トップ > コラム >戌井昭人の想い出の音楽番外地 > 第二十六回 わけがわからないけど、ものすごく情緒があって素晴らしいTheピーズ「映画(ゴム焼き)」の歌詞

Theピーズ.jpg
 
 世の中にはいろいろな歌詞があります。聴くほうにも歌詞の好みが、それぞれあって、やる気を起こさせる歌詞が好きな人、笑っちゃう歌詞が好きな人、情緒があるものだったり、泣ける歌詞が好きな人、新たな世界を広げてくれる歌詞などもあります。感じ方は、そのときの自分の状態に関係すると思うのですが、「この歌の歌詞によって、わたしの人生は変わった!」という人もたくさんいると思います。そのくらい歌詞というものは、人生に影響をおよぼす、重要なものであったりもします。
 トム・ウェイツの『Bone Machine』というアルバムの「Goin' Out West」という曲で、「わたしは胸毛があるから、格好いいんですよ!」(訳詞カードがないので、正確ではありません、すみません。訳は室矢憲治さん)というのがあって、このような歌詞に出会うと、わたしは、衝撃を受けてやる気が出たりします。
 他にも、いろいろと、わたしに影響をおよぼした歌詞を挙げればきりがないのですが、直接的ではない歌詞のほうが、後から、じわじわくるような気がします。
 ボブ・ディランなんて人は、難解でわけのわからない歌詞を書いたりすると言われておりますが、英語が元だから、原文を体現することができないわたしは、本当のところ、どこまで難解なのかわかりません。トム・ウェイツもそうだけど、室矢憲治訳は、本当に素晴らしい。しかし、ボブ・ディランの訳詞を読んでると、「なんで見張り塔から見てんだ」とか「ブルーにこんがらがってどうしちゃったんだ」とかいろいろな疑問が浮かんできて、その疑問が楽しかったりします。
 そんな中、今までの人生を振り返り、日本語歌詞で、わけがわからないけど、ものすごく情緒があって、大好きな歌詞に、Theピーズの『とどめをハデにくれ』というアルバムに入っている、「映画(ゴム焼き)」という曲があります。
 この歌詞を聴いたときは、わたしは、混乱しました。ピーズは、このような歌詞以外に、ものすごくストレートな歌詞の歌もたくさんあります。「バカになったのに」とかは、ギャグ漫画を読んでるみたいな気分になれて大好きだし、「ザーメン」なんて、題名そのままの格好いいロックもあります。「脳ミソ」という曲のはじまりは、「脳ミソがジャマだ、半分で充分」ですよ! こんな凄い歌詞、他にないですよ。でもって、『とどめをハデにくれ』に戻ると、他の曲は、「好きなコはできた」、「日が暮れても彼女と歩いてた」、「みじかい夏は終わっただよ」、「今度はオレらの番さ」、「井戸掘り」、「手おくれか」、「日本酒を飲んでいる」、そして最後、「シニタイヤツハシネ〜born to die〜」といった感じです。
 恋のおかしみ、怒り、怠惰な時間に屁が出そうになりながら、酒を飲みまくってるなどで、人間くさい歌がたくさんあるけれど、「映画(ゴム焼き)」だけが謎なのです。歌詞の内容はあえて書きませんので、皆様聴いてみてください。20代のわたしは、この謎に取り憑かれたように、「映画(ゴム焼き)」を聴きまくりました。そして思ったのです。抒情詩ってこういうのかしらんと、でも、そんなふうに思った自分も、間抜け極まりないのではないかと思い。この前も聴いたけれど、やっぱりわからない、じわじわと、わけのわからなくなる、本当に素晴らしい曲です。
 
 
戌井昭人(いぬいあきと)/1971年東京生まれ。作家。パフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」で脚本担当。2008年『鮒のためいき』で小説家としてデビュー。2009年『まずいスープ』、2011年『ぴんぞろ』、2012年『ひっ』、2013年『すっぽん心中』、2014年『どろにやいと』が芥川賞候補になるがいずれも落選。『すっぽん心中』は川端康成賞になる。2016年には『のろい男 俳優・亀岡拓次』が第38回野間文芸新人賞を受賞。
 
The ピーズ
「とどめをハデにくれ」

1993.07.21
アルバム / VICL-422
¥2,913+税

amazonで購入

01 映画(ゴム焼き)
02 好きなコはできた
03 日が暮れても彼女と歩いてた
04 みじかい夏は終わっただよ
05 今度はオレらの番さ
06 井戸掘り
07 手おくれか
08 日本酒を飲んでいる
09 シニタイヤツハシネ


連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!