トップ > エクストライシュー > 【イベントレポート】映画『ルームロンダリング』の初日舞台挨拶で主演の池田エライザがドラマ化を報告

【イベントレポート】映画『ルームロンダリング』の初日舞台挨拶で主演の池田エライザがドラマ化を報告 2018.07.09

『ルームロンダリング』初日舞台挨拶.JPGこじらせてきた分だけ幸せになれる、ハートウォーミング・コメディ映画『ルームロンダリング』の公開初日舞台挨拶が7日、東京のユナイテッドシネマ豊洲で行われ、主演の池田エライザ、共演のオダギリジョー、渋川清彦、伊藤健太郎、木下隆行(TKO)、片桐健滋監督が参加した。

人付き合いが苦手で彼氏なし、人生こじらせ真っ最中の八雲御子(池田)。彼女の仕事は、事故物件に住んでその履歴を帳消しにするという“ルームロンダリング”だった…。
そんな御子の悩みは、仕事先の部屋で元住人たちがユーレイとなって出没すること。この世に未練タラタラなユーレイたちに振り回される日々を送るうち、御子の人生も少しずつ変わっていく。

明るく元気な健康美!的パブリックイメージとは真逆の“こじらせ系女子”を演じた池田は、「今までいただいたことのない役柄にも関わらず、心ごと身を投じられるような作品で、人々の心の奥底にあるモヤッとしたものを丁寧に救い上げてくれる物語です。私も惚れ込んで挑みました」と明かし、「自分の実生活に近い部分もあるので、自分自身と向き合ったり、また御子ちゃんが自分を超える瞬間もあったりして、それを表現するのが難しかった」と共感を寄せつつも、演じる上での苦労を明かした。

そんな池田にオダギリは、「池田さんは暗い。芝居をしていても暗い」と御子同様の雰囲気を感じていたそうで「その暗さはどこからきているのかと思ったら、なかなか面白い環境で育っている。俳優として必要な感性や感覚が備わっているのは、そういった生育環境があるからなんだと思った。池田さんは今後も幅の広い、可能性を持った女優さんになる」と絶賛。ところが池田から「なんか言わされているような気がする。それって今日の台本に書いてありましたよね?」と突っ込まれると「台本に書いてありました」と冗談めかして笑わせた。

“池田、御子並みに暗い説”には木下や伊藤も同感のようで、伊藤が「これまで演じた役のイメージから、池田さんには天真爛漫、元気というイメージがあったけれど、実際は暗い。いい意味で暗い」とギャップを振り返ると、木下も同調。一方、初顔合わせながらも池田の独特な感性を見抜いた片桐監督は「長編映画デビュー作として、世の中の人が思っている感じとは違う人と仕事がしたかった。池田さんとは初対面でしたが、絶対大丈夫だ!というカンがあった」と打ち明けた。

自身初の幽霊役という渋川は「幽霊には足がないので、どうやって足を無くそうかと悩んだけれど、結局できませんでした! 監督からはそのままでいいと言われたので、いかに地に足をつけないようにするか気をつけていました」と変わった役作りを回想。
一方、健太郎から伊藤健太郎に改名して初めての舞台挨拶となった伊藤は「伊藤という苗字を付けてから初めての舞台挨拶で、伊藤と呼ばれることに慣れていませんが、これからは伊藤で頑張っていきます」と意気込んだ。

これが長編映画デビュー作となる片桐監督の現場についてオダギリは、「その質問は台本にはなかった!」と笑わせつつも「撮影現場は監督の人柄が出る場所で、スタッフ・キャストもこの作品にほれ込み、監督のために一生懸命やるぞという気持ちがあった。そういう一作目を経験できる監督に対して、嬉しい気持ちになった」とシミジミ。その片桐監督は「15日間の撮影でしたが、クランクアップは泣きました。それくらいいいスタッフ・キャストに恵まれて、公開を迎えることができたのが幸せ」と構想に3年の歳月を費やした念願のデビュー作封切りに目を潤ませた。

そんな祝うべき初日に池田の口からは「このたび、なんと『ルームロンダリング』がテレビドラマ化いたします!」との大ニュースが。放送時期・キャストなど詳細は後日発表となるが、「公開初日を迎えて映画が皆さんのものになっていくことに寂しさを感じていたけれど、テレビ化するので、まだまだ『ルームロンダリング』離れは出来ません。それが素直に嬉しく、幸せです。私もまだまだ『ルームロンダリング』に関わった方々に恩返しをしたいですし、皆さんに愛されていくことも大切なので、まずは公開後も『ルームロンダリング』をどんどん広げていきたいです」と映画公開に加えてテレビドラマ化と、本作の広がりに笑顔を見せる池田だった。

『ルームロンダリング』は全国にて公開中。

エクストライシュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • haku
  • lpo