トップ > エクストライシュー > 【ライブレポート】魔法少女になり隊、狂騒のツアーファイナル!今春の新曲予告も。

【ライブレポート】魔法少女になり隊、狂騒のツアーファイナル!今春の新曲予告も。 2017.01.30

001.jpg
 
ボーカル・火寺バジルが魔女にかけられた呪いを解く為に、歌という魔法を使って冒険しているラウドでポップでファンタジーなRPG系バンド“魔法少女になり隊”。
 
1月18日にリリースした『革命のマスク』が、全国FM局でパワープレイを獲得するなど、着実にその知名度が上がってきている彼女達が、東名阪をまわるツアーのファイナルを1月29日に、渋谷O-WESTにて迎えた。その、“ワンマンツアー2017〜メロディア王国にさよならバイバイ ワタシはみんなと旅に出る〜”にて春の新曲リリースも発表した。
 
早々にチケットがSOLD OUTとなり臨んだこの公演は、まさに彼女たちの“イマ”を提示する、狂騒のパフォーマンスとなった。
 
002.jpg
 
魔法少女になり隊らしい、冗談とも、本気ともとれる超有名ゲームのサウンドトラックがSEとして流れる中、メンバーがステージに現れると、観客達は、のっけから割れんばかりの歓声でこのライブのスタートを祝福した。
 
この日、最初に披露されたのは、2016年9月に、リリースされたメジャーデビューシングル『KI-RA-RI』。冒険がはじまった瞬間の高揚を、武器である、キャッチーなシンセメロに載せて吐き出す。まさに冒頭を飾るにふさわしい一曲となった。
 
ノンジャンルでいて、且つ、一発で“魔法少女になり隊”と解かる曲の数々が続けざまに繰り出され、『Believe』、『ハレ晴れユカイ』、『おジャ魔女カーニバル!!』とアレンジカバー3連続の構成に会場のボルテージは否応なく上がり続ける。gariの「まだまだいけますかー!?」という一言がきっかけで、彼女たちの『RE-BI-TE-TO』のイントロが流れるとユーロビートの軽快なリズムに呼応するように、会場の熱気は最高潮に達した。
 
003.jpg
 
魔女の呪いで喋る事ができないボーカル・火寺バジルだが、この日は筆談でのMC進行を自ら志願。「私はしゃべれないけど、いつもありがとうの気持ちを込めて歌っているよ」と歌への想いを話し、奏でられたのは彼女たちの最新リリース楽曲『革命のマスク』だった「私は革命起こすの、言葉を失くしても」と、Vo.バジルの物語と寄り添うように歌われるこの曲は彼女のエモーショナルな一面で、観客をロックした。
 
続けて演奏された新曲(未音源化)は、幻想的なVJと共に届けられる、バジルのやさしい歌声が彼女たちのジャンルの奥深さを感じさせ、後半戦の幕開けを彩り、更にもう一曲新曲(未音源化)が披露された。
 
004.jpg
 
ラストを飾ったのは彼女達初期の代表曲『BA・BA・BAばけ〜しょん』。最後方までパンパンに詰まったフロアは、この瞬間が過ぎることを拒むようにこの日一番の盛り上がりを見せ本編を締めくくった。
 
メンバーがステージを下りても観客の熱量は下がらず、大歓声のアンコールを迎え、「アンコールがあったおかげでようやく言えるよ」というgariの言葉のあとに映し出されたのは、今春のNew Singleリリースを発表する声明。この発表に会場は大きな拍手に包まれた。
 
005.jpg
 
アンコールに選ばれたのは『冒険の書1』。日曜の夜、この狂騒を名残惜しむかのようにフロアは踊り狂い、ライブは幕を閉じた。汗だくのフロアは、まさにこのツアーファイナル、ひいてはツアー全体の成功を証明したといえる。2017年ますます魔法少女になり隊から目が離せない。
 
■魔法少女になり隊
「ワンマンツアー2017〜メロディア王国にさよならバイバイ ワタシはみんなと旅に出る〜」
2017.1.29 SET LIST
 
1, KI-RA-RI
2, 火遁の術
3, ☆☆☆☆クエスト
4, 狂騒曲ザラキ
5, Believe
6, ハレ晴れユカイ
7, おジャ魔女カーニバル!!
8, RE-BI-TE-TO
9, 革命のマスク
10, 新曲 (未音源化)
11, 新曲 (未音源化)
12, テッペン伝説
13, MEGA DASH
14, BA・BA・BAばけ〜しょん
EN, 冒険の書1
エクストライシュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • mamono
  • lpo