トップ > インタビュー > MAMORU & The DAViES

MAMORU & The DAViES

ワタナベマモルは言行一致のロックンローラーである。有史以来脈々と受け継ぐロックンロールのDNAを身に宿し、ダルでルーズでいてソリッドで真に迫るギターを掻き鳴らす。そして"くだらないレッテルをはがそう""つまらない常識を変えよう"と老若男女問わず平易な日本語を心地好いメロディに乗せて唄う。小難しいことは何一つ唄わない。ありふれた日常を蹴飛ばすようにありふれた言葉で今の気分をありのまま唄い上げる。
"MAMORU & The DAViES"名義の音源としては新録ベスト・アルバム以来2年振りとなる『MEXiCO MONK〈メキシコ・モンク〉』でも、彼の気負わず背負わず柳に風とばかりの飾らぬ佇まいは変わらない。そこに在るのは、何も足さない、何も引かない、純真な男が奏でる純度120%の純正ロックンロール。時には"バクダンよりオレにはたくあん"という思わず脱力してしまうようなフレーズが織り込まれたりとユーモアも忘れないし、時にはぶっきらぼうな男が照れくさそうに囁く愛の言葉や無垢な少年時代の追憶が綴られるなどロマンティシズムにも溢れている。
ロックンロールしかできない、ロックンロールしかやりたくない男が唄うロックンロールは一切のブレがないから分厚い鉄のような世の中の欺瞞も虚偽も偏見も容赦なくデタラメに射抜く。さぁ、ゴキゲンなヘイル!ヘイル!ロックンロールを聴いてつまらない常識を変えよう。(interview:椎名宗之)

いつも物事に理由なんてない

──ここ数年はDAViES名義だったりソロだったり、コンスタントに作品を発表する好調なペースが続いていますね。

ワタナベマモル(以下、M)一年に一枚アルバムを作るのが一番の目標ですからね。そういうふうに設定すると、決まった時期までに曲を作らなくちゃいけないじゃないですか。そうするとね、ちゃんとできちゃうんですよ。期限がないと多分ずっとできない。ただ、ぼちぼち曲のストックもなくなってきたから、次のアルバムを作る時は早い段階から曲作りに入らないと年一は大変かもしれない。

──今回、DAViESとしてアルバム作りをしたのは、去年ソロ名義で『SESSiONS〈セッションズ〉』を発表したことの揺り戻しからですか。

M:いや、去年ソロで出したのも別に大した理由はないんですよ。いつも物事に理由なんてないから、“このアルバムはひとりでやろう”とか“今年はバンドでやろう”とかいうのはない。今回はたまたまバンドでやるような曲がいっぱい残ってたぞ、っていうだけで。

──バンド向きの曲とソロ向きの曲という区分けはあるものなんですか。

M:特に意識してるわけじゃないけど、明らかにバンドではやりにくい曲はありますよね。『SESSiONS〈セッションズ〉』には何曲かそういうのがあった。僕はひとりで弾き語りのツアーもやってるから、“これは弾き語りでやったほうがいいな”って曲がある一方で“これはいくら何でも弾き語りじゃムリだろ”って曲もある。両方行ける曲もあるんですけどね。まぁ要するに、弾き語り向きの曲が増えたらソロで一枚作ろうかな、っていう程度の話ですよ。基本的に何も考えてないんで(笑)。

──今回のレコーディングはほぼ一発録りに近い形だったんですか。

M:そんなこともないです。いろいろと試行錯誤しましたよ。

──バンドならではの掛け声やコーラスが随所に散りばめられていて、『ハードレイン』にせよ『ロマンス』にせよ『星空ブレイクダウン』にせよ、どの曲にも流麗なコーラス・ワークが組み入れられているのが本作の大きな特徴のひとつなのかなと思いまして。

M:うん、そこは結構頑張りました。コーラスを頑張ろうっていうのが今回のアルバムを作る上で大きな目標で、そこをどこまでできるかが課題だったんですよね。実際、コーラスが一番時間が掛かって、途中でイヤになりました(笑)。3人で一緒にコーラスをやると、誰かひとりがズレてたりとかしてね。でもそこはしっかりやるつもりだったから、夜中にみんなで集まって5、6時間連続でやったりもしました。

──コーラス以外にも課題点はあったんですか。

M:うーん、他は特に。いつもと同じですね。コーラスだけは頑張ろうと思いましたけど。

──音の重ねが過不足なく、とても丹念だなと思ったんですよ。たとえばアコースティック・ギターを基調とした『野球場へ行こう』は緻密にエレキ・ギターが重ねてあったりして。

