらった。(interview:椎名宗之)

『闇夜の狂騒カーニバル』初日の“奇襲攻撃”

──今度のLOFTでの2マンは、『闇夜の狂騒カーニバル』と題したカップリング・ツアー以来4年振りの共演と相成るわけですけれども。

HIROSUKE:ガラ君が「何か一緒にやりましょう」とずっと言い続けてくれて、僕も「是非やりたいね」と答えていたんですけど、何だかんだと機を逃してしまって。今回はちょうどいいタイミングでお互い年末のスケジュールが合ったので、年内にやってしまいましょうかという感じで決まりました。

ガラ:BALZACは僕自身大好きなバンドだし、ずっとラヴ・コールを送り続けていたんです。普段からよく音も聴かせてもらってますしね。『闇夜の狂騒カーニバル』の時にBALZACと一緒にライヴをやらせて頂いて僕らのファンも喜んでましたし、BALZACのファンの方からも「また一緒にやって下さい」という声をかなり頂いたので、また是非一緒にやりたかったんです。今年は僕らが結成10周年なんですけど、去年の10月がSHOCKERのオープン10周年だったんですよね。だから去年くらいから何か一緒にやれないかとHIROSUKEさんに打診していたんですよ。

HIROSUKE:前回の『闇夜の狂騒カーニバル』も面白かったよね。博多の打ち上げとか(笑)。

ガラ:ああ、路上で若者がケンカしていましたよね(笑)。車から引きずり下ろして、車を蹴りまくったりして。

HIROSUKE:あったね、何かいろいろと。やっぱり気心も知れているし、凄く楽しかったですよ。MERRYとは以前からイヴェントで一緒になることが多くて、いつか2バンドでツアーを回りたいと思っていたんです。ただ、『闇夜の狂騒カーニバル』の時はMERRYに初日からいきなりガツンとやられちゃってね。と言うのも、MERRYが僕らに内緒でBALZACのカヴァーを披露してくれたんですよ。もうアッチャー! と思って。そんな仕込みをしないでよ! っていう(笑)。あれ? 何か聴いたことがあるなと思ったら、僕らの「IN YOUR FACE」という曲をMERRYがやっていて。これは僕らもやらなくちゃマズイなと思って、最終日までに練習したんですよ。最後は東京で、その時は僕らもMERRYのカヴァーをやったんです。MERRYは1曲だったから、僕らは対抗して2曲やろうと。それでプラマイゼロにしてもらおうと思って(笑)。

ガラ:僕らはBALZACとのツアーが純粋に楽しみだったし、何かサプライズを用意したかったんです。それでBALZACのカヴァーをやるという奇襲攻撃に出ようと(笑)。

HIROSUKE:しかも、リハでもやらないんですよ。そりゃ面喰らいますって(笑)。

ガラ:自分たちが大好きなバンドと一緒にライヴをやるのは刺激がいつもと違いますし、ヘタなところを見せられないですし、BALZACとやる以上は普段できないことをやりたかったんですよね。お客さんも含めてみんなが楽しんでいたツアーだったと思います。個人的に思い出深いのは、HIROSUKEさんに各地のレコード店にたくさん連れて行ってもらったことですね。

HIROSUKE:そんなこともあったね(笑)。

ガラ:HIROSUKEさんは大変なレコード・コレクターですから。その時にかなりの枚数のレコードを買いましたね。あの時以来、レコードは買ってないです(笑)。

──『闇夜の狂騒カーニバル』をやったことで、互いのファンがクロスオーヴァーすることもあったんですか。

HIROSUKE:MERRYのファンの人たちは僕らのことを温かく見てくれたこともあって、声を掛けてくれる人も多くなりましたね。僕らがやっているSHOCKERという店にMERRYのファンの人たちがよく遊びに来てくれるようにもなったし。

Live info.

MERRY×BALZAC presents『MAD FREAKS FROM DARKISM』
2011年12月3日(土)東京:新宿LOFT

OPEN 18:00/START 18:30

【チケット】
前売り 3,300円(ドリンク別500円)/当日 3,800円(ドリンク別500円)
SHOCKER限定Tシャツ付き先行チケット 4,500円(ドリンク別500円)→完売/販売終了

【前売りチケット】
ローソンチケット(Lコード:74321)
チケットぴあ(Pコード:151-936)
e+ http://eplus.jp
SHOCKER(店頭)06-4390-8869
SHOCKER(web store)http://shocker.ocnk.net
新宿LOFT 03-5272-0382

【問い合わせ】
新宿LOFT 03-5272-0382