トップ > エクストライシュー > 【ライブレポート】THE STREET BEATS、生きざまを体現する強靭な歌の力が共鳴する白熱のライブ

【ライブレポート】THE STREET BEATS、生きざまを体現する強靭な歌の力が共鳴する白熱のライブ 2016.05.02

THE-STREET-BEATS_ROOFTOP_05_main.jpg

 4月6日にニュー・アルバム『PROMISED PLACE』をリリースしたTHE STREET BEATSのライブが尋常でない熱さと輝きを放っている。現在、全国18公演のツアーを展開中のTHE STREET BEATS。今年で結成33年目を迎えた彼らの、一貫してブレない姿勢とロック・バンドとしての生きざまそのものを体現したかのような真摯な熱さに満ちたライブは、オーディエンスとの間にまさに唯一無二としか言いようのない一体感を生み出し、単なる盛り上がりや楽しさという言葉だけでは表現し尽くせないほどの深いカタルシスと心に響き共鳴し合う空間を創出している。決して日常では味わえない、心が熱く満たされる瞬間の連続。ツアー序盤戦に同行した筆者の目に映った「白熱のライブ」のレポートをお届けしよう。(Text:RYUJI/Photo:菊池茂夫)

 

第2写真.JPG

 今回のツアーでまず特筆すベきは、どのライブ会場でも新作の収録曲が早くもオーディエンスの大合唄を呼び、その反応の良さにおいてもバンドの歴史を彩ってきた数々のヒット・ナンバーに勝るとも劣らない熱さを生み出しているということだろう。リリースされてまだほんの間もない新曲に対するオーディエンスのダイレクトな反応は驚くほどの熱を帯びてライブ全体の温度を高めている。新曲の歌詞に刻まれた言葉の一つ一つを絶対に取りこぼしてなるものか、余すところなく味わい尽くして心に刻み付けてやるのだというような、ある種野性的とも言えるほどの熱が客席から放たれている。
 
 「凶暴で臆病な罠が蔓延る嫌な世の中だ。百も承知で毒を浴び、鋭く見切って飲み干してやれ。銃撃の如く飛んでくる試練を越えて強さをその身に纏え」(「約束の場所」)
 「背を向ければ忍び寄る虚しさに気を付けろ。取り戻すのさ、燃え立つような情熱を」(「紺碧の空高く」)
 「果てのある人生だからこそ真摯に生きた証を残したい」(「STRAIGHT SOUL'S LULLABY」)
 「幾重にも重なり織りなすタペストリーのような人生の綾。失くしたもの、背負ったもの全てが生きる意味を教えてくれる」(「歌うたいのクロニクル」)
 「人生はたった一度きり。過ぎた日は二度と戻らない。今、君と生きている、それが全てなのさ」(「ALWAYS LOVING YOU」)
 「生ききってやれ、燃え尽きるまで。情熱の彼方まで」(「情熱の彼方」)
 新曲に書き記されたこれらの言葉は、ライブ会場に集ったオーディエンスの大半を占める20代後半〜30代、40代の大人世代には特にリアルに切実に響くのだろう。大の大人が拳を突き上げ、野太い声でシンガロングする。中には人目を憚らず号泣する者も。その光景は理屈でなく本能的に心が共鳴している姿に相違ない。充分世間に揉まれた大人たちがまるで少年少女のように心から熱くなれるライブなのだ。
 
MINI第3写真 2.JPG
 
 それら新曲群と「NAKED HEART」「BOYS BE A HERO」「十代の衝動」「ETERNAL ROCK'N'ROLL」「STANDING STANDING」「遥か繋がる未来」といった歴代の名曲がバランスよく織り交ぜられたセットリスト。新曲も旧曲も今この瞬間という刹那の中で会場が一体となって熱さと輝きを放つ。OKI、SEIZI、YAMANE、MUTAというメンバー4人が叩き出す音と歌の力がまさに身を削って体現される彼らの生きざまそのものとして伝わってくる。4月後半のライブ会場では熊本地震への義援金募金も行なわれた。この後、5月から6月のツアー・ファイナルにかけてもさらに全国各地でストレートに心を震わせる熱いライブが展開されてゆくことだろう。二度とはない瞬間は、その目に焼き付けてこそ価値がある。
 
 
★TOUR 2016『PROMISED PLACE』★
4月17日(日)大阪 心斎橋JANUS
01. 叫ばなければ(2001)
02. NAKED HEART(1988)
03. FOR MY TOMORROW(1987)
04. 紺碧の空高く(2016新曲)
05. STRAIGHT SOUL’S LULLABY(2016新曲)
06. STANDING STANDING(1991)
07. GO FOR IT!(1999)
08. GREEN DAYS GREEN(2011)
09. 歌うたいのクロニクル(2016新曲)
10. 今夜、戦士を包む夢(2016新曲)
11. 約束の場所(2016新曲)
12. ALWAYS LOVING YOU(2016新曲)
13. RIDE ON MY JET(2007)
14. NEVER STOP ROLLING(2014)
15. 遥か繋がる未来(2013)
★アンコール★
16. 情熱の彼方(2016新曲)
17. ETERNAL ROCK’N’ROLL(2005)
18. 十代の衝動(1996)
★アンコール2★
19. ヒロシマ(1985)
20. 拳を握って立つ男(2004)
★アンコール3★
21. BOYS BE A HERO(1986)
 

エクストライシュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • kinoko