トップ > エクストライシュー > 【ライブレポ−ト】ホフディラン、デビュー20周年を記念ライブで締めくくり!「これからの20年もよろしく」

【ライブレポ−ト】ホフディラン、デビュー20周年を記念ライブで締めくくり!「これからの20年もよろしく」 2017.07.04

■170702hoffmain.jpg
 
ホフディランがメジャーデビュー20周年イヤーの最後の日となる7月2日(日)、東京・TSUTAYA O-EASTにてイベント「ホフディラン<20周年最後の晩餐>」を開催した。仲井戸麗市、真心ブラザーズ、サニーディ・サービス、かせきさいだぁをゲストに迎えたこの日のライブで小宮山雄飛、ワタナベイビーは、デビューから20年の軌跡、そして、“これからのホフディラン”を見せてくれた。
 
開演時間の16時に登場したのは、サニーデイ・サービス。「あじさい」「青春狂騒曲」などの代表曲を演奏し、観客を大いに盛り上げる。「ホフディラン、20周年おめでとう。ここから長い道のりだけど、これからもよろしく」(曾我部恵一)というコメントにも大きな拍手が送られた。
 
170702hoffmagokoro.jpg
 
ステージの転換時には「スマイル」「欲望」などのミュージックビデオがスクリーンに映され「若い!」「懐かしい!」という声が聞こえるなか、ホフディランのステージがスタート。オープニングは小宮山がメインボーカルを取る「恋はいつも幻のように」(4thシングル/1997年)。さらにワタナベイビーの切なく、朗らかな歌声が印象的な「遠距離恋愛は続く」(6thシングル/1998年)も。シングル曲が次々と放たれ、フロアを埋め尽くしたオーディエンスも楽しそうに体を揺らしている。「もっと盛り上がってくれ! 20周年、最後の晩餐なんだ!」と笑顔で叫ぶワタナベイビー、「こんなに集まってくれて嬉しいです。ふだんから来てくれればいいのに(笑)」という小宮山からも、この記念すべきライブを心から楽しんでいるようだった。
 さらにヒップホップのテイストを取り入れた「フリースタイラー」、高揚感溢れる「スーパードライ」を演奏した後、2組目のゲスト・真心ブラザーズが登場。「サマーヌード」「どか~ん」といったヒット曲、ホフディランの「僕の好きな人」などが“真心×ホフ”の貴重なコラボレーションで披露された。
 
170702hoffkaseki.jpg
 
 叙情的なメロディラインが心に残る「ふさわしい人」(14thシングル/2002年)からライブは後半へ。「19年くらい前に作った曲です」(ワタナベイビー)というMCにリードされた初期の名曲「夢にでてきて」の後に披露されたのは、新曲「映画の中へ」(6月21日に配信限定シングル「雨あがりの夜空に/映画の中へ」としてリリース)。ミュージカル映画を想起させるアレンジを取り入れたこのポップチューンからは、現在のホフディランの充実ぶりが伝わってきた。続いては、ホフディラン結成当初からつながりがある“かせきさいだぁ”が学生服姿で登場。小宮山、ワタナベも学生服に着替え、「夢の夢の夢の夢」、「サガラミドリさん」をセッションし、会場のテンションをさらに引き上げる。
 
 この後も、ホフディランの幅広い音楽性をリアルに体感できる場面が続く。小宮山のボーカリストとしての才能が実感できる名曲「欲望」(7thシングル/1998年)、2007年に活動再開後第1弾シングルとしてリリースされたラブソング「はじまりの恋」(15thシングル/2007年)。さらにハッピーなバイブレーションが広がった「愛しあって世界は回る」(20thシングル/2015年)で本編は終了した。
 
170702hoffchabo.jpg
 
 アンコールは、ホフディランの原点ともいうべきデビュー曲「スマイル」(1stシングル/1996年)からスタート。ここで最後のゲスト・仲井戸麗市がステージに登場、「ホフディラン20周年、バカ野郎! いや、おめでとう!」という心のこもった祝福とともに「雨あがりの夜空に」を披露。日本のロックシーンを代表するギタリストとの超レアなセッションが実現し、会場の興奮は一気に頂点に達した。ラストは出演者全員による「ホフディランのテーマ」。祝祭のムードが広がるなか、デビュー20周年の締めくくりとなるライブはエンディングを迎えた。
 
170702hoff.jpg
 
終演後、古巣・ポニーキャニオンからのメジャー復帰とニューアルバムのリリース、そして、9月2日(土)に渋谷CLUB QUATTOROで名盤「多摩川レコード」の完全再現ライブ(HMV GET BACK SESSION「多摩川レコード」LIVE)の開催が告げられた。ライブ中に「今日のライブはこれからの20年の始まり。これからの20年もよろしくお願いいたします!」(ワタナベイビー)と語ったホフディラン。2度目のメジャーデビューから始まる彼らの新しい活動に大いに期待したい。 ライター/森朋之 写真/在津完哉
 
170702hoff20.jpg
 
セットリスト
〈サニーデイ・サービス〉
01.さよなら!街の恋人たち
02. baby blue
03.あじさい
04.恋人の部屋
05.時計をとめて夜待てば
06.24時のブルース
07.セツナ
08.白い恋人
 
〈ホフ・ディラン〉
01.恋はいつも幻のように
02.遠距離恋愛は続く
03.キミのカオ
04.フリースタイラー
05.スーパードライ
〈真心ブラザーズ+ホフディラン〉
06.サマーヌード
07.どか~ん
08.空にまいあがれ
09.僕の好きな人
〈真心ブラザーズ+ホフディラン&BEST3〉
10.スピード
11.拝啓ジョンレノン
〈ホフディラン〉
12.ふさわしい人
13.ドライブ
14.夢に出てきて
15.映画の中へ
16.夢の夢の夢の夢(withかせきさいだぁ)
17.サガラミドリさん(withかせきさいだぁ)
18.LOW POWER
19.欲望
20.はじまりの恋
21.HAPPY
22.愛しあって世界は回る
〈EN〉
E1.スマイル
E2.雨あがりの夜空に(with仲井戸麗市)
E3.ホフディランのテーマ(with全員)
 
エクストライシュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • mamono
  • lpo