トップ > エクストライシュー > 【ライブレポート】Brian the Sun 「Brian the 燦々" Tour 2014-2015」 2015年1月31日

【ライブレポート】Brian the Sun 「Brian the 燦々" Tour 2014-2015」 2015年1月31日 2015.02.06

1.JPG
2nd フルアルバム「Brian the Sun」リリース後、ワンマン含め全13 箇所の全国ツアーの千秋楽である渋谷CLUB QUATTRO公演。
 
会場はまだかまだかと高ぶる気持ちを抱えた、Brian the Sunが大好きなお客さんでギッシリだ。
 
 オープニングは映像を仕掛ける等、遊び心満載の演出で前半がスタート!1曲目「13月の夜明け」から「これぞ10年代のギターロック!」というべき攻めの楽曲でグイグイと会場のボルテージを一気に上げていく。MCでは観客と両親への感謝の気持ちを伝えたラップ?!をやったり、メンバーのミスさえもステージに巻き込んで演出として取り込んでしまったり。笑。
 
昨年春に新宿ロフトでワンマンライブとは比べものにならない位の成長をグッと感じた瞬間であった。
 
2.JPG
 中盤〜後半に連れ、名残惜しそうに演奏をしている彼らも印象的で、いかにこのツアーが「充実」と「未来」で満ち溢れたものだったかを、本編最後で演奏された「忘却のすゝめ」で全て語ってくれたかのようだった。
 
 アンコールは、映画「ハッピーランディング」のエンディングである「Absolute Zero」を、Vo&Gの森によるピアノ演奏で披露し、暖かく会場を歌で包み込み、最後は彼らの武器であるギターロックで締めた。
 
3.JPG
 丁寧に一歩ずつそのプロセスを大事にするかのように活動している彼らを見て、あの場に居た誰もが今後もついていくぞ!という強い「安心感」を覚えて帰宅したように思う。
 
今後も彼らの動向は変わらず追っかけていきたいと思います。
 (テキスト:新宿ロフト 樋口寛子 撮影:上山陽介
 
セットリスト
01. 13月の夜明け
02. Sister
03. Baked Plum Cake
04. 早鐘
05. Sepia
06. グラストライフル
07. メロンパンシンドローム
08. チョコレートブラウニー
09. R25
10. Noro
11. キャラメルパンケーキ
12. 都会の泉
13. Intro
14. タイムマシン
15. Suitability
16. パワーポップ
17. アレカラ
18. 彼女はゼロフィリア
19. 神曲
20. 白い部屋
21. 忘却のすゝめ
<アンコール>
22. アブソリュートゼロ
23. ロックンロールポップギャング
<ダブルアンコール>
24. 君の声
 
エクストライシュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • mamono
  • lpo