トップ > エクストライシュー > 【ライブレポート】自身初となる対バンツアーWEAVER『Music Holiday vol.1 〜対バン始めました〜』スペシャルメドレーを披露!

【ライブレポート】自身初となる対バンツアーWEAVER『Music Holiday vol.1 〜対バン始めました〜』スペシャルメドレーを披露! 2016.12.19

 
amenoparade.jpg
雨のパレード
 
 
androp.jpg
androp
 
12月18日(日) 恵比寿The Garden Hallにて、WEAVERが自身初となる対バンツアー、『Music Holiday vol.1 〜対バン始めました〜』を開催。今回のイベントはWEAVERのメンバー自ら共演したいアーティストに声をかけて実現したイベント。東京公演では、androp、雨のパレードがゲストバンドとして出演した。
 
トリを飾ったのはイベントの主催者であるWEAVER。SEに乗せて、ステージにメンバーが登場すると、それぞれが、光るスティックを操り演奏をスタート。
 
weaver_zenkei.jpg
 
その幻想的な雰囲気のまま「ティンカーベル(ver. EDM)」がスタート、杉本が「お待たせしましたWEAVERです!東京いくよ!」と叫ぶと、会場の熱気は最高潮に。そのまま、「さよならと言わないで」「くちづけDiamond」と、キラーチューンを連発。
 
MCではVo・pf.杉本が、「すごい景色です!この場所でみんなで一つになって幸せを感じられる、そんな場所になりました!」と感謝を伝えると、Dr.河邉は「普段あまりしない対バンライブだからすごく刺激的です。みんなにとって、今日が今年1番楽しかった日にしていきます!」Ba.奥野は「2バンドともずっと一緒にやりたかったバンド。この会場をみんなで一つにしていきたい!」とそれぞれの思いを語った。
 
そして、10月にリリースしたシングルから、「S.O.S.」を披露すると、エレクトロなダンスミュージックで、会場をダンスホールに一変させた。
 
weaver_sugimoto.jpg
 
その後も、杉本がギターを手に取り「管制塔」がスタート。思わぬサプライズに会場のテンションはMAXに。「Free will」では、イントロのコール&レスポンス。間奏でメンバー全員が、スティックを手に取り、パッドを叩くなど、独自の進化を続けるWEAVERが、さらにパワーアップした演奏の幅の広さをここでも見せつけた。
 
「Boys & Girls」で本編を締めくくると、アンコールを待つファンの歓声と手拍子が鳴り止まないステージに再びWEAVERのメンバーが登場。杉本が「今日は発表があります!来年春、新曲をリリースします!そしてその新曲をひっさげてライブハウスツアーを行います!」と、サプライズ発表。
 
最後に「雨のパレード / Tokyo」~ 「androp / Yeah! Yeah! Yeah!」 〜 「Shine」と今日の出演者の楽曲のカバーを含めた、スペシャルメドレーを披露。WEAVERなりのリスペクトを歌に込めライブを締めくくった。
 
syugo.jpg
 
来年もリリースや、ライブハウスツアーなど精力的な活動を予定している WEAVER。進化を続ける彼らからますます目が離せない。
 
2016.12.18@恵比寿The Garden Hall 
WEAVER『Music Holiday vol.1 〜対バン始めました〜』
SET LIST
1.ティンカーベル(ver. EDM)
2.さよならと言わないで
3.くちづけDiamond
4.S.O.S.
5.管制塔(Gt.ver)
6.Free will
7.Boys & Girls
Encore
En-1Music Holiday  Special Medley
[雨のパレード / Tokyo(カバー) ~ androp / Yeah! Yeah! Yeah! (カバー) ~ Shine]
エクストライシュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • lpo
  • mamono