M:まぁ、曲によってはね。それもダビングしていく時の思い付きなんですけど。

──その辺は後からマモルさんがプライヴェート・スタジオで適宜に音を付けていくんですか。

M:うん。最初は入ってたリズム・ギターを捨てて、上手く弾けるわけじゃないけど僕が弾いたピアノをメインにした曲とかもあるんですよ。そっちのほうが良かったんで。

──ビートルズの『Strawberry Fields Forever』のイントロっぽいフレーズが頭に入っている『少年ロック』ですね。

M:そうそう。あれは最初エレキでコードを弾いてあったんだけど、どうなるか判らないけどやってみようと思って。僕のヘタな演奏も、MIDI録音なら生っぽい音で上手に演奏してるように直せるんですよ(笑)。ああいう『Strawberry Fields〜』っぽいメロトロンのソフトがあるんですよね。

──エレキ・ギターからメロトロンになったというのは、曲自体劇的な変化ですよね。

M:ちょっと面白かったです。最初の『少年ロック』はギターがメインだったから、他の曲とトーンが割と似てたんですよ。そのギターを抜いてワウのギターだけにしちゃったら面白いことになった。

──この『少年ロック』だけサイケな味付けになっていますしね。

M:そうなんです。そういうふうにしたかったんだけど、何せピアノで曲を作らないですから。最初はどうしてもギターが入ってるからサイケのイメージとは程遠かったんですよね。だから、ピアノをメインにしてみるのもいいなと思って。ライヴじゃできないけどね、誰もピアノを弾けないから(笑)。

──『少年ロック』は少年時代に出会った魔法のレコードに胸をときめかせながら不安と夢を抱いて旅立っていくという歌詞がとてもロマンティックで、あの幻想的な音色にぴったりですよね。

M:そうすかね(笑)。

──ちょっとストーンズの『She's A Rainbow』っぽいニュアンスもあって。

M:うんうん、確かに。

MEXiCO MONK

01. 森へ行こう
02. ハードレイン
03. マボロシ
04. 野球場へ行こう
05. ロマンス
06. キャデラック4号
07. ドロ沼天国
08. もっともチンケな愛のウタ
09. 少年ロック
10. 素敵なダンス
11. 星空ブレイクダウン
MAGIC TONE RECORDS / ROLLER★KING MAGI-0006
2,625yen (tax in)
2011.9.07 IN STORES

amazonで購入

Live info.

MAMORU & The DAViES 〜MEXiCO MONK発売ワンマン・ライブ〜
2011年10月2日(日)下北沢 SHELTER

OPEN 18:30/START 19:00
前売¥2,500/当日¥3,000(共にドリンク代別)
問い合わせ:SHELTER 03-3466-7430

ワタナベマモル弾き語りライブ 〜MEXiCO MONK発売ツアー〜
9月3日(土)いわき burrows
9月10日(土)甲府 HARPER'S MILL
9月19日(月・祝)福井 velvet
9月23日(金・祝)浜松 ZOOT HORN ROLLO
9月24日(土)清水 Bear's(チャージ投げ銭)
9月25日(日)伊勢 bamboo bar
10月11日(火)小倉 UN
10月13日(木)島根県太田市スナック ながいかいだん
10月14日(金)倉敷 蟲文庫
10月29日(土)小田原 ジーズキャフェ
11月3日(木・祝)水戸 90EAST
11月4日(金)高円寺 彦六
11月11日(金)北千住 cub
11月26日(土)土浦 バージミヘン
12月8日(木)新宿 JAM
12月14日(水)小樽市立文学館
12月16日(金)札幌 フライアーパーク
12月17日(土)北見 夕焼けまつり
12月18日(日)恵庭 Mojo Hand
12月20日(火)弟子屈町 辻谷商店
12月21日(水)釧路 Gasoline Alley
12月23日(金・祝)前橋 Cool Fool
12月25日(日)下北沢 BAR CCO(ワンマン)

MAMORU & The DAViES 〜MEXiCO MONK発売ツアー〜
9月4日(日)郡山 CLUB#9
9月11日(日)本八幡 3rd STAGE
9月17日(土)新潟 WOODY
9月18日(日)伊那 GRAMHOUSE
10月8日(土)山口湯田温泉 Organ’s Melody
10月9日(日)博多 エキマエ音舗
10月10日(月・祝)宮崎 floor
10月15日(土)十三 FANDANGO
10月16日(日)金沢 Minichael's Cafe
10月22日(土)京都 拾得(ワタナベマモル&ヒコーキーズ)
10月23日(日)京都府与謝野町 道の駅内カレン(ワタナベマモル&ヒコーキーズ)
11月5日(土)仙台 enn3rd
11月6日(日)福島 AREA559
11月12日(土)米子 ONE MAKE
11月13日(日)出雲 APOLLO
11月19日(土)神戸 BACK BEAT
11月20日(日)名古屋 HUCK FINN(ワンマン)
11月23日(水・祝)静岡 Sunash
11月27日(日)横浜 CLUB LIZARD
12月3日(土)新宿 club Doctor
12月4日(日)岐阜 CLUB ROOTS
12月10日(土)函館あうん堂
12月11日(日)小樽 GOLDSTONE
12月12日(月)札幌 SUSUKINO 810