トップ > エクストライシュー > 【ライブレポート】BiSH年内東京ラスト公演「BiSH FREE LIVE "iN THE END"」満員御礼

【ライブレポート】BiSH年内東京ラスト公演「BiSH FREE LIVE "iN THE END"」満員御礼 2016.12.02

1.jpg2.jpg
 
10月5日にメジャー・ファースト・アルバム「KiLLER BiSH」をリリースしiTunes総合アルバム・チャート1位、オリコンウィークリーチャートで7位を獲得、10月8日には日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブを成功させ、勢いに乗る“楽器を持たないパンクバンド”BiSH。
 
そんなBiSHが12月1日に渋谷TSUTAYA O-EASTにて無料ライブ「BiSH FREE LIVE “iN THE END”」を開催した。
 
メインボーカルで、その独特のハスキーヴォイスが各方面から高い評価を受けているアイナ・ジ・エンドが声帯結節の手術を受けることが先日発表となったこともあり、年内最後の東京でのBiSHのライブに平日にもかかわらず入場整理券も開場前に全て配布終了となり、会場には約1300人が集結。
 
異様な熱気に包まれる中、キラーチューン「BiSH-星が瞬く夜に-」で本編をスタートすると会場の熱気は一気に最高潮に。そのまま「本当本気」「DEADMAN」「オーケストラ」などメジャー・ファースト・アルバム「KiLLER BiSH」収録曲から「beautifulさ」「スパーク」「MONSTERS」「OTNK」など代表曲をまんべんなく止まることなく披露し本編は終了した。
 
3.jpgainatheend.jpg
 
鳴り止まないアンコールの中、ステージに再度メンバーが登場。
 
アイナ・ジ・エンドが涙を堪えながら「ちゃんとこれからの人生も歌っていきたいから、手術することに決めました。絶対成功する気しかしてないし、無敵なアイナ・ジ・エンドで帰ってこようと思ってます。最後にみんなで一曲歌ってもらっていいですか?」というMCから始まった「ALL YOU NEED IS LOVE」を会場全体で大合唱、この日2回目となる「BiSH-星が瞬く夜に-」を披露し、アイナ・ジ・エンドの「みんな、待っててね!!!!」というコメントでイベントを締めくくった。
 
1月8日から始まる「BiSH NEVERMiND TOUR」で更にパワーアップしたBiSHのパフォーマンスを目撃して欲しい。
 
<BiSH FREE LIVE “iN THE END”セットリスト>
01. BiSH-星が瞬く夜に-
02. 本当本気
03. DA DANCE
04. ぴらぴろ
05. DEADMAN
06. ファーストキッチンライフ
07. beautifulさ
08. スパーク
09. Primitive
10. My distinction
11. オーケストラ
12. MONSTERS
13. OTNK
 
EN
EN 01. ALL YOU NEED IS LOVE
EN 02. BiSH-星が瞬く夜に-
エクストライシュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • kinoko