トップ > エクストライシュー > 【ライブレポート】大空ゆうひがシャンソン通をも唸らせる圧巻の歌唱力を披露

【ライブレポート】大空ゆうひがシャンソン通をも唸らせる圧巻の歌唱力を披露 2017.08.03

5271_DSC_0088.jpg5271_IMG_1279.JPG
 
女優の大空ゆうひが、『L'Âge d'Or de la Chanson~シャンソンの黄金時代2017~』に初めて参加し、単独でのシャンソンコンサートを開催した。宝塚退団後にもディナーショーや音楽ライブは行ってきたが、シャンソンに特化したコンサートは自身初。
大空を今回招致した長年シャンソンに携わる関係者は「大空さんの以前のライブを観たときに彼女の『歌』に惹かれたのは、まるでその言葉、詩に抱き合い心中したかのような鳥肌が立つ表現があったから」と。その言葉に疑いの余地はないと思わせるほどの圧巻のステージを披露。
 
登場してまず最初に歌ったのが「愛の賛歌」。観客からは驚きと感激に満ちたどよめきがこぼれる。一般的にはコンサートの終盤で歌われることが多いこの曲をオープニングアクトに選んだ理由は、宝塚出身の大先輩で「シャンソンの女王」と称えられた越路吹雪が、1951年に宝塚を退団した後はじめて開催したコンサートで最初に歌ったのが「愛の賛歌」だったからという粋な演出。
大空ゆうひ版「愛の賛歌」でいきなり観客の心を鷲掴みにした。
 
5271_IMG_1284.JPG5271_OGA_0062.jpg
 
その後も、シャンソンでは有名な「枯葉」「群衆」「リリー・マルレーン」などの名曲を、「その言葉、詩に抱き合い心中したかのような鳥肌が立つ表現」で歌い上げ、他にも「愛の幕切れ」「ブルースを唄う女」「行かないで」などシャンソン通をも唸らせるセットリストと歌唱力でステージを支配した。
冒頭の関係者は言う、「大空さんの歌にひそむ照り翳(かげ)り、これはシャンソンに求められる一番大きな要素です。こうして昔の優れた名曲を歌える歌手が本格的に登場してきたことは誠に喜ばしいことです」と。
 
10日後の8月13日には朗読劇「逢いたくて」(三越劇場)で「磁場」以来の竹中直人との共演。9月には劇団こまつ座に初参加し「円生と志ん生」紀伊国屋サザンシアター)に出演。12月からは大人気ミュージカル「HEADS UP!」の再演が控える。
演劇やミュージカルを主戦場に置く大空だが、今後は歌の活動にも更に目が離せなくなった。
エクストライシュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • lpo
  • mamono