最強のプロ書評家にして、最強のインタビュアー"吉田豪"の本格対談連載。今回は、10月19日にロフトプラスワンで行われた「根本敬の因果航海記録」(特殊漫画家・根本敬がこれまでに体験・発表したとりこじかけの明け暮れを語ったトークイベント。聞き手は吉田豪&掟ポルシェ)からのヒトコマをお届け。今年9月、一部の業界を震撼させた「蛭子能収個展中止事件」の真相に迫ります! 「蛭子の呪い」は実在するのか!?(構成:ロフトプラスワン石崎)

蛭子さんをテレビ通りの人だと思っていたら……

吉田豪(以下:豪) お客さんからの質問なんですが、『今年、蛭子能収さんの個展が行われたそうですが、それがが中止になりそのお店も一ヶ月程、お休みしたそうですね。面白そうなので理由が知りたいです』。これ、お休みどころか、そのお店自体が無くなっちゃったんですよね?

根本敬(以下:根) (ずっと鞄の中をゴソゴソと探してる)

 ……ちょっと、根本さん! 何やってるんですか(笑)。

 あぁ、蛭子さんが作っておいて、面倒臭くてずっと出さなかったDMがあったんだけどなぁ……。

 あ、その展覧会の。

 それがさ、本当に葬儀の案内状みたいで。

 ダハハハ! その時点で予告してたんですね(笑)。

 結局ね、もう話してもいいと思うんだけど、蛭子さんが来年大きな展覧会をやるみたいで、その肩慣らしに一度お洒落な画廊で個展をやったらどうかって話だったんですよ。

 噂だと画廊側が「タレント」蛭子的なものを期待してたら、ちょっと違った、みたいなことみたいですけど。

 そうです。まぁ、根本的なことを言えば、向こう(画廊)の考えが物凄く甘かったんですよ(笑)。蛭子さんをテレビ通りの人だと思っていたら……。

 「ほのぼのとしたお父さん」的なものを想像していたわけですよね(笑)。

 そうですね。で、尚且つ、いま蛭子さんと佐川一政さんと俺とで、海外から仕事の依頼が来ても対応できるようにマネージャーも付けて、「ハッテンバ・プロダクション」というのを立ち上げたんですけど、蛭子さんからそのコーナーも作りたい、と。で、佐川さんはダメ元で、佐川さんが殺害して食べたルネの頭部と肉、体の手足が無くて所々食べられてる、そんな感じのアクリル画を展示して。

 ……そのお洒落な画廊に?

 そうそう。俺は適当にドローイングで、よく見れば本当にチンコとマンコしかないんだけど(笑)。何だかわからないものを、まぁ、場当たり的に当てといて。で、後は蛭子さんの絵をメインに展示とかしてたんですけど、そこの画廊の店長が、芸能人の蛭子さんが個展をやってくれるというんで、舞い上がっちゃって、ある幻想を抱いてたんですよね。それは、オープニングの日にシャッターを開けると、もうバーッと人だかりが出来てて、全員一変にガーッと入ってくると。でも、いざシャッターを開けたら、2〜3人しか来てなくて。

 ダハハハハ! ワイドショーの取材とかも来てるイメージだったのに(笑)。

 まぁ、それでも初日は5人くらい来たんだけど。(唐突に)で、話はその一週間前に戻しますけど。

 はいはい。戻しましょう(笑)。

 一番最初に絵を搬入したのは佐川さんなんですよ。ちゃんとその店長に「ハッテンバ・プロダクション」のブログのアドレスを教えておいて、「この人は、もしかしたら問題があるかもしれませんけど、そちらでご判断して下さい」と言っておいたんですけど「いいんじゃないですか?」って言っててさぁ。

 まさか歴史的な大犯罪者として有名な人だとは知らなかったんでしょうね。

 まぁ、蛭子さんのお友達だし、なんか有名な人なんだろうと。で、一週間後、いよいよオープンした訳ですよ。でも全然、人が来ないと。で、暇を持て余して何となくそこで「佐川一政」という人を検索してみたら……。

 あ〜、そこで知っちゃったんですか(笑)。

 昔、パリの日本人留学生がさぁ、白人女性を殺害して食べたっていう事件があったのを知って。しかも、その本人が書いた絵だっていうことで。

 最初は「物騒だけど想像力のある絵だなぁ」なんて思ってたら(笑)。

 で、その店長から「どういうことですか?」って、俺とか蛭子さんとか「ハッテンバ」のマネージャーに電話があって、俺は岸野雄一さんと対談してる所だったから、とりあえず「ちょっと一時的に対処を考えるから」って、その絵の上に新聞紙を掛けて、見たい人だけ覗いてもらうという対処法も考えたんだけど(笑)。そしたら、次の日も店長から電話が来て「お客さんからクレームがきた」と。で、「ママに代わって下さい」っていうわけ。

 ……ママに?

「全部ボクが悪いんですよ、でも蛭子さんだって悪いんだ!」(画廊の店長)

 そう、そのお店は店長だけじゃ回せないからって、何かにつけて、その店長のママが傍に居るわけ。

 そのママっていうのはスナックのママ的なものじゃなくて?

