トップ > エクストライシュー > 【レビュー】ブラッドサースティ・ブッチャーズ トリビュート・アルバム『Yes, We Love butchers〜Tribute to bloodthirsty butchers〜』

【レビュー】ブラッドサースティ・ブッチャーズ トリビュート・アルバム『Yes, We Love butchers〜Tribute to bloodthirsty butchers〜』 2014.02.01

ありったけの愛情と敬意に溢れたブッチャーズへのオマージュ作品

btb_shelter2007.jpg リーダーの吉村秀樹が昨年5月に急逝したことで企画されたブラッドサースティ・ブッチャーズのトリビュート・アルバム『Yes, We Love butchers』が先月末、2枚同時に発売された。「Abandoned Puppy」(捨てられた子犬)、「Mumps」(おたふく風邪)というそれぞれのサブ・タイトルは、ジャケット・ワークを手がけた画家・彫刻家の奈良美智による命名。パッケージに意匠を凝らすなら、『banging the drum』、『bloodthirsty butchers VS +/-{PLUS/MINUS}』、『ギタリストを殺さないで』のジャケットに作品を提供するなどブッチャーズと縁の深い奈良以外にいないだろう。

 かの不朽の名作『kocorono』の担当ディレクターだった海部幹男が総指揮を執った本作は、札幌時代からの盟友である怒髪天SLANGthe pillowsを始め、八方塞がりだった90年代のライブハウス・シーンを共に駆け抜けたCOCOBATBRAHMAN、ブッチャーズと帯同ツアーの経験もある向井秀徳the band apart、吉村と親交が深かったLOST IN TIMELOSTAGEMONOBRIGHTperfectlifeといった気鋭の後進に至るまで、ブッチャーズを愛してやまない総勢24組ものバンド/ミュージシャンが一堂に会した驚異の企画盤である。

 しかもこの企画に賛同したバンドが後を絶たず、第3弾の「Night Walking」(夜間遊歩)が間髪入れず来月末に発売されるという異例の展開になっているのだから、ブッチャーズの尋常ならざる影響力と吉村の人徳を改めて思い知らされる。なお、この「Night Walking」には30年近い同志であるeastern youth、吉村が在籍していたこともあるCo/SS/gZ(COPASS GRINDERZ)やDischarming man、互いに敬愛し合っている少年ナイフなど、前2作同様に錚々たる面子が参加するという。

yoshimura_naked2007.jpg 吉村は生半可な気持ちでバンドをやる人間に対して常に手厳しかったから、参加するにあたってどのバンド/ミュージシャンもただならぬプレッシャーがあったはずだが、深い愛情と敬意をもって原曲を噛み砕いた上で楽曲本来の持ち味を最大限まで引き出すことに成功している。その手腕は各自、実に見事で、吉村に手向けた独自の歌詞を加えて荘厳な世界に染め上げたBRAHMAN、パンキッシュな解釈で原曲を大胆に再構築させたTHE STARBEMS、吉村と出会った頃の流行歌(EPOの「DOWN TOWN」と思しい)とマッシュアップさせたという怒髪天、原曲とは異なる軽快さと温かみのある曲調でポップさを抽出した(「プールサイド」のリフを盛り込むセンスも素晴らしい)CARDなどはとりわけ秀逸だ。

 最新作『youth』の最後を飾る「アンニュイ」をあえて取り上げたSLANGの心意気、ブルージーなテイストを滲ませながら“悪いオトナの手本”になるためのDNAを継承したKING BROTHERSの流儀、吉村に「この曲はお前にやる」とまで言われた「プールサイド」を切々と唄い上げる向井秀徳の表向きは淡々としているが全力の愛情表現。そんなものに思いを馳せながら聴くと、吉村を失った大きなkocorono穴を改めて実感せざるを得ない。本作に通底するブッチャーズへの底知れぬ愛を感じるたび、不世出のバンドマンである吉村の不在にやり切れない思いに駆られるし、ブッチャーズの歌はまさに代替不可なことを痛感するのだ。

 だが、悲しんでばかりもいられない。この作品群は次世代の聴き手に向けてブッチャーズの音楽を受け継ぐ萌芽でもあるのだから。その意味でも、The SALOVERScinema staffTHE NOVEMBERSといった若手バンドが本作に参加した意義は大きい。彼らを通じてブッチャーズという大きすぎる頂にこれから登り詰めるのはとても幸せなことだ。このトリビュート・アルバムからオリジナル作品を聴き始めるのも決して遅くはない。たとえばロマンポルシェ。がカバーした「ラリホー」は今から27年も前の札幌時代のレパートリーだが、そのポップなメロディ・ラインが未だに色褪せていないのがよく分かるだろう。そんな不滅のオリジナル楽曲がバージョン違いを含めて170曲以上はあるし、正規のアルバムだけで13枚もあるのだ。それらと聴き比べることで、本作に参加した各バンドの卓越したセンスと表現力を新たに窺い知るのではないか。

 音楽は時空を超える。生き死にすら超える。聴き手であるあなたがいる限り、こうしたトリビュート作品で誰かが唄い継いでいく限り、吉村秀樹は死なない。今日もこの世界のどこかで吉村は魔法のコードをかき鳴らしながら全力で声を張り上げているはずだ。

2014年2月(親愛なるアレックスさんへ)1日
文◉椎名宗之
写真◉アカセユキ


Yes, We Love butchers 〜Tribute to bloodthirsty butchers〜

t01_AbandonedPuppy.jpg

Abandoned Puppy
CRCP-40357/3,000円(税込)/絶賛発売中
【収録曲】
01. ACIDMAN襟がゆれてる。
02. the band apart2月/february
03. BRAHMAN散文とブルース
04. COCOBATROOM
05. 八田ケンヂ9月/september
06. HUSKING BEEocean
07. KING BROTHERSJACK NICOLSON
08. ロマンポルシェ。ラリホー
09. The SALOVERSサラバ世界君主
10. SLANGアンニュイ
11. SODA!ファウスト
12. THE STARBEMSギタリストを殺さないで
 

t02_Mumps.jpg

Mumps
CRCP-40358/3,000円(税込)/絶賛発売中
【収録曲】
01. CARDsunn
02. cinema staff僕達の疾走
03. Climb The Mind襟がゆれてる。
04. 怒髪天I'm on fire
05. LOSTAGEJACK NICOLSON
06. LOST IN TIME9月/september
07. LOW IQ 01ファウスト
08. MONOBRIGHTサラバ世界君主
09. 向井秀徳プールサイド
10. THE NOVEMBERS11月/november
11. perfectlife襟がゆれてる。
12. the pillows散文とブルース
 

t03_NightWalking.jpg

Night Walking
CRCP-40366/3,000円(税込)/2014年3月26日発売
【収録曲】
01. ART-SCHOOLファウスト
02. bedソレダケ
03. Co/SS/gZ7月/july
04. Discharming manno future
05. eastern youthNever Give Up
06. きのこ帝国discordman
07. MO'SOME TONEBENDERロスト・イン・タイム
08. 少年ナイフファウスト
09. SiNE燃える、想い
10. タルトタタンピンチ
11. ueken butchers project【上田健司(b)、Chara(vo)、名越由貴夫(g)、暴動グループ魂](g)、ASA-CHANG(per)、小松正宏(ds)】「august/8月

*ジャケット・ワーク◉奈良美智
*発売はいずれも日本クラウン株式会社より。


▼The SALOVERS「サラバ世界君主」MV

エクストライシュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • mamono
  • lpo