トップ > エクストライシュー > 【ライブレポート】ソロ・デビュー30周年! マイケル・モンロー、来日公演で30年分のロックの情熱が炸裂!

【ライブレポート】ソロ・デビュー30周年! マイケル・モンロー、来日公演で30年分のロックの情熱が炸裂! 2017.12.07

Michael Monroe1206.JPG今年でソロ・デビューを果たして30周年を迎えたマイケル・モンローが、8月にリリースしたソロ30周年記念ベスト・アルバム『ザ・ベスト』をひっさげ来日公演を行なった。
東京初日となるLIQUIDROOMはソールドアウト。30年前にはまだ生まれていなかっただろう人も会場にいただろうが、それぞれの「30年」を抱えて、熱いファンが会場に集結した。

ライヴ前半はソロ・キャリアからの楽曲をメインに、冒頭から7曲を間髪いれずにプレイ。絶好調なバンドにがっちりと支えられ、マイケルはステージ狭しと駆け巡り、ステージ横のスピーカーによじ登り、ステージと客席の間の柵中も駆け巡る。
前後開脚、キックも華麗に披露し、歌、ブルースハープ、サックスと自在にプレイする姿は、ソロを始めて30年、そしてその前の伝説のロックンロール・バンド、ハノイ・ロックスのデビューから数えると36年以上となるそのキャリアも全く関係なく、ひたすらロックンロールという衝動に突き動かされている、天然のナチュラル・ボーン・ロックンローラーぶりを見せつけてくれる。

そんな暴走列車のようなパフォーマンスと対比をなすように、曲の合間合間に「アリガトウ」とか「サイコー」といった日本語も交えながら、日本のファンへの感謝を丁寧に示そうとするマイケル。
会場から贈られた日の丸の旗や地元フィンランドの旗を、スタッフにやらせるのではなく自分で丁寧にドラム・セットに飾っていたり、ライヴ中盤では「前の人たちが本当に苦しそうだからみんな一歩ずつ下がって!」と前の人に気遣いを見せたりして、ファン思いなところも全く変わらずなところを見せてくれた。

ソロの名曲とハノイ・ロックスの代表曲を惜しげもなく繰り出し、最後までステージも会場もヒートアップし続けたままライヴは終了。「本当に最高だなと思うショウはいつも東京なんだ」という言葉と共にステージを去っていった。

地元フィンランドではタレント・オーディション番組への出演でも話題になっているらしく、本人いわく「10歳くらいのキッズから90歳くらいの人まで声をかけてくるんだ」とのこと。
今年で55歳を迎えたマイケル・モンロー。そのロックンロール・ライフはまだまだ続いていくようだ。

来日公演はこのあと12月7日(木)に渋谷WWW Xで、8日(金)に名古屋 ReNY Limitedにて開催される。(photo by Yuki Kuroyanagi)

エクストライシュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • mamono
  • lpo