 そいつのお母さん(あっさりと)。で、そのママが病気になった時は店も休んじゃう、そういうお店で、それで「ウチのママに代わって下さい」と言うんだけど、それはおかしいでしょ? 窓口は店長なんだから。で、まぁ、色々調べてみると、個展が始まるまでに一週間も期間があったのに、佐川さんの事も調べてなければ、お客さんからのクレームも来てないわけ。初日に来た5人のお客さんが帰る時、皆、不機嫌そうな顔に見えたんだって(笑)。それでドンドンそういう思考に陥ったみたいで……。で、まぁ、佐川さんの絵を外すんであれば、俺の絵も取り外すことになるから、急いで空きスペースに、青林工藝社に置いてある蛭子さんの書き掛けの絵を、蛭子さんの絵を見ながら俺が完成させて。もう、俺らは「蛭子劇画プロダクション」だから(笑)。急いでそのスペースに合う絵を描いたんだけど。で、その夜に、また一悶着あってさ。店長が、もうこれでウチの店が潰れるかもしれない、と、そこまでパニック状態に陥って。そんなパリで事件起こした人の絵を飾って……。

 こんな展覧会やってしまったらもう終わりだ、と。街で評判にもなるし。

 そう。で、何度もその店長が「もう中止にして下さい」って、土下座しようとするんだけど、「土下座するな」と。土下座させないで「お前は馬鹿だな。馬鹿って認めたら許してやる」って言って、「はい、私は馬鹿です」って、それを3回位言わせてそれでも埒が開かないから、じゃあもう帰るかってときに、蛭子さんの絵で、大小の首が宙を舞っているのがあって、それを通行人の人が見られるように、外に向けて展示してたのね。その絵に対して、「あの〜、その絵なんですけど、これを見て気持ち悪いという人もいると思うんで、取り外していいですか?」って言い出して。それで、もう我々は全面撤退することになるんだけど。……あ、そうだ、話はちょっと戻るんだけど。

 どうぞ、どうぞ。いくらでも戻しましょう(笑)。

 その店長と揉めてる最中に、「お前いくつになるんだ」って聞いたら、「実は今日が誕生日で、35歳であります!」って言うから、俺が蛭子さんの絵を差し替えながら、「おめでとう」って言ったら、「ありがとうございます!」って(笑)。

 そこは力強く(笑)。

 でもさ、元はと言えば芸能人の蛭子さんが来るから舞い上がって、客が沢山来るって単なる幻想でしょ? そんなこと絶対あるわけないし、サブカルと言われるけど、そういう人達からは蛭子さん、見限られてるからね。テレビでたまに見る人だから。
 ……で、展覧会の当日に、我々の絵は取り外すってことになったわけね。でも、その次の日に、蛭子さんとか俺の絵を見に来るお客さんが居るわけじゃない? その時に店長は、「いや、そんな人達の絵は最初からありません」って、もう、お店のブログから俺たちのことを削除してんの。

 最初からなかったことしにして?

 そう、もう空白になっててさ。で、そのことを突っ込んだら、また店長がどんどんヒステリックになっていって「大丈夫なの?」ってママも心配しはじめて、最終的には「全部ボクが悪いんですよ! でも蛭子さんだって悪いんだ!」って言い始めて(笑)。

 完全に子供じゃないですか(笑)。その言い合いのときって、蛭子さんも怒ってたんですか?

 蛭子さんは段々退屈してきてて(笑)。こんなことで揉めるのは面倒臭いから、早く帰りたいな〜。

 早く麻雀したいな〜って(笑)。

 そういうのもあって、もう帰ろうとした時に「蛭子さんの絵を見て、気持ち悪い人もいると思うんで……」って言われたから、さすがの蛭子さんもムッとして、それで全面撤退した、と。

 世間では「蛭子の呪い」的なものが原因じゃないかと言われてましたけど、むしろ因果的というか。

 まぁ因果というかね、その店長がバカだったって話ですよ(笑)。

豪さんの男気溢れるインタビュー集!
「新・人間コク宝」(コアマガジン)

1,600円(税込)発売中!!

amazonで購入

Live info.

★根本敬
レギュラーイベント!
『根本敬の映像夜間中学』
@UPLINK FACTORY(渋谷)
毎月最終週金曜夜開催中

★吉田豪
12月20日(月)
「たまの映画」公開直前トーク&ライヴ
OPEN18:30 / START19:30
前売¥2000 / 当日¥2500(共に飲食別) 
会場:Asagaya Loft A

12月31日(金)
「ロフトプラスワンカウントダウンスペシャル!!」
OPEN 18:00 / STRAT 19:00
当日のみ¥2000(飲食別)
会場:ロフトプラスワン

1月4日(火)
「迎春!お蔵出しトーク祭」
OPEN 18:30 / START 19:30
当日のみ¥1500(飲食別)
会場:ロフトプラスワン


連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!