トップ > インタビュー > 中島卓偉

中島卓偉

今年3月にシングル『ユラリユララ』を発表した後はアコギ・ツアー"一人フラリフララお前に途中下車!"を約1ヶ月半にわたり断行するなど精力的に活動を続けている中島卓偉がおよそ6年振りに新宿LOFTへ還ってくる。それも"男子限定GIG"という一風変わった趣向のプレミアム・ライヴでだ。その端正な風貌と相反するように武骨で男らしい彼が市松模様のステージで魅せる迫真のライヴが一体どんなものになるのか、リハーサルを目前に控えた本人を直撃した。(interview:椎名宗之)

旧LOFTは僕の青春

──卓偉さんが新宿LOFTに出演するのは“BEATSONIGHT! Vol.5”(2005年9月6日)以来ですよね。

卓偉:そうですね。それ以前は小滝橋通りにあった頃のLOFTにしか出たことがなくて、6年前に出たのは歌舞伎町へ移転してから初だったんです。僕の青春は旧LOFTだったんですよ。

──旧LOFTに出演したのはソロ活動の初期ですか?

卓偉:いや、バンド時代です。昼の部のオーディションを兼ねたライヴで、店が立ち退きになる1、2年くらい前の時期でした。“KEEP the LOFT”というLOFTの存続を訴えたイヴェントもやってましたよね。

──よくご存知で。LOFTを愛する数多くのバンドマンが集まって、'94年7月に日比谷野外音楽堂で“KEEP the LOFT 〜で で で 出てけってよ〜”という大掛かりなイヴェントをやったんですよ。卓偉さんはお客さんとしてもLOFTへ足繁く通っていたそうですね。

卓偉:一番よく見たのはライダーズでしたね。あとはスター・クラブとかニューロティカとか、ジャパニーズ・パンクばかりで。

──卓偉さんを「自慢の後輩」と呼ぶ森重樹一さん率いるジギーをご覧になったことは?

卓偉:ギターの松尾宗仁さんが復帰した時にジギーを名乗らずにキング・オブ・ジプシーズという名前でシークレット・ライヴ・ツアーをやったことがあって、それは見に行きましたね。

──やはりLOFTの市松模様のステージには格別の思い入れがありますか。

卓偉:もちろん。LOFTと言えばあのステージの模様がイメージとして強いですから。LOFTの20周年を記念したイヴェントが日本武道館であったじゃないですか。遠藤ミチロウさんからスピッツまで錚々たる面子が出演して。

──“ROCK OF AGES 1997”ですね。スピッツはミストラルというLOFTにあったインディーズ・レーベルからCDを出したことがあるんです。

卓偉:そうでしたよね。その武道館のイヴェントは2階席の一番後ろのほうで見たんですけど、その時もステージがちゃんと市松模様だったし、LOFTと言えばあのイメージですね。僕にとっては歴史の重みを感じるライヴハウスです。

──そんなLOFTで“男子限定GIG”という趣向を凝らしたライヴを断行されるわけですが、こうした一風変わったライヴは今まであまりなかったですよね。

卓偉:以前から男子限定でライヴをやろうとずっと考えていたんですが、今回ようやく実現できることになったんです。僕のライヴは男性客も多いし、男子限定のライヴをシリーズ化できたらいいなと思って。

──“Real Hot Bollocks!”というタイトルも面白いですよね。セックス・ピストルズかい!? っていう(笑)。

卓偉:そうなんですよ。判るヤツには判るって言うか、“コイツ、判ってるんだな”って思えてもらえたら嬉しいですね。あと、男だけの初めてのライヴということで“Cherry”って言葉を使ってるんですけど(笑)。当日に販売するTシャツも、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのバナナに対抗してサクランボでお送りしようと思ってます(笑)。これは完全に男子限定Tシャツなので、女の子は彼氏に買ってきてもらうしか手はないかもしれません(笑)。ただ、男子サイズだから女の子に合うサイズは作りませんけどね。

──パブリック・イメージとしては卓偉さんのライヴに男性客が数多く詰めかけていることを意外に思う人は多いかもしれませんね。僕は拳を振り上げてライヴを楽しむ男性客を何度も目撃していますが。

卓偉:「卓偉さんのライヴは女の子ばかりかと思ったら男も多くて嬉しくなりました」っていう声をいつももらいますからね。女性であろうと男性であろうと、楽しんでもらいたいという気持ちは同じなんですけど。 

──男性客は卓偉さんと同世代の人が多いんですか。

 

卓偉:僕よりもちょっと下くらいが多いんじゃないですかね。でも、10代の子もいれば年輩の方もいるし、幅広い層がライヴに足を運んでくれますよ。年代は意外と散らばってる気がしますね。

──卓偉さんのことを“アニキ!”と慕う男性客もいるんでしょうね(笑)。

卓偉:どうでしょうね(笑)。自分はまだ32なので、もうちょっと歳を重ねればそんなふうに呼ばれることもあるんでしょうけど。ただ、僕はソロ名義で活動をしていながらもバンドっぽい音作りをしているせいか、バンドをやってる男子も多いみたいですね。それは凄く嬉しいことです。

Live info.

中島卓偉 【男子限定GIG】Real Hot Bollocks! 俺達だけのCherry喪失Night!
2011年8月28日(日)東京:新宿LOFT

OPEN 16:30 / START 17:00
問い合わせ:オデッセー 03-5444-6966(平日11:00〜18:00)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:143-462)
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:72438)
e+(イープラス):http://eplus.jp

★チケット料金:4,500円(税込)
★スタンディング(整理番号付き)
★未就学児童入場不可
★ドリンク代が別途(当日)かかります。
★入場時にIDチェックを行ないます。身分証明書をご持参ください。

♂【男子限定GIG】♂特別注意事項
●本公演は男性限定公演となります。女性の方はご入場出来ません。
●入場時にIDチェックを行います。身分証明書をご持参ください。
●女性と発覚の際は直ちにご退場頂きます。退場の際、チケット代金払戻などは一切行いません。


中島卓偉 TOUR 2011『夏もReal Hot Rocks!』
3大都市、3時間一緒に叫べますか!? BOOM BOOMも来るよ

8月20日(土)大阪:umeda AKASO
OPEN 16:00 / START 17:00
問い合わせ:キョードーインフォメーション 06-7732-8888

8月21日(日)名古屋:E.L.L.
OPEN 16:00 / START 17:00
問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

8月27日(土)東京:赤坂BLITZ
OPEN 16:00 / START 17:00
問い合わせ:オデッセー 03-5444-6966

★チケット料金:4,500円(税込)
★全自由(整理番号付き)
★スタンディング
★公演会場によってドリンク代が別途(当日)かかる場合があります。
★未就学児童入場不可